WebSurfer's Home

トップ > Blog 1   |   Login
Filter by APML

DataGridView 新規追加行の未入力検証

by WebSurfer 9. October 2022 13:25

Windows Forms アプリの GataGridView の新規追加行に未入力のままフォーカスを移動したり[データの保存]ボタンをクリックした時にスローされる NoNullAllowedException に対処する方法を書きます。

NoNullAllowedException

NoNullAllowedException というのは、DataColumn.AllowDBNull プロパティが false に設定されている列に null 値を挿入しようとした場合にスローされる例外です。Visual Studio のデータソース構成ウィザードを使って型付 DataSet / DataTable を作ると、元の DB の列が NULL 不可になっている場合に false に設定されます。

DataGridView 上で当該列を空白のままにしてフォーカスを移動したり[データの保存]ボタンをクリックしたりすると DataTable の当該 Column に null 値を挿入しようとするので NoNullAllowedException がスローされます。

その際、エラーメッセージを表示するダイアログが、上の画像のものとは違って、下の画像のような「DataGridView の既定のエラーダイアログ」であれば、DataGridView.DataError イベントを処理することで対応できます。

DataGridView の既定のエラーダイアログ

具体例は Microsoft のドキュメント「DataGridView.DataError イベント」や「ユーザーがDataGridViewのセルに正しくない値を入力した時に発生するエラーを捕捉する」を見てください。下に載せたサンプルコードにも実装してあります。

しかしながら、DataError イベントをハンドルしても NoNullAllowedException を補足できないケースがあるのが問題です。

その補足できないケースというのは、自分が調べた限りですが、(1) BindingNavigator 上の[新規追加]ボタンを続けて 2 回クリック、(2) 新規追加行に未入力のまま BindingNavigator 上の[最初に移動][前に戻る][データの保存]ボタンをクリックした場合です。(他にもあるかも)

その場合は、この記事の一番上の画像のような、例のおなじみのエラーメッセージのダイアログが表示されます。

これを何とかしようとすると try - catch 句を追加して NoNullAllowedException を補足するということになると思います。

(他にもっとスマートな手段があるかもしれませんが分かりませんでした。DataGridView.RowValidating イベントをハンドルして対応できないかと考えたのですが、上に書いた「補足できないケース」ではイベントが発生しません)

どこに try - catch 句を追加するかですが、データソース構成ウィザードを使って型付 DataSet / DataTable を作り、それをデザイン画面で「データソース」ウィンドウから Form にドラッグ&ドロップして作ったアプリのコードにはその場所がありません。(Program.cs の Application.Run(new Form1()); で try - catch するのはやりすぎと思うので対象外)

そこで考えたのが、BindingNavigator の AddNewItem, DeleteItem, MoveFirstItem, MoveLastItem, MoveNextItem, MoveProviousItem プロパティの設定を以下のように (なし) に変更し(デフォルトでは当該 ToolStripButton が設定されている)、

BindingNavigator の設定変更

AddNewItem, DeleteItem, MoveFirstItem, MoveLastItem, MoveNextItem, MoveProviousItem に設定されていた各 ToolStripButton の Click イベントのハンドラを追加し、

Click イベントのハンドラ設定

その各ハンドラの中で BindingSource の AddNew, RemoveCurrent, MoveFirst, MoveLast, MoveNext, MoveProvious を実行するようにして try - catch 句を使うということです。

BindingNavigation の操作やマウスやキーボードを使っての BindingSource のポジションの変更に伴って BindingNavigator 上の ToolStripButton の Enabled プロパティの true/false の設定を変更する必要がありますが、それは BindingSource.PositionChanged イベントのハンドラで行います。

ただし、ここまでの設定だけでは[データの保存]ボタンをクリックした場合に対応できません。そこは、自動生成されたクリックイベントのハンドラの中の BindingSource.EndEdit(); というコードに try - catch を追加して NoNullAllowedException を補足して対処します。

以下にサンプルコードを書きます。例として、下の画像の SQL Server データベースを使います。

SQL Server データベース

まず、上の Product テーブルのレコード一覧表示・編集を行う Windows Forms + DataGridView アプリを作ります。それは Microsoft のドキュメント「新しいデータ ソースの追加」のように「データソース構成ウィザード」を使って型付 DataSet / DataTable を作り、それをデザイン画面で「データソース」ウィンドウから Form にドラッグ&ドロップすれば、自力ではコードを一行も書くことなく簡単に作成できます。

