WebSurfer's Home

トップ > Blog 1   |   Login
Filter by APML

応答ヘッダが 64KB を超えるとエラー

by WebSurfer 2. September 2019 12:00

HttpClient を使った HPPT 通信で、応答ヘッダが 64KB を超えると WebException 例外がスローされるという話を備忘録として書いておきます。

(元の話は Teratail のスレッド「GetAsync処理時のメッセージの長さが制限の解消方法について」のもので、実際に自分が経験した訳ではなく聞いた話です)

同様な問題は HttpWebResponse / HttpWebRequest を使った時から起こっていた問題だそうで、応答ヘッダが 64KB を超えると WebException がスローされ、以下のエラーメッセージが出るそうです。

"接続が切断されました: メッセージの長さが制限を超えています。"

英文では、

"The underlying connection was closed: The message length limit was exceeded."

応答ヘッダが 64KB を超えるというのはレアなのか、日本語のエラーメッセージでググっても参考になる記事はヒットしませんでした。

でも、英語圏まで検索範囲を広げる(英文でググる)と HttpWebResponse / HttpWebRequest でこの問題に遭遇した人はいるようで、WebException: "The message length limit was exceeded" 他の記事がヒットします。

その記事に書いてある解決策は、HttpWebRequest の MaximumResponseHeadersLength プロパティを -1 (無制限) に設定することだそうです。(未検証・未確認です)

HttpClient を使う場合は、.NET Framework 4.7.1 以降ですが、HttpClientHandler クラスMaxResponseHeadersLength プロパティを使って応答ヘッダのサイズの許容最大値を設定できるそうです。

// Create an HttpClientHandler object
HttpClientHandler handler = new HttpClientHandler();
handler.MaxResponseHeadersLength = 128;  // 128KB

// Create an HttpClient object
HttpClient client = new HttpClient(handler);

.NET 4.5 では MaxResponseHeadersLength プロパティは使えず .NET 4.7.1 で使えるようになったということは、HttpWebRequest / HttpWebResponse で起こっていた問題に対応できないことを指摘されて追加したのかもしれませんね。(想像です)

Tags: , , ,

.NET Framework

About this blog

2010年5月にこのブログを立ち上げました。その後 ブログ2 を追加し、ここは ASP.NET 関係のトピックス、ブログ2はそれ以外のトピックスに分けました。

Calendar

<<  September 2019  >>
MoTuWeThFrSaSu
2627282930311
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30123456

View posts in large calendar