WebSurfer's Home

トップ > Blog 1   |   Login
Filter by APML

ListView と DropDownList

by WebSurfer 31. October 2010 19:32

ListView の InsertItemTemplate に DropDownList を配置し、DropDownList.SelectedValue を DB に挿入するにはどのようにすればよいかという話です。ただし、.NET 4 では問題なく、.NET 3.5 に限った話です。

何故かは不明ですが、InsertItemTemplate に DropDownList を配置した場合は、DropDownList の SelectedValue プロパティを以下のように設定してもうまくいきません。「Eval()、XPath()、および Bind() のようなデータバインド メソッドは、データバインドされたコントロールのコンテキストでのみ使用することができます。」というエラーになります。

<InsertItemTemplate>
  <tr style="">
  ・・・中略・・・
    <td>
      <asp:SqlDataSource ID="SqlDataSource1" ・・・
      ・・・中略・・・
      <asp:DropDownList ID="DropDownList1" 
        runat="server"
        DataSourceID="SqlDataSource1" 
        DataTextField="CategoryName" 
        DataValueField="CategoryName"
        AppendDataBoundItems="True"
        SelectedValue='<%# Bind("memo") %>'>
        <asp:ListItem Value="">空白</asp:ListItem>
      </asp:DropDownList>
    </td>
  </tr>
</InsertItemTemplate>

なお、上記と同様な形で EditItemTemplate に配置した場合は問題なく、DB は SelectedValue でちゃんと更新されます。

この問題の回避策は、以下のように SqlDataSource.Inserting イベントハンドラで処置することです。

protected void SqlDataSource1_Inserting(object sender, 
    SqlDataSourceCommandEventArgs e)
{
  DropDownList ddl = 
    (DropDownList)ListView1.InsertItem.FindControl("DropDownList1");
  e.Command.Parameters["@memo"].Value = ddl.SelectedValue;
}

何故、InsertItemTemplate に DropDownList を配置した場合ダメなのかが分からなかったし、もっとスマートな解決策があるのではないか(ひょっとして、とんでもなく間抜けなのことしているのではないか)ということが気になっていましたが、どうやら .NET 3.5 のバグらしいということで、安心(?)しています。(笑)

Tags: ,

ASP.NET

XML ファイルの更新操作

by WebSurfer 27. September 2010 23:14

XML ファイルをデータソースに使った場合、表示するだけなら XmlDataSource を使えば、ほぼコーディングレスで Web アプリケーションを作成できます。ただし、XmlDataSource には更新機能がないので、必要な場合は自力でコードを書いて更新機能を実装する必要があります。

MSDN ライブラリの XmlDataSource の説明には、GetXmlDocument メソッドを使って XmlDataDocument オブジェクトを取得し、それに変更を加えてから Save するという方法が紹介されていますが、GridView や ListView 上で編集して更新するにはその方法は難しそうです。

それより、XML ファイル操作用のクラス(選択、削除、挿入、更新操作を行うメソッドを実装)を作り、そのクラスを ObjectDataSource を経由 GridView や ListView にバインドして操作するのが簡単そうです。

そのサンプルは MSDN ライブラリ の「GridView で XML ファイルをデータ ソースとして使いレコードを編集する方法」に紹介されています。そのサンプルに削除、挿入機能を加えて、さらに ID も更新できるように拡張したコードを書いておきます。なお、言語はサンプルの VB.NET を C# に変更しました。

まず、XML ファイル操作用クラス(UserInfoTable クラス)の UpdateDataSet メソッドを、ID も更新できるように変更します。具体的には、引数に original_id を追加し、original_id で DataSet の行を検索し、ヒットした行の当該項目を id に書き換えるよう修正します。次に、削除と挿入操作のためのメソッドを追加します。修正、追加後の UserInfoTable クラスは以下のようになります。

using System;
using System.Data;
using System.Web;
using System.ComponentModel;

public class XmlDataSet
{
  public class UserInfoTable : IDisposable
  {
    const string strXmlFile = "~/App_Data/UserInfo.xml";
    private DataSet myDataSet;

    public UserInfoTable()
    {
      myDataSet = new DataSet();
      myDataSet.Locale = 
        System.Globalization.CultureInfo.InvariantCulture;
      string filePath = 
        HttpContext.Current.Server.MapPath(strXmlFile);
      myDataSet.ReadXml(filePath);
    }

    public virtual void Dispose(bool disposing)
    {
      if (disposing)
      {
        myDataSet.Dispose();
      }
    }

    public void Dispose()
    {
      Dispose(true);
      System.GC.SuppressFinalize(this);
    }