その後、上に述べたように、自動生成されたコードに手を加えてたのが下のサンプルコードです。

using System;
using System.Data;
using System.Data.SqlClient;
using System.Windows.Forms;

namespace WindowsFormsPkUnique
{
    public partial class Form3 : Form
    {
        public Form3()
        {
            InitializeComponent();

            // DataGridView.DataError イベントのハンドラ設定
            this.productDataGridView.DataError += 
                                  ProductDataGridView_DataError;

            // BindingSource.PositionChanged イベントのハンドラ設定
            this.productBindingSource.PositionChanged += 
                                  ProductBindingSource_PositionChanged;
        }

        private void Form3_Load(object sender, EventArgs e)
        {
            this.productTableAdapter.Fill(this.productDataSet.Product);
        }

        // DataGridView.DataError イベントを処理。これで補足できない
        // ケースがあるのが問題
        private void ProductDataGridView_DataError(object sender, 
            DataGridViewDataErrorEventArgs e)
        {
            if (e.Exception != null)
            {
                MessageBox.Show(this,
                    $"Index {e.RowIndex} の行でエラーが発生しました。\n\n" +
                    $"説明: {e.Exception.Message}",

                    "エラーが発生しました",
                    MessageBoxButtons.OK, MessageBoxIcon.Exclamation);
            }
        }

        // BindingSource の Position の変更に伴って、BindingNavigator の
        // 各ボタンの Enabled プロパティの true/false 設定を変更する
        private void ProductBindingSource_PositionChanged(object sender, 
            EventArgs e)
        {
            int count = productBindingSource.Count;
            int position = productBindingSource.Position;
            if (count <= 1)
            {
                bindingNavigatorMoveFirstItem.Enabled = false;
                bindingNavigatorMovePreviousItem.Enabled = false;
                bindingNavigatorMoveNextItem.Enabled = false;
                bindingNavigatorMoveLastItem.Enabled = false;
                if (count == 0)
                    bindingNavigatorDeleteItem.Enabled = false;
                else
                    bindingNavigatorDeleteItem.Enabled = true;
            }
            else
            {
                bindingNavigatorDeleteItem.Enabled = true;

                if (position == 0)
                {
                    bindingNavigatorMoveFirstItem.Enabled = false;
                    bindingNavigatorMovePreviousItem.Enabled = false;
                    bindingNavigatorMoveNextItem.Enabled = true;
                    bindingNavigatorMoveLastItem.Enabled = true;
                }
                else if (position == count - 1)
                {
                    bindingNavigatorMoveFirstItem.Enabled = true;
                    bindingNavigatorMovePreviousItem.Enabled = true;
                    bindingNavigatorMoveNextItem.Enabled = false;
                    bindingNavigatorMoveLastItem.Enabled = false;
                }
                else
                {
                    bindingNavigatorMoveFirstItem.Enabled = true;
                    bindingNavigatorMovePreviousItem.Enabled = true;
                    bindingNavigatorMoveNextItem.Enabled = true;
                    bindingNavigatorMoveLastItem.Enabled = true;
                }
            }
        }

        // BindingNavigator の[データの保存]ボタンクリックのハンドラ
        private void productBindingNavigatorSaveItem_Click(object sender, 
            EventArgs e)
        {
            this.Validate();            

            try
            {
                // EndEdit を try に含めないと NoNullAllowedException が
                // catch できない
                this.productBindingSource.EndEdit();

                this.tableAdapterManager.UpdateAll(this.productDataSet);
            }
            catch (NoNullAllowedException ex)
            {
                MessageBox.Show(this,
                    ex.Message + "\n\nデータを修正してください。",
                    "「データの保存」ボタン操作エラー",
                    MessageBoxButtons.OK, MessageBoxIcon.Exclamation);
            }
            catch (SqlException sqlEx)  // オマケの重複チェック
            {
                if (sqlEx.Number == 2601)
                {
                    MessageBox.Show(this,
                        $"Unique 制約違反です。\n\n説明: {sqlEx.Message}",
                        "エラーが発生しました",
                        MessageBoxButtons.OK, MessageBoxIcon.Error);
                }
                else
                {
                    throw;
                }               
            }            
        }

