WebSurfer's Home

トップ > Blog 1   |   ログイン
APMLフィルター

CheckBox 付き Calendar(その2)

by WebSurfer 2013年12月12日 21:24

先の記事 CheckBox 付き Calendar コントロール で「チェックを入れる/外すたびにいちいちポストバックしないでもすむ方法を考え付いたら、別途記事を書きます」と書きましたが、今頃になってそれを作ってみました。

CheckBox 付き Calendar

前のサンプルでは、CheckBox の onclick 属性にポストバックするスクリプトを設定して、CheckBox がクリックされるたびポストバックしてサーバ側でチェック結果を取得して ViewState に保存していました。

それをやめて、別の月に移動する時またはボタンクリックしてポストバックされる時にまとめてクライアント側でチェック結果を取得し、それをサーバーに送信して ViewState に保存するようにしました。

以下にそのコードを示します。詳しくはコメントに書きましたので、それを見てください。

また、実際に動かして試すことができるよう 実験室 にアップしました。興味のある方は試してみてください。

<%@ Page Language="C#" %>
<%@ Import Namespace="System.Collections.Generic" %>

<!DOCTYPE html PUBLIC "-//W3C//DTD XHTML 1.0 Transitional//EN" 
"http://www.w3.org/TR/xhtml1/DTD/xhtml1-transitional.dtd">

<script runat="server">
  // CheckBox をクリックするたびポストバックしないで、ページン
  // グでポストバックした際に、まとめてチェック結果を取得し、
  // リスト checkedDates を更新する。

  // チェックされている日付のリスト。ViewState に保持する。
  protected List<DateTime> checkedDates;

  protected void Page_Load(object sender, EventArgs e)
  {
    // ViewState から日付リスト checkedDates を取得。
    object obj = ViewState["CheckedDates"];
    if (obj != null)
    {
      checkedDates = (List<DateTime>)obj;
    }
    else
    {
      // ViewState が未設定の場合は新たに初期化。
      checkedDates = new List<DateTime>();
    }
        
    // ポストバックの時は、隠しフィールドでポストされたデータ
    // で日付リスト checkedDates を更新する。
    if (Page.IsPostBack)
    {
      char[] chars = new char[] { ',' };
      string s = 
          Request.Form["__CHECKEDIDLIST"].Trim(chars);
      string[] check = s.Split(chars);
      s = Request.Form["__UNCHECKEDIDLIST"].Trim(chars);
      string[] uncheck = s.Split(chars);

      foreach (string id in check)
      {
        if (!String.IsNullOrEmpty(id))
        {
          checkedDates.Remove(DateTime.Parse(id));
        }
      }

      foreach (string id in uncheck)
      {
        if (!String.IsNullOrEmpty(id))
        {
          checkedDates.Remove(DateTime.Parse(id));
        }
      }

      foreach (string id in check)
      {
        if (!String.IsNullOrEmpty(id))
        {
          checkedDates.Add(DateTime.Parse(id));
        }
      }

      ViewState["CheckedDates"] = checkedDates;
    }

    // form を送信する際、CheckBox のチェック有無を調べて、
    // その結果をサーバーに送信するスクリプトを設定。
    String csname = "OnSubmitScript";
    Type cstype = this.GetType();
    ClientScriptManager cs = Page.ClientScript;
    if (!cs.IsOnSubmitStatementRegistered(cstype, csname))
    {
      String cstext =
        "getCheckedDates('" + Calendar1.ClientID + "');";
      cs.RegisterOnSubmitStatement(cstype, csname, cstext);
    }
  }    

  protected void Calendar1_DayRender(object sender, 
      DayRenderEventArgs e)
  {
    CheckBox cb = new CheckBox();

    // このセルの日付を CheckBox の ID に設定。
    cb.ID = e.Day.Date.ToShortDateString();