    ~UserInfoTable()
    {
      Dispose(false);
    }

    [DataObjectMethod(DataObjectMethodType.Select, true)]
    public DataSet GetDataSet()
    {
      return myDataSet;
    }

    [DataObjectMethod(DataObjectMethodType.Update, true)]
    public void UpdateDataSet(string id, string name, string original_id)
    {
      string strFillter = "ID='" + original_id + "'";
      DataRow[] rows = myDataSet.Tables[0].Select(strFillter);
      if (rows.Length > 0)
      {
        rows[0]["ID"] = id;
        rows[0]["NAME"] = name;
        Save();
      }
    }

    [DataObjectMethod(DataObjectMethodType.Delete, true)]
    public void DeleteItem(string original_id)
    {
      string strFillter = "ID='" + original_id + "'";
      DataRow[] rows = myDataSet.Tables[0].Select(strFillter);
      if (rows.Length > 0)
      {
        rows[0].Delete();
        Save();
      }
    }

    [DataObjectMethod(DataObjectMethodType.Insert, true)]
    public void InsertItem(string id, string name)
    {
      DataRow row = myDataSet.Tables[0].NewRow();
      row["ID"] = id;
      row["NAME"] = name;
      myDataSet.Tables[0].Rows.Add(row);
      Save();
    }

    private void Save()
    {
      string filePath = 
        HttpContext.Current.Server.MapPath(strXmlFile);
      myDataSet.WriteXml(filePath, XmlWriteMode.IgnoreSchema);
    }
  } 
}

新しい aspx ファイルを作成し、それに ObjectDataSource と ListView を配置します。UserInfoTable クラスをベースに、ウィザードで ObjectDataSource と ListView を設定していくと、以下のようなコードになるはずです。

<asp:ObjectDataSource ID="ObjectDataSource1" 
  runat="server" 
  DeleteMethod="DeleteItem" 
  InsertMethod="InsertItem" 
  SelectMethod="GetDataSet" 
  TypeName="XmlDataSet+UserInfoTable" 
  UpdateMethod="UpdateDataSet">
  <DeleteParameters>
    <asp:Parameter Name="original_id" Type="String" />
  </DeleteParameters>
  <InsertParameters>
    <asp:Parameter Name="id" Type="String" />
    <asp:Parameter Name="name" Type="String" />
  </InsertParameters>
  <UpdateParameters>
    <asp:Parameter Name="id" Type="String" />
    <asp:Parameter Name="name" Type="String" />
    <asp:Parameter Name="original_id" Type="String" />
  </UpdateParameters>
</asp:ObjectDataSource>
<asp:ListView ID="ListView1" 
  runat="server" 
  DataSourceID="ObjectDataSource1" 
  EnableModelValidation="True">
</asp:ListView>

しかしなから、このままではうまく動きません。問題点は以下のとおりです

  • ListView に DataKeyNames="id" の定義がないので、id の値が ObjectDataSource に渡されません。
  • ObjectDataSource に OldValuesParameterFormatString="original_{0}" の設定がないので、id の新旧の区別ができません。
  • ListView の中身(Template やその中の TextBox, Button など)は自動生成されません。自力でコードを書く必要があります。
  • ListView に挿入の行を表示するため、InsertItemPosition="LastItem" を追加します。

