WebSurfer's Home

トップ > Blog 1   |   Login
Filter by APML

応答ヘッダが 64KB を超えるとエラー

by WebSurfer 2. September 2019 12:00

HttpClient を使った HPPT 通信で、応答ヘッダが 64KB を超えると WebException 例外がスローされるという話を備忘録として書いておきます。

(元の話は Teratail のスレッド「GetAsync処理時のメッセージの長さが制限の解消方法について」のもので、実際に自分が経験した訳ではなく聞いた話です)

同様な問題は HttpWebResponse / HttpWebRequest を使った時から起こっていた問題だそうで、応答ヘッダが 64KB を超えると WebException がスローされ、以下のエラーメッセージが出るそうです。

"接続が切断されました: メッセージの長さが制限を超えています。"

英文では、

"The underlying connection was closed: The message length limit was exceeded."

応答ヘッダが 64KB を超えるというのはレアなのか、日本語のエラーメッセージでググっても参考になる記事はヒットしませんでした。

でも、英語圏まで検索範囲を広げる(英文でググる)と HttpWebResponse / HttpWebRequest でこの問題に遭遇した人はいるようで、WebException: "The message length limit was exceeded" 他の記事がヒットします。

その記事に書いてある解決策は、HttpWebRequest の MaximumResponseHeadersLength プロパティを -1 (無制限) に設定することだそうです。(未検証・未確認です)

HttpClient を使う場合は、.NET Framework 4.7.1 以降ですが、HttpClientHandler クラスMaxResponseHeadersLength プロパティを使って応答ヘッダのサイズの許容最大値を設定できるそうです。

// Create an HttpClientHandler object
HttpClientHandler handler = new HttpClientHandler();
handler.MaxResponseHeadersLength = 128;  // 128KB

// Create an HttpClient object
HttpClient client = new HttpClient(handler);

.NET 4.5 では MaxResponseHeadersLength プロパティは使えず .NET 4.7.1 で使えるようになったということは、HttpWebRequest / HttpWebResponse で起こっていた問題に対応できないことを指摘されて追加したのかもしれませんね。(想像です)

Tags: , , ,

.NET Framework

構成ファイルの保存場所

by WebSurfer 1. September 2019 15:33

Windows Forms、WPF、Console アプリの構成ファイルの保存場所はどこかという話を書きます。(元の話は Teratail のスレッド「app.configの情報を書き換えたい」です)

Settings

Visual Studio でアプリケーション開発の際、自動的に App.config というファイルが生成され、それに接続文字列などの設定値が保存されますが、アプリを実行するときに使われる構成ファイルは App.config とは別に生成され、別の場所に保存されます。

まず、アプリをビルドする際、生成される .exe ファイルと同じ場所に、App.config の内容をそのままコピーして <アプリケーション名>.exe.config という名前のファイルが作られます。ただし、この他に構成ファイルが作られるケースがあります。

上の画像は Windows Forms アプリケーションの Settings の内容で、その中の MainWindows_Left, _Top, _Width, _Height はウィンドウのサイズです。ユーザーがウィンドウのサイズを変更してアプリを閉じると変更後の値を保存して、次にアプリを立ち上げたときは保存した値でウィンドウのサイズを設定するようにコーディングしています。

MainWindows_Left, _Top, _Width, _Height のデフォルト値(初期値)は App.config や <アプリケーション名>.exe.config に保存されますが、変更後の値はどこに保存されるでしょう?

ウィンドウのサイズを変更してアプリを閉じても、App.config と <アプリケーション名>.exe.config の MainWindows_Left, _Top, _Width, _Height の値は変わりません。

でも、次にアプリを立ち上げるとサイズは期待通り変更後のサイズになるので、どこかに変更後の MainWindows_Left, _Top, _Width, _Height の値が保存されているはずです。

実は、(1) すべてのユーザーに適用するグローバル構成、(2) ローミング ユーザーに適用する構成、(3) 個々のユーザーに適用する個別構成によって格納場所が違うそうです。

App.config と <アプリケーション名>.exe.config は「(1) すべてのユーザーに適用するグローバル構成」に該当するようです。

変更後の MainWindows_Left, _Top, _Width, _Height の値は「(3) 個々のユーザーに適用する個別構成」に該当するようで、以下のフォルダ下に user.config という名前で保存されています。

C:\Users\<ユーザー名>\AppData\Local\<アプリケーション名>

以下の画像はエクスプローラーで user.config の場所を表示し、その内容をメモ帳で開いて表示したものです。変更後の MainWindows_Left, _Top, _Width, _Height の値が反映されています。

user.config

ちなみに、ファイルパスはプログラムで取得することができます。

ConfigurationManager.OpenExeConfiguration メソッドConfiguration オブジェクトを取得し、その FilePath プロパティを使って取得します。

OpenExeConfiguration メソッドは引数に ConfigurationUserLevel を取るオーバーロードを使用し、ConfigurationUserLevel のフィールドを None, PerUserRoaming, PerUserRoamingAndLocal とすることで、それぞれ上の (1), (2), (3) の Configuration オブジェクトを取得できます。

Tags: ,

.NET Framework

HttpClient でファイルアップロード

by WebSurfer 11. August 2019 14:00

HttpClient クラス を使った Windows Forms アプリで multipart/form-data 形式にてファイルをアップロードする方法を書きます。

