WebSurfer's Home

トップ > Blog 1   |   Login
Filter by APML

リソースから画像を取得する際の注意点

by WebSurfer 6. February 2018 17:02

リソースから画像を取得すると、取得するたび毎回新しい Bitmap オブジェクトが生成されるいう話を書きます。(元の話は MSDN Forum のスレッド「C#でのIF文を使ったフォーム背景画像の設定方法について」のものです)

リソースの画像

Visual Studio 2015 のテンプレートから Windows Forms アプリを生成すると、Properties フォルダ下にリソースファイル Resources.resx と厳密に型指定されたリソースクラス Resources.Designer.cs が自動生成されます。上の画像は、そのリソースに .png ファイルを追加したものです。

そうすると、厳密に型指定されたリソースクラス Resources.Designer.cs に以下のコードが自動生成されて、image プロパティでリソースの .png ファイルから Bitmap オブジェクトを取得できるようになります。

internal static System.Drawing.Bitmap image {
  get {
    object obj = 
      ResourceManager.GetObject("image", resourceCulture);
    return ((System.Drawing.Bitmap)(obj));
  }
}

image プロパティは ResourceManager.GetObject メソッドを使っているところに注目してください。

MSDN ライブラリ ResourceManager.GetObject メソッド (String, CultureInfo) の説明によると "同じ name パラメーターで GetObject メソッドを複数回呼び出した場合、戻り値が同じオブジェクトの参照になるとは限りません・・・" とありますが、画像の場合は毎回新しい Bitmap オブジェクトが生成されるようです。

リソースから画像取得

上の画像で isEqual1 が false になることがそれを裏付けていると思います。isEqual2 は当然ながら true になります。

それがどうしたって言われそうですが、自分としては新しい発見だったということで備忘録として書いておくことにしました。(笑)

Tags: ,

.NET Framework

MonthCalendar の Size

by WebSurfer 4. November 2017 14:32

MonthCalendar

Windows Forms アプリケーション用に、カレンダーを表示してユーザーが日付を選択できる MonthCalendar コントロールがあります。

その Size プロパティから MonthCalendar のサイズを取得する際、タイミングによっては正しいサイズが取得できない、その場合でもデバッガで MonthCalendar を開いてその中身を見ると正しいサイズになるという不可解なことがありました。

具体的には、下のコードの Button_Click メソッドをデバッガでステップ実行させ、コメント (3) の行で止めて Size プロパティを見ると 178 x 155 となっているが、calendar の中身をデバッガで開いて見た後で Size プロパティを見ると 199 x 162 と正しい値になるというものです。

その理由を調べたので備忘録として書いておきます。なお、元の話は Teratail のスレッド「VisualStudioでデバッグ中にプロパティの値が変化する」です。

using System;
using System.Collections.Generic;
using System.ComponentModel;
using System.Data;
using System.Drawing;
using System.Linq;
using System.Text;
using System.Threading.Tasks;
using System.Windows.Forms;

namespace WindowsFormsApplication2
{
  public partial class Form1 : Form
  {
    public Form1()
    {
      InitializeComponent();

      Button button = new Button();
      button.Click += Button_Click;
      this.Controls.Add(button);
    }

    private void Button_Click(object sender, EventArgs e)
    {
      Form f = new Form();
      Size size1 = f.Size;    // (1) W: 300, H: 300
      f.Size = new Size(200, 200);
      size1 = f.Size;         // (2) W: 200, H: 200

      MonthCalendar calendar = new MonthCalendar();
      Size size2 = calendar.Size;   // (3) W: 178, H: 155
      calendar.Size = new Size(200, 200);
      size2 = calendar.Size;        // (4) W: 178, H: 155
      f.Controls.Add(calendar);
      size2 = calendar.Size;        // (5) W: 178, H: 155
      f.Show();
      size2 = calendar.Size;        // (6) W: 199, H: 162

      f.ClientSize = calendar.Size;
    }
  }
}

上に書いた「不可解なこと」の理由は、多少想像が入っていますが、以下のようなことだと思われます。

  1. MonthCalendar のサイズを決定するのは使用されるフォントのみ。MonthCalendar.Size プロパティの設定では変えられない・・・コメント (4) 参照。
  2. new MonthCalendar() の時点ではフォントが不明なので MonthCalendar のサイズは未定。
  3. コメント (3) の時点で Size プロパティを見ると 178 x 155 となっているが、それはデフォルト値でフォントを反映した正しいサイズではない。
  4. コメント (3) の時点で calendar.Size の calendar にマウスカーソルを当てて開くと、その時点で calendar が初期化され、使用されるフォントに応じて正しいサイズが Size プロパティに設定される。
  5. その後で calendar.Size の Size にマウスカーソルを当てると正しいサイズ 199 x 162 が取得できる。
  6. デバッガで calendar を開いて見るということをしなければ、使用されるフォントに応じて正しいサイズが Size プロパティに設定されるのは、上記のコードでは f.Show(); の時点。
  7. その後であれば、calendar.Size で正しいサイズを取得でき、それを Form の ClientSize に設定してやれば上の画像の通り calendar がフォーム内にぴったり収まる。

