WebSurfer's Home

トップ > Blog 1   |   ログイン
APMLフィルター

SqlParameter の Size 指定

by WebSurfer 2010年7月29日 12:26

SqlParameter を SqlParameterCollection に追加する際、SqlParameterCollection.Add メソッドを使って以下のように設定することがよくあると思います。

command.Parameters.Add("@CustomerID", SqlDbType.NChar, 5, "CustomerID");
command.Parameters.Add("@CompanyName", SqlDbType.NVarChar, 40, "CompanyName");

この時、3 つめの引数の SqlParameter.Size プロパティの値はどのようにすべきでしょうか? 例えば、フィールドの定義が nchar(5) だったら、上記のように 5 にすべきでしょうか? SqlDbType.Int だったら 4 にすべきでしょうか?

個人的には、特に必要がない限り 0 に統一しておくのがよいと思います。理由は以下のとおりです。

  • 固定長データ型では、Size の値は無視される。
  • 可変長データ型では、Size はサーバーに送信するデータの最大量を示す。ただし、0 の場合は制限しない。

「0 の場合は制限しない」というところが要注意です。MSDN ライブラリにはそのことは書いてありませんが、検証して確認しました。また、自動生成される TableAdapter のコードの中では、可変長データ型のデータも含めてすべて 0 が使われていますので、間違いないと思います。

わざわざ調べて意味のない(どのみち無視される)情報を書いたり、場合によっては不適切な値を書いたり、必要がある場合と見分けがつかなくなったり・・・というのは、どう考えても面白くないですよね?

通常 0 を使うと決めておけば、0 以外の数字が入っている時はそれなりの意味がある(設定する必要があるので数字が入っている)ということがすぐ分かります。

ただし、固定長データ型で情報として利用するとか、可変長データ型でサーバーに送信する文字数を切り詰めるなど、値を指定することに意味があるケースもあるようです。

詳しくは、MSDN ライブラリの SqlParameter.Size プロパティ を参照してください。(リンク先は .NET 3.0 のものです。.NET 4.0 は若干書いてあることが違います。仕様が変わったのかどうかは不明(未調査)です。)

Tags: ,

ADO.NET

ImageButton と W3C 検証

by WebSurfer 2010年7月28日 14:43

ASP.NET の ImageButton コントロールを配置したページを W3C Markup Validation Service で検証すると、「あなたが使用しているドキュメントタイプではサポートされていない属性(border="0")が使われている」というエラーが出ます。

W3C 検証画面

ドキュメントタイプは ASP.NET のデフォルトで、XHTML 1.0 Transitional と宣言しています。border 属性の使用は、Strict ではダメですが、Transitional では許されているはずなんですが・・・

それはともかく、オリジナルの *.aspx コードにはそのような属性を指定していないにも関わらず、何故 ASP.NET が border="0" という古い属性のコードを書き出すのでしょう?

それは、W3C Markup Validation Service から ASP.NET が要求を受けた際、要求元を古いブラウザと解釈するからだそうです。

ちなみに、IE8 や Firefox 3.6.7 などの新しいブラウザから同じページを要求すると、style="border-width:0px;" となって、XHTML1.0 Strict でも有効な HTML/CSS のコードになります。

この件は ASP.NET Forum にもレポートされていて、回避策も書かれています。リンク切れになると困るのでここにもその回避策を書いておきます。(2011/8/20追記: MSDN ライブラリ にも対応方法が書いてありました。下の追記参照)

アプリケーション・ルート直下に App_Browsers フォルダを設け、その中に以下の内容の .browser ファイルを配置します。これによって ASP.NET は W3C Markup Validation Service に対して IE8 や Firefox 3.6.7 と同じコードを送信するようになるはずです。

<browsers>
  <browser id="w3cValidator" parentID="default">
    <identification>
      <userAgent match="^W3C_Validator" />
    </identification>

    <capture>
      <userAgent match="^W3C_Validator/(?'version'(?'major'\d+)(?'minor'\.\d+)\w*).*" />
    </capture>

    <capabilities>
      <capability name="browser" value="w3cValidator" />
      <capability name="majorversion" value="${major}" />
      <capability name="minorversion" value="${minor}" />
      <capability name="version" value="${version}" />
      <capability name="w3cdomversion" value="1.0" />
      <capability name="xml" value="true" />
      <capability name="tagWriter" value="System.Web.UI.HtmlTextWriter" />
    </capabilities>
  </browser>
</browsers>

なお、上記は ASP.NET 3.5 の話で、ASP.NET 4.0 でどうなっているかは未確認です。


------ 2011/8/20 追記 ------

MSDN ライブラリの Visual Studio と ASP.NET の XHTML 標準 の「マークアップ検証に対するブラウザー機能の構成」というセクションに、本件に関する記述がありました。

.NET Framework 4 の記事なので、サーバを ASP.NET 4 にアップグレードしても、ブラウザー定義を追加しての対応は必要なようです。

なお、そこで紹介されている W3C 検証用のブラウザ定義は以下の通りです。

<browsers>
  <browser id="W3C_Validator" parentID="default">
    <identification>
      <userAgent match="^W3C_Validator" />
    </identification>
    <capabilities>
      <capability name="browser" value="W3C Validator" />
      <capability name="ecmaScriptVersion" value="1.2" />
      <capability name="javascript" value="true" />
      <capability name="supportsCss" value="true" />
      <capability name="tables" value="true" />
      <capability name="tagWriter" 
         value="System.Web.UI.HtmlTextWriter" />
      <capability name="w3cdomversion" value="1.0" />
    </capabilities>
  </browser>
</browsers>

W3C のホームページの User's guide for the W3C Markup Validator によると、通常の User-Agent は W3C_Validator/xx.xxxx とのことなので、MSDN ライブラリのブラウザ定義の方が適切だと思います。

Tags: ,

ASP.NET

再帰を使って FindControl

by WebSurfer 2010年7月27日 22:01

先のポストで、特定のコントロールのオブジェクトを取得するには FindControl メソッドを使うと書きましたが、見つけられないケースがあります。

例えば、Wizard コントロールの FinishButton は、Wizard.FindControl メソッドでは見つかりません。

階層構造は以下のようになっていて、FinishButton は FinishNavigationTemplateContainer に含まれています。そこでなら FindControl メソッドで取得できますが、それより上位のコントロールからでは取得できません。

Wizard

WizardChildTable

TableRow

TableCell

FinishNavigationTemplateContainer

この例に限らず、FindControl メソッドでコントロールを見つけられないというケースは結構あると思います。そのあたりの詳しい理由は MSDN ライブラリの 方法: ID を使用してサーバー コントロールにアクセスする を見てください。

そのような場合で、かつ、名前つきコンテナーへの参照が取得できない場合は、上記の MSDN ライブラリの「名前付けコンテナーの内部にあるコントロールの検索」のセクションに書いてあるように、再帰によってコントロールを見つけるメソッドを自力で書いて使うのが確実だと思います。

以下のような感じです。

protected Control FindControlRecursive(Control root, string id)
{
  if (root.ID == id)
  {
    return root;
  }

  foreach (Control ctrl in root.Controls)
  {
    Control foundCtrl = FindControlRecursive(ctrl, id);
    if (foundCtrl != null)
    {
        return foundCtrl;
    }
  }
  return null;
}

Tags:

ASP.NET

About this blog

2010年5月にこのブログを立ち上げました。その後 ブログ2 を追加し、ここは ASP.NET 関係のトピックス、ブログ2はそれ以外のトピックスに分けました。

Calendar

<<  2018年10月  >>
30123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031123
45678910

View posts in large calendar