以上の点を修正したコードは以下のとおりです。

<asp:ObjectDataSource ID="ObjectDataSource1" 
  runat="server"
  OldValuesParameterFormatString="original_{0}"
  DeleteMethod="DeleteItem" 
  InsertMethod="InsertItem" 
  SelectMethod="GetDataSet" 
  TypeName="XmlDataSet+UserInfoTable" 
  UpdateMethod="UpdateDataSet">
  <DeleteParameters>
    <asp:Parameter Name="original_id" Type="String" />
  </DeleteParameters>
  <InsertParameters>
    <asp:Parameter Name="id" Type="String" />
    <asp:Parameter Name="name" Type="String" />
  </InsertParameters>
  <UpdateParameters>
    <asp:Parameter Name="id" Type="String" />
    <asp:Parameter Name="name" Type="String" />
    <asp:Parameter Name="original_id" Type="String" />
  </UpdateParameters>
</asp:ObjectDataSource>
<asp:ListView ID="ListView1" 
  runat="server"
  DataKeyNames="id"
  DataSourceID="ObjectDataSource1"
  InsertItemPosition="LastItem"
  EnableModelValidation="True">
  <ItemTemplate>
    <tr>
      <td>
        <asp:Button ID="DeleteButton" 
          runat="server" 
          CommandName="Delete" 
          Text="削除" />
        <asp:Button ID="EditButton" 
          runat="server" 
          CommandName="Edit" 
          Text="編集" />
      </td>
      <td>
        <asp:Label ID="idLabel" 
          runat="server" 
          Text='<%# Bind("id") %>' />
      </td>
      <td>
        <asp:Label ID="nameLabel" 
          runat="server" 
          Text='<%# Bind("name") %>' />
      </td>
    </tr>
  </ItemTemplate>
  <InsertItemTemplate>
    <tr>
      <td>
        <asp:Button ID="InsertButton" 
          runat="server" 
          CommandName="Insert" 
          Text="挿入" />
        <asp:Button ID="CancelButton" 
          runat="server" 
          CommandName="Cancel" 
          Text="クリア" />
      </td>
      <td>
        <asp:TextBox ID="idTextBox" 
          runat="server" 
          Text='<%# Bind("id") %>' />
      </td>
      <td>
        <asp:TextBox ID="nameTextBox" 
          runat="server" 
          Text='<%# Bind("name") %>' />
      </td>
    </tr>
  </InsertItemTemplate>
  <LayoutTemplate>
    <table id="Table2" runat="server">
      <tr id="Tr1" runat="server">
        <td id="Td1" runat="server">
          <table ID="itemPlaceholderContainer" 
            runat="server">
            <tr id="Tr2" runat="server">
              <th id="Th1" runat="server">
              </th>
              <th id="Th2" runat="server">
                id</th>
              <th id="Th3" runat="server">
                name</th>
            </tr>
            <tr ID="itemPlaceholder" runat="server">
            </tr>
          </table>
        </td>
      </tr>
    </table>
  </LayoutTemplate>
  <EditItemTemplate>
    <tr>
      <td>
        <asp:Button ID="UpdateButton" 
          runat="server" 
          CommandName="Update" 
          Text="更新" />
        <asp:Button ID="CancelButton" 
          runat="server" 
          CommandName="Cancel" 
          Text="キャンセル" />
      </td>
      <td>
        <asp:TextBox ID="idTextBox" 
          runat="server" 
          Text='<%# Bind("id") %>' />
      </td>
      <td>
        <asp:TextBox ID="nameTextBox" 
          runat="server" 
          Text='<%# Bind("name") %>' />
      </td>
    </tr>
  </EditItemTemplate>
</asp:ListView>

Tags: , ,

ASP.NET

ObjectDataSource でページング

by WebSurfer 26. August 2010 12:00

DB のレコード一覧を表示する場合、レコード数が多い場合はページングが必要になってきます。

SqlDataSource を使って、ウィザードベースでクエリなどを設定していけば、コードを一行も書くことなく簡単にページング機能を実装できます。

しかしながら、ウィザードベースで実装した場合は、ページを切り替えるたびに全レコードを取得し、そのページの当該部分のみを表示するという動作になります。

レコード数が多い場合、ページングの都度全レコードを取得するのは負荷が大きく、できれば避けたい操作です。

ちなみに、先の記事 カスタムページャー で紹介した Repeater とカスタムページャーを使用したページングではそのあたりは考慮してあります。

今回は、先の記事と同等な内容を、ObjectDataSource と ListView を使って実現する例を書いてみます。実行結果は以下のようになります。

ListVie でのページング

ポイントは、先の記事のようなストアドプロシージャを使うのではなくて、必要なレコードのみ DB から取得するクラス/メソッドを実装して、それらを ObjectDataSource で定義されているプロパティに設定するというところです。

加えて、出来るだけ ObjectDataSource と ListView が持つページングの機能を利用し、自力でコードは書かない(上記のクラス/メソッドを除く)ということもあります。

まず、型付 DataSet + TableAdapter(xsd ファイル)を Visual Studio のウィザードを利用して作成します。

Microsoft が提供しているサンプルデータベース Northwind の Products テーブルを利用します。ウィザードに従って進めていくと xsd ファイルが作られ、これをベースに 型付 DataSet + TableAdapter のコードが自動生成されます。

xsd ファイルを開くと、以下のように表示されるはずです。

xsd ファイルの作成

自動生成されたコードは、Web アプリケーションプロジェクトの場合は xsd ファイルの直下に、Web サイトプロジェクトの場合は Temporary ASP.NET Files フォルダ内にあります。

この TableAdapter コードを partial class を使って拡張して、必要なレコードのみ DB から取得するためのクラス/メソッドを実装します。