    // このセルの日付がリスト checkedDates にあれば CheckBox
    // にチェックを入れる。
    foreach (DateTime day in checkedDates)
    {
      if (e.Day.Date == day)
      {
        cb.Checked = true;
        e.Cell.Controls.Add(cb);
        return;
      }            
    }
        
    cb.Checked = false;
    e.Cell.Controls.Add(cb);
  }

  // ボタンクリックで最終結果を取得。
  protected void Button1_Click(object sender, EventArgs e)
  {
    string str = "Selected Dates:";
    foreach (DateTime day in checkedDates)
    {
      str += "<br />" + day.ToShortDateString();
    }
    Label1.Text = str;
  }
</script>

<html xmlns="http://www.w3.org/1999/xhtml">
<head id="Head1" runat="server">
  <title>Calendar with CheckBox</title>
  <script src="Scripts/jquery-1.6.2.min.js" type="text/javascript">
  </script>
  <script type="text/javascript">
  //<![CDATA[
    // CheckBox のチェック有無を調べて、その結果を隠し
    // フィールドに設定するスクリプト。
    function getCheckedDates(calendarClientId) {
      var checked = "";
      var unchecked = "";

      $('#' + calendarClientId + ' input:checkbox').each(
        function () {
          // MasterPage を使うなど、名前付コンテナに Calendar
          // を入れると id が違ってくるので注意。
          var id = $(this).attr('id');                    
          if ($(this).attr('checked') == "checked") {
            checked += ',' + id;
          } else {
            unchecked += ',' + id;
          }
        });

      $('#__CHECKEDIDLIST').val(checked);
      $('#__UNCHECKEDIDLIST').val(unchecked);
    }
  //]]>
  </script>
</head>
<body>
  <form id="form1" runat="server">

  <%--チェック結果をサーバに送信する隠しフィールド。--%>
  <input type="hidden" 
    name="__CHECKEDIDLIST" 
    id="__CHECKEDIDLIST" 
    value="" />
  <input type="hidden" 
    name="__UNCHECKEDIDLIST" 
    id="__UNCHECKEDIDLIST" 
    value="" />

  <div>
    <asp:Calendar ID="Calendar1" 
      runat="server" 
      ondayrender="Calendar1_DayRender" 
      SelectionMode="None" >
    </asp:Calendar>
    <asp:Button ID="Button1" 
      runat="server" 
      Text="Show selected dates" 
      onclick="Button1_Click" />
    <br />
    <asp:Label ID="Label1" runat="server" />        
  </div>
  </form>
</body>
</html>

Tags:

ASP.NET

CalendarExtender の日付の表示

by WebSurfer 2013年7月26日 11:48

Ajax Control Toolkit の CalendarExtender で日本語形式の日付を表示するにはどうすればよいかという話です。

まず、ToolkitScriptManager と CalendarExtender の設定がデフォルト状態(Visual Studio でドラッグ&ドロップしただけの状態)の場合は下の画像のような表示になります。

デフォルトでのカレンダーの表示

カルチャは ja-JP と認識されていますが、(1) TextBox に入力される日付の形式が M/d/yyyy(米国式)、(2) カレンダーの曜日が英語、(3) カレンダーのタイトルと今日の日付の表示が米国式になってしまいます。

特に問題になるのが「(1) TextBox に入力される日付の形式が M/d/yyyy」です。M/d/yyyy 形式では、CompareValidator による検証や、サーバー側での DateTime 型への変換の際などにパースがうまくいかず、期待した結果にならないということがあります。

カルチャが ja-JP の時に TextBox に入力される日付が yyyy/MM/dd 形式となるようにするには、ToolkitScriptManager の EnableScriptGlobalization プロパティを true に設定してやります。その結果が下の画像です。

EnableScriptGlobalization を true に設定

MSDN ライブラリによると、"EnableScriptGlobalization プロパティを true に設定すると、グローバル化された JavaScript 関数がカルチャ固有の情報を表示します" とのことです。