        // BindingNavigator の[最初に移動]ボタンクリックのハンドラ
        private void bindingNavigatorMoveFirstItem_Click(object sender, 
            EventArgs e)
        {
            try
            {
                productBindingSource.MoveFirst();
            }
            catch (NoNullAllowedException ex)
            {
                MessageBox.Show(this,
                    ex.Message + "\n\nデータを修正してください。",
                    "「最初に移動」ボタン操作エラー",
                    MessageBoxButtons.OK, MessageBoxIcon.Exclamation);
            }
        }

        // BindingNavigator の「前に戻る」ボタンクリックのハンドラ
        private void bindingNavigatorMovePreviousItem_Click(object sender, 
            EventArgs e)
        {
            try
            {
                productBindingSource.MovePrevious();
            }
            catch (NoNullAllowedException ex)
            {
                MessageBox.Show(this,
                    ex.Message + "\n\nデータを修正してください。",
                    "「前に戻る」ボタン操作エラー",
                    MessageBoxButtons.OK, MessageBoxIcon.Exclamation);
            }
        }

        // BindingNavigator の「次に移動」ボタンクリックのハンドラ
        private void bindingNavigatorMoveNextItem_Click(object sender, 
            EventArgs e)
        {
            try
            {
                productBindingSource.MoveNext();
            }
            catch (NoNullAllowedException ex)
            {
                MessageBox.Show(this,
                    ex.Message + "\n\nデータを修正してください。",
                    "「次に移動」ボタン操作エラー",
                    MessageBoxButtons.OK, MessageBoxIcon.Exclamation);
            }
        }

        // BindingNavigator の「最後に移動」ボタンクリックのハンドラ
        private void bindingNavigatorMoveLastItem_Click(object sender, 
            EventArgs e)
        {
            try
            {
                productBindingSource.MoveLast();
            }
            catch (NoNullAllowedException ex)
            {
                MessageBox.Show(this,
                    ex.Message + "\n\nデータを修正してください。",
                    "「最後に移動」ボタン操作エラー",
                    MessageBoxButtons.OK, MessageBoxIcon.Exclamation);
            }
        }

        // BindingNavigator の[新規追加]ボタンクリックのハンドラ
        private void bindingNavigatorAddNewItem_Click(object sender, 
            EventArgs e)
        {
            try
            {
                productBindingSource.AddNew();
            }
            catch (NoNullAllowedException ex)
            {
                MessageBox.Show(this,
                    ex.Message + "\n\nデータを修正してください。",
                    "「新規追加」ボタン操作エラー",
                    MessageBoxButtons.OK, MessageBoxIcon.Exclamation);
            }
        }

        // BindingNavigator の[削除]ボタンクリックのハンドラ
        private void bindingNavigatorDeleteItem_Click(object sender, 
            EventArgs e)
        {
            productBindingSource.RemoveCurrent();
        }
    }
}

上のコードには一つオマケで重複入力の検証を追加しています。上の SQL Server のデータベースの画像にあるように ProductName には Unique 制約がかかっていますが、それも検証してエラーメッセージを MessageBox を使って出すようにしています。

SQL Server ですから複数のユーザーが同時にアクセスするのが前提です。なので、重複しているか否かは実際に INSERT する時でないと分かりません。それは、INSERT 操作を行ったとき SqlException がスローされ、エラーの種類を表す番号が 2601 であることで判断できます。

その具体的な例は上のコードの productBindingNavigatorSaveItem_Click メソッドを見てください。


以上ですが、厳しく検証したわけではありませんので、上のコードはあくまで参考程度にお願いします。ひょっとしたら検証漏れがあるかもしれません。

Tags: , , ,

Validation

About this blog

2010年5月にこのブログを立ち上げました。主に ASP.NET Web アプリ関係の記事です。

Calendar

<<  May 2024  >>
MoTuWeThFrSaSu
293012345
6789101112
13141516171819
20212223242526
272829303112
3456789

View posts in large calendar