WebSurfer's Home

トップ > Blog 1   |   ログイン
APMLフィルター

「常にコピーする」の意味

by WebSurfer 2018年9月29日 13:32

下の画像の「常にコピーする」の「常に」の意味が、Visual Studio 2010 と Visual Studio 2015(以下、VS2010、VS2015 と書きます)では違っているという話を書きます。

出力ディレクトリにコピー

どう違うかと言うと、VS2010 ではソースコードを変更してリビルドしてから実行した場合にコピーされますが、VS2015 ではソースコードは一切変更しなくても実行するたびコピーされます。SQL Server Express のユーザーインスタンスだけでなく LocalDB の場合も同じです。

それを知らないと上記の機能を利用したアプリの開発の際、期待した結果にならなくて焦るかもしれません。何を隠そう自分がそうだったのですが。(笑) どういうことだったかと言うと以下の通りです。

開発中のアプリで DB に INSERT, DELETE, UPDATE 等の操作をしてから一旦アプリを閉じた後、DB に反映された結果を見るために、再度アプリを実行して DB の内容を表示するということがあると思います。

そういう場合、VS2010 では編集結果が表示されますが、VS2015 では編集前の元のファイルがコピーされてそれを見ることになるので、アプリが期待通り動いてないと勘違いして焦るということです。(笑)

話としては以上なのですが、それだけではブログの記事としては書き足りない気がしましたので、少し追加情報を書いておきます。

普通に SQL Server に接続してアプリを開発しようとすると、SQL Server の既定のインスタンス(または、名前付きインスタンス)に接続することになります。

既定のインスタンス(または、名前付きインスタンス)を使えるようにするには SQL Server 側の設定がいろいろ面倒ですし、そこがクリアできても Visual Studio の Express 版からでは接続できないという問題もありました。

なので、SQL Server の Express 版のユーザーインスタンスや LocalDB を使って、アプリを起動する都度 .mdf ファイルをアタッチして接続するというファイルベースの開発を行う機能が提供されています。

その際「出力ディレクトリにコピー」の設定で、出力ディレクトリに .mdf ファイルをコピーを作成してそれをアタッチする設定にすることができます。

出力ディレクトリとは Windows Forms アプリの場合は .exe ファイルが出力されるフォルダ、ASP.NET Web アプリの場合は App_Data フォルダになります。接続文字列では |DataDirectory| と指定されます。

その「出力ディレクトリにコピー」のデフォルトが「常にコピーする」になります。

「常にコピーする」の他に「コピーしない」「新しい場合はコピーする」というオプションがあります。詳しくは、@IT の記事「Visual Studio 2005でデータベースの更新が反映されない場合には?」を見てください。

VS2005 は上の記事によると「再度アプリケーションをデバッグ実行すると、そのDBファイルは上書きされてしまう」とのことです。VS2008、VS2013、VS2017 等ではどうなるか不明です。

Tags: ,

DevelopmentTools

Visual Studio で Edge 利用

by WebSurfer 2017年2月18日 14:26

先日買った Windows 10 Pro 64-bit のノート PC に旧マシンから開発環境を移していますが、Visual Studio で開発中の Web アプリを Edge で開けないという問題に遭遇しました。一応解決したので、自分が行った解決方法を備忘録として書いておきます。

Windows 10 には Microsoft Edge という新しいブラウザが標準として搭載されています。

その Edge を使うと、Visual Studio から開発中の Web アプリを開けないだけでなく、Edge を単独で立ち上げてアドレスバーにローカル IIS で動くように設定した Web アプリの URL を入力しても表示されません。

ググって調べてみると、Edge はセキュリティが厳しくなって、ローカルホスト(ホスト名に関係なく IP アドレス 127.0.0.1 がアクセス先のホスト)へのアクセスが制限されているそうです。

解決策として、Edge のアドレスバーに about:flags と入力して表示される「開発者向け設定」で[ローカルホスト ループバックを許可する]にチェックを入れて Edge を再起動するという記事がいくつか見つかりました。

ローカルホストループバックの許可

で、早速自分もやってみました・・・が、ダメでした。(涙) 依然として Edge はローカルホストにはアクセスできません。当然 Visual Studio からローカルホストの Web アプリを開くこともできません。

さらにググって調べてみると、コントロールパネルから開く「インターネットオプション」で、ローカルイントラネットゾーンに含めるサイトの定義を変更するという記事を見つけました。

イントラネット Web サイトの設定

具体的には上の画像のように、[セキュリティ]タブ ⇒[ローカルイントラネット]⇒[サイト(S)]で表示される「ローカルイントラネット」ダイアログで[ほかのゾーンに指定されてないローカル (イントラネット) のサイトをすべて含める(Z)]のチェックを外します。

結果、Visual Studio 2010 / 2015 ともローカルホストの Web アプリを Edge で開くことができるようになりました。もちろん Edge を単独で立ち上げてアドレスバーにローカルホストの URL を入力しても表示できます。

Edge でのローカルホストサイト表示

上の画像は、Visual Studio 2015 のテンプレートを使って自動生成させたインターネット用 Web サイトアプリケーションです。

ローカル IIS 上でホスト名 websiteproject.com で動くように設定し、hosts ファイルでそのホスト名の IP アドレスを 127.0.0.1 に設定し、Visual Studio 2015 でサイトを開いて実行させています。

(ググって調べた記事の中に CheckNetIsolation.exe コマンドを使って設定するというものがいくつかありました。Edge のアドレスバーに about:flags として設定できなかった古いバージョンではそれを使っていたようです。なお、CheckNetIsolation.exe コマンドが「インターネットオプション」の変更まで行ってくれるかどうかは分かりません)

Tags: , ,

DevelopmentTools

About this blog

2010年5月にこのブログを立ち上げました。その後 ブログ2 を追加し、ここは ASP.NET 関係のトピックス、ブログ2はそれ以外のトピックスに分けました。

Calendar

<<  2018年12月  >>
2526272829301
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
303112345

View posts in large calendar