以下のようになります。GetDataByIndex メソッドの引数名 startRowIndex, maximumRowsは、ObjectDataSource がデフォルトでその名前を参照していますので、そのまま使うのが面倒がないです(変更する場合は MaximumRowsParameterName プロパティと StartRowIndexParameterName プロパティに変更後の引数名を設定してください)。名前空間名、クラス名は、自動生成されたコードを参照してください。

using System;
using System.Data;
using System.Configuration;
using System.Data.SqlClient;
using System.ComponentModel;

namespace ProductsDataSetTableAdapters
{
  public partial class ProductsTableAdapter
  {
    [DataObjectMethod(DataObjectMethodType.Select, true)]
    public ProductsDataSet.ProductsDataTable GetDataByIndex(int startRowIndex, int maximumRows)
    {
      SqlDataAdapter adapter;
      string query = String.Format(
        "SELECT * " +
          "FROM (" + 
             "SELECT *, ROW_NUMBER() OVER (ORDER BY [ProductID] ASC) AS rownum " + 
             "FROM [Products]) AS DerivedTable " +
          "WHERE rownum BETWEEN {0} AND {1} " +
          "ORDER BY [ProductID] ASC",
           startRowIndex + 1, maximumRows + startRowIndex);
      adapter = new SqlDataAdapter(query, this.Connection);

      ProductsDataSet dataset = new ProductsDataSet();
      adapter.Fill(dataset.Products);
      return dataset.Products;
    }

    public int GetNumberOfMessages()
    {
      SqlCommand command;
      command = 
        new SqlCommand("SELECT COUNT(*) FROM [Products]", this.Connection);
      this.Connection.Open();
      int rows = (int)command.ExecuteScalar();
      this.Connection.Close();
      return rows;
    }
  }
}

最後に、ObjectDataSource と ListView を実装した aspx ページを作成します。コードは以下のようになります。

<%@ Page Language="C#" %>

<!DOCTYPE html PUBLIC "-//W3C//DTD XHTML 1.0 Transitional//EN" 
"http://www.w3.org/TR/xhtml1/DTD/xhtml1-transitional.dtd">

<script runat="server">

</script>

<html xmlns="http://www.w3.org/1999/xhtml">
<head runat="server">
  <title></title>
  <style type="text/css">
    table.style1
    {
      border-style: solid;
      border-width: 2px;
      border-color: Black;
      text-align: center;
      border-collapse: collapse;
    }
       
    table.style1 th
    {
      border-style: solid;
      border-width: 2px 1px 2px 1px;
      border-color: Black;
      background-color: #6699FF;
      color: #FFFFFF;
    }
        
    table.style1 td
    {
      border-style: solid;
      border-width: 1px;
      border-color: Black;        
    }
        
