WebSurfer's Home

トップ > Blog 1   |   Login
Filter by APML

Dispose パターン

by WebSurfer 31. May 2019 18:30

Visual Studio Community 2015(以下、VS2015 と書きます)には Dispose パターンに準拠したコードの骨組みを自動生成する機能が追加されています。

Dispose パターンの実装

上の画像がそれで、Disposable とタイプすると電球マークが表示されるので、その横の▼印をクリックすると Disposeパターンを選択できるようになります。

ここで、[Dispose パターンを使ってインターフェイスを実装します]にマウスをポイントすると以下の画像(Dispose パターンの骨組みのコード)が表示され、クリックするとそのコードがクラスに挿入されます。

([... 明示的に ...]の方を選ぶと、Dispose メソッドが IDisposable.Dispose と明示的に実装されます。その場合、クラスインスタンスから Dispose には直接アクセスできませんので注意してください。明示的の使い道は調べてなくて不明です)

コードの実装

そういう機能が追加されていることを知ってました? 実は自分は最近まで知らなかったです。(汗) VS2010 にはその機能はありませんでしたので、VS2012 ~ VS2015 のどれかから追加されたようです。

Dispose パターンの実装については、Microsoft のドキュメント「Dispose メソッドの実装」などに書かれていますが、読んでもよく分かりませんでした。(笑)

(ちなみに、VS2015 で自動生成されるのは上の Microsoft のドキュメントの「Dispose パターンには 2 種類あります」以下に書いてある後者の Object.Finalize メソッドをオーバーライドする方です)

VS2015 で自動生成されたコードと、ネットの情報「確保したリソースを忘れずに解放するには?」や「C# のファイナライザ、Dispose() メソッド、IDisposable インターフェースについて」などを読んで、やっと Dispose パターンを理解できたような気がします。

Dispose パターンの実装が必要なのは、アンマネージドリソースを使用するクラスのみです。アンマネージドリソースの種類で一般的なのは、ファイル、ウィンドウ、ネットワーク接続、データベース接続などのオペレーティングシステムリソースをラップしたオブジェクトです。

.NET Framework のクラスライブラリの中にも、例えば FileStream のようにファイルを開くために Windows API を呼び出してファイルハンドルを保持するというように、アンマネージドリソースを利用するものがあります。

そういうクラスは、IDisposable インターフェイスを継承して Dispose パターンを使った実装がされていて、Dispose メソッドでアンマネージドリソースを開放できるようになっているはずです。

ソースを見たわけではないので、.NET Frameowrk のクラスライブラリの全部が全部そうなのかは分かりませんが、Dispose メソッドを実装しているクラスは内部でアンマネージドリソースを使っていると考えて、そのオブジェクトが使用されなくなった時点で Dispose メソッドを呼び出すことを基本とすべきと思います。

自分で作るカスタムクラスの場合、マネージドリソースしか保持しない場合は Dispose パターンの実装は不要です。必要なのはアンマネージドリソースを保持する場合のみですが、それには以下のケースがあると思います。

  1. Dispose パターンを実装した .NET のクラスのインスタンスを保持している。
  2. クラス内でアンマネージドリソースを取得し、それを保持している。  

VS2015 のウィザードが生成する Dispose パターンの骨組みのコードを利用して、上記 1 および上記 1 + 2 のケースでコードを実装してみます。

上記 1 のケース

Dispose パターンを実装した .NET のクラスの例として DataSet を使いました。

public class DisposableSample : IDisposable
{
    private DataSet myDataSet;

    public DisposableSample()
    {
        myDataSet = new DataSet();
        // ・・・中略・・・
    }

    private bool disposedValue = false; // 重複呼出の検出用

    protected virtual void Dispose(bool disposing)
    {
        if (!disposedValue)
        {
            if (disposing)
            {
                // .NET のオブジェクトを解放
                myDataSet.Dispose();
            }

            disposedValue = true;
        }
    }

    public void Dispose()
    {
        Dispose(true);
    }
    
    // ・・・中略・・・
}

上記 1 + 2 のケース

アンマネージド(= GC では解放できない)リソースの例として SqlConnection で接続プールから取得する接続を使いました。接続プールはデフォルトで有効で、SqlConnection を Open すると接続プールから接続を取得してきます。

public class DisposableSample : IDisposable
{
    private DataSet myDataSet;
    private SqlConnection connection;

    public DisposableSample()
    {
        myDataSet = new DataSet();

        // アンマネージドリソースを取得
        string connString = ConfigurationManager.
                            ConnectionStrings["MyDB"].
                            ConnectionString;
        connection = new SqlConnection(connString);
        connection.Open();

        // ・・・中略・・・
    }

    private bool disposedValue = false; // 重複呼出の検出用

    protected virtual void Dispose(bool disposing)
    {
        if (!disposedValue)
        {
            if (disposing)
            {
                // .NET のオブジェクトを解放
                myDataSet.Dispose();
            }

            // アンマネージドリソースを解放
            // SqlConnection の Dispose と Close は同じ
            connection.Dispose();

            disposedValue = true;
        }
    }

    // Dispose し忘れても、ガベージコレクタが働いたときに
    // ファイナライザが呼ばれるので、そこでアンマネージド
    // リソースを解放できるよう以下のコードを実装する。
    // C++ のデストラクタの構文だが、C# ではこれによりフ
    // ァイナライザをオーバーライドすることになるらしい
    ~DisposableSample() 
    {
        Dispose(false);
    }

    public void Dispose()
    {
        Dispose(true);

        // 上の Dispose(bool disposing) メソッドでアンマネー
        // ジドリソースを解放した場合はファイナライザが実行
        // されないようにする
        GC.SuppressFinalize(this);
    }

    // ・・・中略・・・
}

上のコードのアンマネージドリソースの取得で、実際にこのような形で接続を保持するケースはないのかもしれませんが、他に具体例が思いつかなかったのでこうしてみました。

プログラマが Dispose() するのを忘れた場合でもガベージコレクタは働きます。ガベージコレクタではアンマネージドリソースは開放できませんが、その際ファイナライザが呼び出されます。なので、最悪でもファイナライザでアンマネージドリソースを開放できるようにしています。

Dispose() メソッドが呼ばれ、それから Dispose(bool disposing) メソッドが呼ばれてアンマネージドリソースを解放した場合は GC.SuppressFinalize(this) を呼び出します。 ファイナライザの実行はパフォーマンスに大きな影響を与えるそうですが、GC.SuppressFinalize メソッドを呼び出しておくと、ファイナライザの呼び出しは行われなくなります。

Tags: , , ,

.NET Framework

About this blog

2010年5月にこのブログを立ち上げました。その後 ブログ2 を追加し、ここは ASP.NET 関係のトピックス、ブログ2はそれ以外のトピックスに分けました。

Calendar

<<  November 2019  >>
MoTuWeThFrSaSu
28293031123
45678910
11121314151617
18192021222324
2526272829301
2345678

View posts in large calendar