WebSurfer's Home

トップ > Blog 1   |   Login
Filter by APML

DropDownList への SelectList の渡し方

by WebSurfer 25. February 2019 14:37

ASP.NET MVC5 の Html ヘルパーの DropDownList および DropDownListFor に表示するデータを、アクションメソッドからビューにどのように渡すかということについて書きます。

DropDownList

上の画像は、先の記事「スキャフォールディング機能」で書いた通りにスキャフォールディング機能を使って自動生成させたコードで、その中の Edit 画面を表示したものです。

SupplierID と CategoryID が Html ヘルパーの DropDownList を使ってドロップダウン形式で表示されるようになっています。上の画像は CategoryID を展開したところで、CategoryName の一覧が表示されています。

スキャフォールディング機能で自動生成されたコードが基本になるでしょうから、それがどうなっているかを書きます。

まずアクションメソッド Edit で SelectList オブジェクトを生成し ViewBag に設定しています。以下のコードの通りです。

public ActionResult Edit(int? id)
{
  NORTHWINDEntities db = new NORTHWINDEntities();
  Products products = db.Products.Find(id);

  ViewBag.CategoryID = 
    new SelectList(db.Categories, "CategoryID", 
                   "CategoryName", products.CategoryID);

  ViewBag.SupplierID = 
    new SelectList(db.Suppliers, "SupplierID", 
                   "CompanyName", products.SupplierID);

  return View(products);
}

コンストラクタに SelectList(IEnumerable, String, String, Object) を使って、第 4 引数に selectedValue を設定しているところに注目してください。これによりビューの DropDownList が html に変換された際、select 要素内の当該 option 要素に selected 属性が付与されます。

ビューの DropDownList のコードは以下のようになります。第 1 引数がアクションメソッドで設定した ViewBag のキー名、第 2 引数が null になっているところに注目してください。

@Html.DropDownList("SupplierID", null, 
        htmlAttributes: new { @class = "form-control" })

@Html.DropDownList("CategoryID", null, 
        htmlAttributes: new { @class = "form-control" })

DropDownList の第 2 引数が null となっていますが、第 2 引数の設定に関わらず ViewData / ViewBag から型が IEnumerable<SelectListItem> でキー名が第 1 引数と同じものを探してきます。

(例えば、上記のアクションメソッドで ViewBag.SupplierID の設定を削除すると、ビューの DropDownList のコードで「キー 'SupplierID' を持つ ViewData 項目の型は 'System.Int32' ですが、'IEnumerable<SelectListItem>' でなければなりません」というエラーになります)

DropDownList の第 1 引数を元に ViewBag で渡されたデータ(アクションメソッドで設定された SelectList オブジェクト)を取得するので、上の画像の通りドロップダウン形式で表示できるようになります。さらに、SelectList コンストラクタの第 4 引数に設定した selectedValue によって当該 option 要素に selected 属性が設定された結果が表示されます。

なお、DropDownList の第 2 引数を (SelectList)ViewBag.Supplier としたりすると、SelectList のコンストラクタで第 4 引数に設定した selectedValue が無視されるので注意してください。理由は不明です。

ViewData / ViewBag に DropDownList の第 1 引数と同じキー名がない場合は、DropDownList の第 2 引数の設定が有効になるようです。例えば、アクションメソッドで ViewBag.SupplierID を ViewBag.Supplier に変更した場合、DropDownList("SupplierID", (SelectList)ViewBag.Supplier, ...) として selected の設定を含めて期待した結果が得られます。

ViewData / ViewBag を探す順序ですが、検証してみると、まず最初に ViewData を、それになければ ViewBag を探すという結果になりました。ViewData / ViewBag に同じキー名があると、ViewData のデータが使われます。その際、もし ViewData のデータが不正ですと(IEnumerable<SelectListItem> 型でないと)エラーになります。

以上は DropDownListFor を使っても同様です。第 1 引数は model => model.SupplierID のようになりますが、プロパティ名 SupplierID から ViewData / ViewBag を探して設定してくれます。

Tags: , ,

MVC

About this blog

2010年5月にこのブログを立ち上げました。その後 ブログ2 を追加し、ここは ASP.NET 関係のトピックス、ブログ2はそれ以外のトピックスに分けました。

Calendar

<<  February 2019  >>
MoTuWeThFrSaSu
28293031123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728123
45678910

View posts in large calendar