    .alternate
    {
      background-color: #CCFFFF;
    }  
  </style>
</head>
<body>
  <form id="form1" runat="server">
  <div>
    <asp:ObjectDataSource ID="ObjectDataSource1" 
      runat="server" 
      SelectMethod="GetDataByIndex" 
      SelectCountMethod="GetNumberOfMessages" 
      EnablePaging="True"             
      TypeName="ProductsDataSetTableAdapters.ProductsTableAdapter">
    </asp:ObjectDataSource>
    <asp:ListView ID="ListView1" 
      runat="server" 
      DataKeyNames="ProductID" 
      DataSourceID="ObjectDataSource1" 
      EnableModelValidation="True">
      <LayoutTemplate>
        <table id="Table1" runat="server" class="style1">
          <tr id="Tr1" runat="server" style="">
            <th id="Th1" rowspan="2" runat="server">ProductID</th>
            <th id="Th2" colspan="7" runat="server">ProductName</th>
            <th id="Th3" rowspan="2" runat="server">Discontinued</th>
          </tr>
          <tr>
            <th id="Th4" runat="server">SupplierID</th>
            <th id="Th5" runat="server">CategoryID</th>
            <th id="Th6" runat="server">QuantityPerUnit</th>
            <th id="Th7" runat="server">UnitPrice</th>
            <th id="Th8" runat="server">UnitsInStock</th>
            <th id="Th9" runat="server">UnitsOnOrder</th>
            <th id="Th10" runat="server">ReorderLevel</th>
          </tr>                                
          <tr ID="itemPlaceholder" runat="server">
          </tr>
        </table>
      </LayoutTemplate>
      <AlternatingItemTemplate>
        <tr class="alternate">
          <td rowspan="2">
            <asp:Label ID="ProductIDLabel" 
              runat="server" 
              Text='<%# Eval("ProductID") %>' />
          </td>
            <td colspan="7">
            <asp:Label ID="ProductNameLabel" 
              runat="server" 
              Text='<%# Eval("ProductName") %>' />
          </td>
          <td rowspan="2">
            <asp:CheckBox ID="DiscontinuedCheckBox" 
              runat="server" 
              Checked='<%# Eval("Discontinued") %>' 
              Enabled="false" />
          </td>
        </tr>
        <tr class="alternate">
          <td>
            <asp:Label ID="SupplierIDLabel" 
              runat="server" 
              Text='<%# Eval("SupplierID") %>' />
          </td>
          <td>
            <asp:Label ID="CategoryIDLabel" 
              runat="server" 
              Text='<%# Eval("CategoryID") %>' />
          </td>
          <td>
            <asp:Label ID="QuantityPerUnitLabel" 
              runat="server" 
              Text='<%# Eval("QuantityPerUnit") %>' />
          </td>
          <td>
            <asp:Label ID="UnitPriceLabel" 
              runat="server" 
              Text='<%# Eval("UnitPrice") %>' />
          </td>
          <td>
            <asp:Label ID="UnitsInStockLabel" 
              runat="server" 
              Text='<%# Eval("UnitsInStock") %>' />
          </td>
          <td>
            <asp:Label ID="UnitsOnOrderLabel" 
              runat="server" 
            Text='<%# Eval("UnitsOnOrder") %>' />
          </td>
            <td>
            <asp:Label ID="ReorderLevelLabel" 
               runat="server" 
               Text='<%# Eval("ReorderLevel") %>' />
          </td>
        </tr>
      </AlternatingItemTemplate>
      <ItemTemplate>
        <tr>
          <td rowspan="2">
            <asp:Label ID="ProductIDLabel" 
              runat="server" 
              Text='<%# Eval("ProductID") %>' />
          </td>
          <td colspan="7">
          <asp:Label ID="ProductNameLabel" 
            runat="server" 
            Text='<%# Eval("ProductName") %>' />
          </td>
            <td rowspan="2">
              <asp:CheckBox ID="DiscontinuedCheckBox" 
                runat="server" 
                Checked='<%# Eval("Discontinued") %>' 
                Enabled="false" />
            </td>
        </tr>
        <tr>
         <td>
           <asp:Label ID="Label1" 
             runat="server" 
             Text='<%# Eval("SupplierID") %>' />
         </td>
         <td>
           <asp:Label ID="Label2" 
             runat="server" 
             Text='<%# Eval("CategoryID") %>' />
         </td>
         <td>
           <asp:Label ID="Label3" 
             runat="server" 
             Text='<%# Eval("QuantityPerUnit") %>' />
         </td>
         <td>
           <asp:Label ID="Label4" 
             runat="server" 
             Text='<%# Eval("UnitPrice") %>' />
         </td>
         <td>
           <asp:Label ID="Label5" 
             runat="server" 
             Text='<%# Eval("UnitsInStock") %>' />
         </td>
         <td>
           <asp:Label ID="Label6" 
             runat="server" 
             Text='<%# Eval("UnitsOnOrder") %>' />
         </td>
         <td>
           <asp:Label ID="Label7" runat="server" 
              Text='<%# Eval("ReorderLevel") %>' />
         </td>
       <tr>
      </ItemTemplate>
    </asp:ListView>
    <asp:DataPager ID="DataPager1" 
      runat="server" 
      PageSize="7" 
      PagedControlID="ListView1">
      <Fields>
        <asp:NextPreviousPagerField 
          ButtonType="Link" 
          ShowFirstPageButton="True" 
          ShowNextPageButton="False" 
          ShowPreviousPageButton="False" 
          FirstPageText="&lt;&lt;最初" />
        <asp:NumericPagerField 
          ButtonCount="5"
          PreviousPageText="&lt;前の 5 ページ"
          NextPageText="次の 5 ページ&gt;"/>
        <asp:NextPreviousPagerField 
          ButtonType="Link" 
          ShowLastPageButton="True" 
          ShowNextPageButton="False" 
          ShowPreviousPageButton="False" 
          LastPageText="最後&gt;&gt;" />
      </Fields>
    </asp:DataPager>
  </div>
  </form>
</body>
</html>

先の記事の方法と今回の記事の方法とで、どちらが簡単かと言えば、正直言ってどっちもどっちって感じです。

Tags: , ,

Paging

About this blog

2010年5月にこのブログを立ち上げました。その後 ブログ2 を追加し、ここは ASP.NET 関係のトピックス、ブログ2はそれ以外のトピックスに分けました。

Calendar

<<  September 2019  >>
MoTuWeThFrSaSu
2627282930311
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30123456

View posts in large calendar