WebSurfer's Home

トップ > Blog 1   |   ログイン
APMLフィルター

inc ファイルの C# コードにブレークポイント

by WebSurfer 2018年1月22日 19:02
ASP.NET で使用する .inc ファイルの C# コードにブレークポイントを設定するにはどうすればいいかを書きます。(そもそも .inc ファイルに C# のコードを書く必要があるのかという話はちょっと置いときます)

inc ファイルのコードにブレークポイント

元の話は terateil のスレッド ASP.NETのデバッグについてです。

C# のコードを .inc ファイルに含めて、コードビハインドの .aspx.cs ファイルの C# のコードと同様に ASP.NET にコンパイルさせることができます。

ただし、少なくとも自分の環境では、デフォルトではブレークポイントを設定できませんでした。クリックして特定の行にブレークポイントを設定しようとすると <script runat="server"> の行に設定されるように見えますが、デバッグ実行で止まりません。

どうすればよいかと言うと、Visual Studio の設定で[ツール(T)]⇒[オプション(O)...]⇒[テキストエディタ]のファイル拡張子に inc を追加してやります。

テキストエディター、ファイル拡張子の設定

Visual Studio のヘルプによると、この設定で "特定の拡張子を持つすべてのファイルを Visual Studio 統合開発環境 (IDE) で扱うように指定できます" とのことです。文字のハイライトやインテリセンスが働くようになるだけでなく、ブレークポイントの設定も可能になります。(自分の環境では、.inc ファイルをいったん閉じて再度開く必要がありましたが)

知ってました? 実は、自分は teratail のスレッドで聞くまで知らなかったです。もっと正直に言うと、C# のコードを .inc ファイルに含めても、リテラル扱いとなって、生の C# のコードがそのまま html ソースに出力されると思ってました。(汗)

以下に、検証に使ったコードと、若干のコメント・注意点を書いておきます。

.inc ファイル

この例では JavaScript のコードと C# のコードの両方を含めました。JavaScript のコードは、インラインで .aspx ファイルに書き込んだのと同様にリテラルとして取り込まれ、そのまま html ソースに書き出される。一方、C# のコードはコードビハインド扱いとなり、.aspx.cs ファイル の C# のコードと同様にコンパイルされます。

System.Diagnostics.Debugger.Break(); はブレークポイントが設定できないと思ったので代わりに置いたものです。不要となったのでコメントアウトしました。

<script type="text/javascript">
    var msg = "message";
    // alert(msg);
</script>

<script runat="server">
    protected void Selection_Change(Object sender, EventArgs e)
    {
        //System.Diagnostics.Debugger.Break();
        
        DropDownList ddl = (DropDownList)sender;

        Label1.Text = ddl.SelectedValue;
        
        int i;
        for (i = 0; i < 10; i++)
        {
            //System.Diagnostics.Debugger.Break();
        }
        
        Label1.Text += ", i = " + i.ToString();
    }
</script>

.aspx.cs ファイル

コードビハインドとして Visual Studio が自動生成した C# のコードです。自動生成されたコードのそのままで手は加えていません。

using System;
using System.Collections.Generic;
using System.Linq;
using System.Web;
using System.Web.UI;
using System.Web.UI.WebControls;

public partial class _0023_includeFile : System.Web.UI.Page
{
    protected void Page_Load(object sender, EventArgs e)
    {
        
    }
}

.aspx ファイル

<!-- #include file ="analytics.inc" --> で上の .inc ファイルを取り込みます。本体には DropDownList と Label を配置。DropDownList の SelectedIndexChanged イベントのハンドラは .inc ファイルの C# のコードに定義しました。

ASP.NET がこのコードをコンパイルする際、.inc ファイルの JavaScript のコードはそのままリテラルとして取り込まれます(結果、html ソースにはその位置にそのまま JavaScript のコードが書き出されます)。.inc ファイルと .aspx.cs ファイルの C# のコードはコンパイルされます。

<%@ Page Language="C#" AutoEventWireup="true" 
    CodeFile="0023-includeFile.aspx.cs" 
    Inherits="_0023_includeFile" %>

<!DOCTYPE html>

<html xmlns="http://www.w3.org/1999/xhtml">
<head runat="server">
  <title></title>
  <!-- #include file ="analytics.inc" -->
</head>
<body>
  <form id="form1" runat="server">
  <div>
    <asp:DropDownList id="ColorList"
      AutoPostBack="True"
      OnSelectedIndexChanged="Selection_Change"
      runat="server">
      <asp:ListItem Selected="True" Value="White">
        White
      </asp:ListItem>
      <asp:ListItem Value="Silver">
        Silver
      </asp:ListItem>
      <asp:ListItem Value="DarkGray">
        Dark Gray
      </asp:ListItem>
      <asp:ListItem Value="Khaki">
        Khaki
      </asp:ListItem>
      <asp:ListItem Value="DarkKhaki">
        Dark Khaki
      </asp:ListItem>
    </asp:DropDownList>
    <br />
    <asp:Label ID="Label1" runat="server" />
  </div>
  </form>
</body>
</html>

Tags: ,

ASP.NET

About this blog

2010年5月にこのブログを立ち上げました。その後 ブログ2 を追加し、ここは ASP.NET 関係のトピックス、ブログ2はそれ以外のトピックスに分けました。

Calendar

<<  2018年5月  >>
293012345
6789101112
13141516171819
20212223242526
272829303112
3456789

View posts in large calendar