WebSurfer's Home

トップ > Blog 1   |   Login
Filter by APML

SQL Server オブジェクトエクスプローラー

by WebSurfer 13. August 2022 14:09

自分の環境の Visual Studio 2022 では下の画像のように SQL Server オブジェクトエクスプローラーが表示されていますが、その中の各項目が何かを調べたので備忘録として書いておきます。

SQL Server オブジェクトエクスプローラー

まず、SQL Server オブジェクト エクスプローラーとは何かですが、CodeZin の記事 使わなきゃ損! SQL Serverの新たな開発ツール「SQL Server Data Tools」によると SQL Server Data Tools (SSDT) の機能で、"開発者がSQL Server Management Studioで実施していたテーブルの作成や変更などのデータベース関連タスクを、Visual Studioで完結することを目的としています" というものだそうです。

Visual Studio 2022 に SSDT をインストールするには、Microsoft のドキュメント SQL Server Data Tools (SSDT) for Visual Studio のダウンロードに書いてあるように、ワークロードの「データの保存と処理」を追加し、そのオプションの「SQL Server Data Tools」にチェックを入れます。

そして、Visual Studio 2022 のメニューバーから[表示(V)]⇒[SQL Server オブジェクト エクスプローラー(S)]をクリックすれば SQL Server オブジェクトエクスプローラーが表示されます。

SQL Server オブジェクトエクスプローラーを表示

前置きが長くなりましたが、上の SQL Server オブジェクトエクスプローラーの画像に表示されている各項目が何かを説明します。

(1) (local)\sqlexpress (SQL Server 11.0.2100 ...)

ローカルにインストールした SQL Server 2012 Express の名前付きインスタンスです。

SQL Server の Express 版をインストールすると、デフォルトでは「名前つきインスタンス」となり、インスタンス名は SQLEXPRESS になります。

(記憶にないですが、たぶん、自分で SQL Server オブジェクト エクスプローラーを操作して追加したものだと思います)

(2) (localdb)\MSSQLLocalDB (SQL Server 13.0.4001 ...)

SQL Server 2016 LocalDB の自動インスタンスです。13.0.4001 から SQL Server 2016 ベースであることが分かります。

他に名前付きインスタンスというのもあります。詳しくは Microsoft のドキュメント SQL Server Express LocalDB を見てください。

自動インスタンスとは SQL Server の既定のインスタンスに該当するもののようで、開発時にはそれに接続して使うようにします。

Microsoft のドキュメントに書いてある通り、自動インスタンスの名前は MSSQLLocalDB になります。(SQL Server 2014 で変更されたそうです。その前は、文字 v の後に LocalDB とバージョン番号を付けたものでした)

Visual Studio 2019 では SQL Server 2016 LocalDB が、Visual Studio 2022 では SQL Server 2019 LocalDB が一緒にインストールされます。

自分の PC には Visual Studio 2019 / 2022 両方をインストールしており、一緒にインストールされた LocalDB は以下のようになっています。(一番上の SQL Server 2014 Express LocalDB は Visual Studio 2015 と一緒にインストールされたもの) 

インストールされている LocalDB

それなのに、なぜ Visual Studio 2022 の SQL Server オブジェクトエクスプローラーに表示されている自動インスタンスが SQL Server 2019 LocalDB のものではないのでしょう? それはたぶん以下のような話ではないかと思います。

上に紹介した Microsoft のドキュメントに以下のように書いてあります。

"ユーザーのコンピューターにインストールされているどのバージョンの LocalDB についても、LocalDB の自動インスタンスが 1 つ存在します"(PC 内に複数の自動インスタンスは存在しないということ)

"あるコンピューター上でユーザーが初めて LocalDB への接続を試みるときは、自動インスタンスを作成し、なおかつ開始する必要があります"

ということで、先に Visual Studio 2019 で作業したとき SQL Server 2016 LocalDB で自動インスタンスが作成され、Visual Studio 2022 でも先に作成された自動インスタンスがそのまま使われているということだと思います。

その自動インスタンスを、コマンド ライン管理ツール: SqlLocalDB.exe を使って SQL Server 2019 LocalDB にアップグレードすることはできるようです。

ググって調べると、Upgrade Visual Studio 2019’s LocalDB to SQL 2019 とか Upgrading SQL Server LocalDb などの方法を書いた記事がヒットします。

その方法というのは、(a) 既存の自動インスタンスを削除、(b) 新たに SQL Server 2019 LocalDB の自動インスタンスを作成、(c) 既存のデーターベースを新たに作成した自動インスタンスにアタッチする・・・ということになるようです。

上の (c) にリスクがありそうです。SQL Server 2019 LocalDB の自動インスタンスが必須というわけではない現状では、アップグレードには手を出さない方が良さそうな感じです。

(3) (localdb)\ProjectModels (SQL Server 15.0.4153 ...)

これは自分で作った記憶がなくて、Visual Studio 2022 で SSDT 関係の操作をしたとき自動的に作られたもののようです。

Microsoft の Developer Community の記事 (localdb)\ProjectsV13 not setup when installing Visual Studio 2022 に説明がありました。

自分の環境では、Visual Studio 2019 で、一緒にインストールされた SQL Server 2016 LocalDB をベースに、(localdb)\ProjectsV13 という名前のインスタンスが作られて、それがそのまま残っている。その後 Visual Studio 2022 を使うようになって、一緒にインストールされた SQL Server 2019 LocalDB をベースに (localdb)\ProjectModels という名前のインスタンスが作られたということのようです。

Visual Studio にインストールした SSDT が使うもので、開発者がアプリで使うものではないようです。

(4) (localdb)\ProjectsV13 (SQL Server 13.0.4001 ...)