上のことを書いた Microsoft の公式文書などは見つからないのですが、コードで検証した結果が上記の想像は正しいことを裏付けていると思います。

Tags: ,

.NET Framework

HttpWebRequest で WCF サービスを呼出

by WebSurfer 26. March 2017 14:36

先の記事 WCF と jQuery AJAX では、JSON 文字列をデータとしてやり取りする WCF サービスのメソッドを、jQuery.ajax を使って呼び出してデータを取得する方法を書きました。

この WCF サービスのメソッドを HttpWebRequest / HttpWebResponse を利用して呼び出して JSON 文字列のデータを取得し、それを逆シリアル化して C# のオブジェクトに変換する方法を書きます。

ここでは例として先の記事の WCF サービスの GetCarsByDoors(int doors) メソッドを POST 要求してみます。

まず、JSON 文字列が逆シリアル化された際の C# のクラス / プロパティを書き、それらに DataContract / DataMember 属性を付与してデータコントラクトを定義します。

JSON 文字列から C# のクラス / プロパティの変換は json2csharp のような変換サービスを利用すると簡単にできると思います。

先の記事のコードでは、WCF サービスの GetCarsByDoors(int doors) メソッドの応答の JSON 文字列は "GetCarsByDoorsResult" でラップされるように設定されていますので、それを考慮して以下のようなデータコントラクト定義になります。

[DataContract]
public class RootObject
{
    // GetCarsByDoorsResult は WCF サービスメソッドに付与した
    // BodyStyle = WebMessageBodyStyle.WrappedRequest による
    // ラップの名前(ラップするのはセキュリティ対策)
    [DataMember]
    public List<Car> GetCarsByDoorsResult { get; set; }
}

[DataContract]
public class Car
{
    [DataMember]
    public string Make { get; set; }

    [DataMember]
    public string Model { get; set; }

    [DataMember]
    public int Year { get; set; }

    [DataMember]
    public int Doors { get; set; }

    [DataMember]
    public string Colour { get; set; }

    [DataMember]
    public float Price { get; set; }
}

HttpWebRequest を利用して WCF サービスの GetCarsByDoors(int doors) メソッドを要求し JSON 文字列をデータとして POST 送信します。ここでは例として "{\"doors\":5}" という 5 ドア車を要求する JSON 文字列を設定しています。

HttpWebResponse を利用して応答を取得し、DataContractJsonSerializer クラスを利用して応答ストリームに含まれる JSON 文字列を C# のオブジェクトにデシリアライズします。

詳しくは以下のサンプルコードとそれに付与したコメントを見てください。

using System;
using System.Net;
using System.Text;
using System.IO;
using System.Runtime.Serialization;
using System.Collections.Generic;
using System.Runtime.Serialization.Json;

namespace ConsoleApplication7
{
  class Program
  {
    static void Main(string[] args)
    {
      // 指定した Uri を要求する HttpWebRequest を初期化
      HttpWebRequest endpointRequest =
          (HttpWebRequest)HttpWebRequest.
          Create("http://.../carservice.svc/GetCarsByDoors");

      endpointRequest.Method = "POST";
      endpointRequest.ContentType = 
          "application/json; charset=utf-8";

      // POST データの設定。とりあえず 5 ドアを要求してみる
      string postData = "{\"doors\":5}";

      Encoding encoding = Encoding.GetEncoding("utf-8");
      byte[] byte1 = encoding.GetBytes(postData);
      endpointRequest.ContentLength = byte1.Length;

      // POST データを書き込むストリームを取得
      using (Stream requestStream = 
             endpointRequest.GetRequestStream())
      {
        // POST データを要求ストリームに書き込み
        requestStream.Write(byte1, 0, byte1.Length);

        // WCF サービスメソッドからの応答を取得
        using (HttpWebResponse endpointResponse =
               (HttpWebResponse)endpointRequest.GetResponse())
        {
          // 応答のコンテンツを読むストリームを取得
          using (Stream responseStream = 
                 endpointResponse.GetResponseStream())
          {
            // JSON シリアライザの初期化
            DataContractJsonSerializer ser = 
              new DataContractJsonSerializer(typeof(RootObject));

            // 応答のコンテンツを逆シリアル化して C# の
            // オブジェクトを取得
            RootObject rootObject = 
              (RootObject)ser.ReadObject(responseStream);
                        
            foreach (Car car in rootObject.GetCarsByDoorsResult)
            {
              Console.WriteLine("Make:{0}, Model:{1}, Doors:{2}",
                                car.Make, car.Model, car.Doors);

            /*
            結果は:
            Make:Audi, Model:A4, Doors:5
            Make:Ford, Model:Focus, Doors:5
            Make:Renault, Model:Laguna, Doors:5
            Make:Toyota, Model:Previa, Doors:5
            */

            }
          }
        }
      }
    }
  }
}

DataContractJsonSerializer クラスを利用したシリアル化 / 逆シリアル化については、MSDN ライブラリの記事「方法 : JSON データをシリアル化および逆シリアル化する」が参考になると思います。

Tags: ,

.NET Framework

About this blog

2010年5月にこのブログを立ち上げました。その後 ブログ2 を追加し、ここは ASP.NET 関係のトピックス、ブログ2はそれ以外のトピックスに分けました。

Calendar

<<  January 2020  >>
MoTuWeThFrSaSu
303112345
6789101112
13141516171819
20212223242526
272829303112
3456789

View posts in large calendar