カルチャは、ブラウザ、サーバーコード、または Web サイトの構成ファイルで設定できます。例えば、@ Page ディレクティブで Culture, UICulture を "auto" に設定した場合、ASP.NET がリクエスト情報に含まれる Accept-Language ヘッダの内容から判断して、自動的にカルチャを特定してくれます。

なので、EnableScriptGlobalization プロパティが true に設定してあると、「(1) TextBox に入力される日付の形式」は、カルチャが ja-JP の場合は yyyy/MM/dd 形式、en-US の場合は M/d/yyyy となります。

「(2) カレンダーの曜日」も、カルチャが ja-JP の場合は日本語、en-US の場合は英語で表示されます。下の画像はカルチャが en-US の場合のものです。カルチャが ja-JP の場合のもの(上の画像)と比較してみてください。

カルチャが en-US の場合

なお、TextBox に入力される日付の形式は、CalendarExtender コントロールの Format プロパティで明示的に設定できます。当然、EnableScriptGlobalization プロパティの設定より、こちらの方が優先されます。なので、カルチャに依存させないで固定的に日付の形式を設定したい場合は Format="yyyy/MM/dd" のようにすることができます。

以上の対応で、上記の問題の (1) と (2) は解決できます。しかし、「(3) カレンダーのタイトルと今日の日付の表示」は依然として米国形式のままです。これを解決するには、CalendarExtender コントロールの DaysModeTitleFormat, TodaysDateFormat プロパティで書式を指定してやります。

下の画像は、DaysModeTitleFormat="yyyy年M月" TodaysDateFormat="yyyy年M月d日" とした時のものです。

タイトルと今日の日付を日本語形式に

ただし、Format, DaysModeTitleFormat, TodaysDateFormat プロパティで書式を指定してしまうのは、グローバル化と逆行することになる(他のカルチャに対応できなくなる)ので、そうすることが良いのかどうかはよく考えた方がよさそうです。

参考に、上の画像のカレンダーを表示したコードを載せておきます。

<%@ Page Language="C#" Culture="auto" UICulture="auto" %>
<%@ Import Namespace="System.Threading" %>

<%@ Register Assembly="AjaxControlToolkit" 
  Namespace="AjaxControlToolkit" 
  TagPrefix="asp" %>

<!DOCTYPE html PUBLIC "-//W3C//DTD XHTML 1.0 Transitional//EN"
 "http://www.w3.org/TR/xhtml1/DTD/xhtml1-transitional.dtd">

<script runat="server">

  protected void Page_Load(object sender, EventArgs e)
  {
    Label1.Text = "CurrentCulture: " +
        Thread.CurrentThread.CurrentCulture.ToString();
  }
</script>

<html xmlns="http://www.w3.org/1999/xhtml">
<head runat="server">
  <title></title>
</head>
<body>
  <form id="form1" runat="server">
  <asp:ToolkitScriptManager ID="ToolkitScriptManager1" 
    runat="server" 
    EnableScriptGlobalization="True">
  </asp:ToolkitScriptManager>
  <div>
    <asp:Label ID="Label1" runat="server">
    </asp:Label>
    <br />
    <asp:TextBox ID="TextBox1" runat="server">
    </asp:TextBox>
    <asp:CalendarExtender ID="TextBox1_CalendarExtender" 
      runat="server" 
      Enabled="True" 
      TargetControlID="TextBox1"            
      DaysModeTitleFormat="yyyy年M月" 
      TodaysDateFormat="yyyy年M月d日"
      Format="yyyy/MM/dd" >
    </asp:CalendarExtender>
  </div>
  </form>
</body>
</html>

Tags: ,

AJAX

CheckBox 付き Calendar コントロール

by WebSurfer 2010年11月14日 17:42
CheckBox 付き Calendar コントロール

Calendar コントロールに CheckBox を配置して、それにチェックを入れた日付をポストバックしてサーバー側で取得するサンプルです。

CheckBox にチェックを入れる/外すたびにポストバックして、チェックを入れた/外した日付を ViewState に追加/削除し、Show selected dates ボタンクリックでチェックが入っている日付を Label に表示します。