上にも書きましたが、Visual Studio 2019 で一緒にインストールされた SQL Server 2016 LocalDB をベースに (localdb)\ProjectsV13 という名前のインスタンスが作られたようです。

一体それは何かですが、Stsckoverflow の記事 Purpose of ProjectsV13 LocalDB instance に以下のように書いてありました。

"The primary reason is to avoid conflicts with any "production" databases on MSSQLLocalDB. SSDT creates a new database for every database project you open. If your project is called Adventureworks, this might conflict with an Adventureworks database created by web projects or that are used by local ASP.NET applications you are running / debugging. Since SSDT does this automatically, in the background, it was felt that there was too high a risk of conflict. Hence, a separate instance is used."

上の (3) の (localdb)\ProjectModels も同じだと思います。

Tags: , , ,

DevelopmentTools

LocalDB の照合順序

by WebSurfer 24. September 2020 11:28

Microsoft LocalDB の照合順序はデフォルトで SQL_Latin1_General_CP1_CI_AS になるそうです。今更ながらですが調べてみたらそうなってました。

LocalDB の照合順序

Microsoft の Blog の記事「[SQL Azure] Unicode型列(NCHAR/NVARCHAR) に格納されるデータが “?” になる」によると、SQL Azure も同じだそうです。

なので、その記事にも書いてありますが、以下のような N プレフィックスを使わない SQL では文字化けします。

INSERT INTO [Table] ([Name]) VALUES ('あいうえお')

知ってました? 何をいまさらと言われそうですけど。(汗)

SQL 文をパラメータ化し ADO.NET + SqlClient を利用して INSERT, UPDATE 操作を行えば、内部的に N プレフィックスが付与された SQL 文に変換されて実行され、文字化けの問題は起こらないので、気が付かないかもしれません。(詳しくは先の記事「パラメータ化の副次的な効用」参照)

Visual Studio を使って ASP.NET プロジェクトを作る際[個別のユーザーアカウント]を選ぶと、ASP.NET Identity のユーザー情報のストアはデフォルトで LocalDB を使う設定となり、EF Code First で生成されるデータベースの照合順序も同じく SQL_Latin1_General_CP1_CI_AS になります。

自分でモデルを定義してそれをベースに EF Code First でデータベースを生成する場合も、接続文字列で LocalDB に接続する設定がされていると当然 LocalDB にデータベースが生成されますが、同様に照合順序は SQL_Latin1_General_CP1_CI_AS になります。

ASP.NET MVC アプリでは Linq to Entities を使って DbContext クラスを継承したコンテキストクラスを操作してデータベースとのやり取りを行うケースが多いですが、そういう場合も内部的に N プレフィックスが付与された SQL 文に変換されて実行されるようで、文字化けの問題は起こらなかったです。

Tags: ,

SQL Server

「常にコピーする」の意味

by WebSurfer 29. September 2018 13:32

下の画像の「常にコピーする」の「常に」の意味が、Visual Studio 2010 と Visual Studio 2015(以下、VS2010、VS2015 と書きます)では違っているという話を書きます。

出力ディレクトリにコピー

どう違うかと言うと、VS2010 ではソースコードを変更してリビルドしてから実行した場合にコピーされますが、VS2015 ではソースコードは一切変更しなくても実行するたびコピーされます。SQL Server Express のユーザーインスタンスだけでなく LocalDB の場合も同じです。

それを知らないと上記の機能を利用したアプリの開発の際、期待した結果にならなくて焦るかもしれません。何を隠そう自分がそうだったのですが。(笑) どういうことだったかと言うと以下の通りです。

開発中のアプリで DB に INSERT, DELETE, UPDATE 等の操作をしてから一旦アプリを閉じた後、DB に反映された結果を見るために、再度アプリを実行して DB の内容を表示するということがあると思います。

そういう場合、VS2010 では編集結果が表示されますが、VS2015 では編集前の元のファイルがコピーされてそれを見ることになるので、アプリが期待通り動いてないと勘違いして焦るということです。(笑)

話としては以上なのですが、それだけではブログの記事としては書き足りない気がしましたので、少し追加情報を書いておきます。

普通に SQL Server に接続してアプリを開発しようとすると、SQL Server の既定のインスタンス(または、名前付きインスタンス)に接続することになります。

既定のインスタンス(または、名前付きインスタンス)を使えるようにするには SQL Server 側の設定がいろいろ面倒ですし、そこがクリアできても Visual Studio の Express 版からでは接続できないという問題もありました。

なので、SQL Server の Express 版のユーザーインスタンスや LocalDB を使って、アプリを起動する都度 .mdf ファイルをアタッチして接続するというファイルベースの開発を行う機能が提供されています。

その際「出力ディレクトリにコピー」の設定で、出力ディレクトリに .mdf ファイルをコピーを作成してそれをアタッチする設定にすることができます。

出力ディレクトリとは Windows Forms アプリの場合は .exe ファイルが出力されるフォルダ、ASP.NET Web アプリの場合は App_Data フォルダになります。接続文字列では |DataDirectory| と指定されます。

その「出力ディレクトリにコピー」のデフォルトが「常にコピーする」になります。

「常にコピーする」の他に「コピーしない」「新しい場合はコピーする」というオプションがあります。詳しくは、@IT の記事「Visual Studio 2005でデータベースの更新が反映されない場合には?」を見てください。

VS2005 は上の記事によると「再度アプリケーションをデバッグ実行すると、そのDBファイルは上書きされてしまう」とのことです。VS2008、VS2013、VS2017 等ではどうなるか不明です。

Tags: ,

DevelopmentTools

About this blog

2010年5月にこのブログを立ち上げました。主に ASP.NET Web アプリ関係の記事です。

Calendar

<<  April 2024  >>
MoTuWeThFrSaSu
25262728293031
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293012345

View posts in large calendar