HttpClient でファイルをアップロード

multipart/form-data 形式で送信するには MultipartFormDataContent クラスを利用します。

MultipartFormDataContent クラスのインスタンスを生成し、それに HttpContent クラスの派生クラスを multipart の各パートとして Add します。

この記事では文字列とファイルを別々のパートとして送信するサンプルを書きます。

その場合、使用する HttpContent クラスの派生クラスは、文字列を送信する場合は StringContent クラスを、ファイルを送信する場合は StreamContent クラスを使うのがよさそうです。

下のサンプルコードを見てください、StringContent クラスとStreamContent クラスを初期化してヘッダ情報を設定し、それぞれを MultipartFormDataContent オブジェクトに Add し、さらにそれを HttpRequestMessage オブジェクトの Content プロパティに設定しています。

using System;
using System.Text;
using System.Threading.Tasks;
using System.Windows.Forms;
using System.IO;
using System.Net;
using System.Net.Http;
using System.Net.Http.Headers;

namespace WindowsFormsApplication2
{
  public partial class Form3 : Form
  {
    // socket 浪費問題対応
    private static HttpClient httpClient;

    public Form3()
    {
      InitializeComponent();
      this.textBox1.Text = "";
      this.label1.Text = "";
    }

    // ファイル選択に OpenFileDialog 利用
    private void button1_Click(object sender, EventArgs e)
    {
      OpenFileDialog openFileDialog1 = new OpenFileDialog();

      openFileDialog1.InitialDirectory = 
                               @"C:\Users\surfe\Pictures";
      openFileDialog1.Filter = 
           "jpeg files (*.jpg)|*.jpg|All files (*.*)|*.*";
      openFileDialog1.FilterIndex = 1;
      openFileDialog1.RestoreDirectory = true;

      if (openFileDialog1.ShowDialog() == DialogResult.OK)
      {
        this.textBox1.Text = openFileDialog1.FileName;
      }
    }

    // HttpWebRequest を利用
    private void button2_Click(object sender, EventArgs e)
    {
      // ・・・コードは省略・・・
    }

    // HttpClient を利用
    private async void button3_Click(object s, EventArgs e)
    {
      if (string.IsNullOrEmpty(this.textBox1.Text)) return;

      this.label1.Text = "";

      if (httpClient == null)
      {
        httpClient = new HttpClient();
      }

      //送信するファイルへのパス
      string filePath = this.textBox1.Text;
      string fileName = Path.GetFileName(filePath);

      string url = @"送信先 Web サーバーの URL";

      MultipartFormDataContent content = 
                              new MultipartFormDataContent();
            
      // ファイルのみでなく文字列も送信してみる
      string strData = "これは、テストです。";
      StringContent stringContent = new StringContent(strData);
      stringContent.Headers.ContentDisposition = 
               new ContentDispositionHeaderValue("form-data")
      {
        Name = "comment"
      };
      content.Add(stringContent);

      // アップロードするファイル
      using (FileStream fs = new FileStream(filePath, 
                                            FileMode.Open, 
                                            FileAccess.Read))
      {
        StreamContent streamContent = new StreamContent(fs);
        streamContent.Headers.ContentDisposition = 
               new ContentDispositionHeaderValue("form-data")
        {
          Name = "upfile",
          FileName = fileName
        };                
        streamContent.Headers.ContentType = 
                    new MediaTypeHeaderValue("image/jpeg");
        content.Add(streamContent);

        // メソッド (POST) と送信先の URL 指定
        HttpRequestMessage request = 
                 new HttpRequestMessage(HttpMethod.Post, url);
        request.Content = content;

        // ここでファイルを HTTP ストリームに書き込むので、
        // 以下は using の { } 内にないとファイルが読めな
        // いというエラーになる
        HttpResponseMessage response = 
                           await httpClient.SendAsync(request);

        // 応答のコンテンツを Stream として取得
        using (Stream responseStream = 
                   await response.Content.ReadAsStreamAsync())
        {
          using (StreamReader sr = 
              new StreamReader(responseStream, Encoding.UTF8))
          {
            this.label1.Text = sr.ReadToEnd();
          }
        }
      }            
    }
  }
}

上記のコードを実行して、HttpClient を使ってファイルを送信し、返ってきた応答を表示したのが上に表示した画像です。

下の画像は Fiddler でのキャプチャ結果で、送信ヘッダとコンテンツを表示しています。送信ヘッダに指定されている boundary で StringContent とStringContent の部分が分けられ、各パートに Content-Disposition などのヘッダ情報が付与されているのが分かるでしょうか?

送信ヘッダとコンテンツ

最後になりましたが HttpClient を使う際の注意点として重要なことを書いておきます。それは、using 句を使うなどしてHttpClient の初期化と Dispose を繰り返すと socket が浪費されるという問題があるということです。詳しくは以下の記事を見てください。static にして使い回すのが良いとのことです。

YOU'RE USING HTTPCLIENT WRONG AND IT IS DESTABILIZING YOUR SOFTWARE

Tags: ,

Upload Download

About this blog

2010年5月にこのブログを立ち上げました。その後 ブログ2 を追加し、ここは ASP.NET 関係のトピックス、ブログ2はそれ以外のトピックスに分けました。

Calendar

<<  December 2019  >>
MoTuWeThFrSaSu
2526272829301
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
303112345

View posts in large calendar