「チェックを入れる/外すたびにポストバック」というのがちょっとわずらわしい感じですね。(汗)

でも、月をまたがって日付にチェックを入れる(例えば、1 月 15 日と 3 月 15 日にチェックを入れる)場合も対応できるようにするには、この方法しか思いつかないです。

チェックを入れる/外すたびにいちいちポストバックしないでもすむ方法を考え付いたら、別途記事を書きます・・・が、期待はしないでください。(笑)

2013/12/12 追記:今さらながらですが、チェックを入れる/外すたびにいちいちポストバックしないでもすむサンプルも作ってみました。CheckBox 付き Calendar(その2)を見てください。月を移動する時、ちょっと(かなり?)重い感じです。(汗)

<%@ Page Language="C#" %>
<%@ Import Namespace="System.Collections.Generic" %>
<%@ Implements Interface="System.Web.UI.IPostBackEventHandler" %>

<!DOCTYPE html PUBLIC "-//W3C//DTD XHTML 1.0 Transitional//EN" 
"http://www.w3.org/TR/xhtml1/DTD/xhtml1-transitional.dtd">

<script runat="server">
  protected List<DateTime> checkedDates = new List<DateTime>();

  protected void Calendar1_DayRender(object sender, DayRenderEventArgs e)
  {
    CheckBox cb = new CheckBox();
    cb.ID = e.Day.Date.ToShortDateString();        
    string script =
      Page.ClientScript.GetPostBackEventReference(this, cb.ID);
    cb.Attributes.Add("onclick", script);
    foreach (DateTime day in checkedDates)
    {
      if (e.Day.Date == day)
      {
        cb.Checked = true;
        break;
      }
      cb.Checked = false;
    }
    e.Cell.Controls.Add(cb);
  }
    
  public void RaisePostBackEvent(string eventArgument)
  {
    foreach (DateTime day in checkedDates)
    {
      if (eventArgument == day.ToShortDateString())
      {
        checkedDates.Remove(DateTime.Parse(eventArgument));                
        ViewState["CheckedDates"] = checkedDates;
        return;
      }
    }
        
    checkedDates.Add(DateTime.Parse(eventArgument));            
    ViewState["CheckedDates"] = checkedDates;
  }

  protected void Page_Load(object sender, EventArgs e)
  {
    object obj = ViewState["CheckedDates"];
    if (obj != null)
    {
      checkedDates = (List<DateTime>)obj;
    }
  }

  protected void Button1_Click(object sender, EventArgs e)
  {
    string str = "Selected Dates:";
    foreach (DateTime day in checkedDates)
    {
      str += "<br />" + day.ToShortDateString();
    }
    Label1.Text = str;
  }
</script>

<html xmlns="http://www.w3.org/1999/xhtml">
<head id="Head1" runat="server">
  <title>Calendar with CheckBox</title>
</head>
<body>
  <form id="form1" runat="server">
  <div>
    <asp:Calendar ID="Calendar1" 
      runat="server" 
      ondayrender="Calendar1_DayRender" 
      SelectionMode="None" >
    </asp:Calendar>
    <asp:Button ID="Button1" 
      runat="server" 
      Text="Show selected dates" 
      onclick="Button1_Click" />
    <br />
    <asp:Label ID="Label1" runat="server" />        
  </div>
  </form>
</body>
</html>

------------ 2010/4/24 追記 ------------

この記事で紹介したコードを実際に動かして試せるよう 実験室 にアップしました。興味のある方は試してみてください。

Tags: ,

ASP.NET

About this blog

2010年5月にこのブログを立ち上げました。その後 ブログ2 を追加し、ここは ASP.NET 関係のトピックス、ブログ2はそれ以外のトピックスに分けました。

Calendar

<<  2017年1月  >>
25262728293031
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930311234

View posts in large calendar