WebSurfer's Home

トップ > Blog 1   |   ログイン
APMLフィルター

ApplicationHost.config の場所

by WebSurfer 2017年4月23日 13:47

Visual Studio で ASP.NET Web アプリを開発するときに利用できる IIS Express 用の ApplicationHost.config ファイルはどこにあるかという話を書きます。

(注:Windows 10 64-bit に Visual Studio 2015 Community Update 3 をインストールするときに一緒にインストールされた IIS 10.0 Express の話です)

ちなみに、IIS 用の ApplicationHost.config ファイルは、TexhNet の記事「ApplicationHost.configの紹介」に書いてある通り、system32¥inetsrv¥config フォルダにあります。

IIS Express は IIS 用の ApplicationHost.config ファイルを共有しません。別の場所に別の ApplicationHost.config ファイルが存在し、それを使用します。

自分の PC には Visual Studio 2010 Professional SP1 と Visual Studio 2015 Community Update 3 がインストールされており、それらから Web アプリを IIS Express 上で実行する場合、使用される ApplicationHost.config ファイルは以下の通りとなります。

(注:他のバージョンの Visual Studio, IIS Express の場合は不明です。また、以下はデフォルトの場合で、設定によっては変更できるかもしれません・・・が、未確認です)

(1) VS2010

OneDrive の Documents\IISExpress\config フォルダ内の ApplicationHost.config ファイル。(OneDrive を使わない場合は C:\Users\ユーザー名\Documents\IISExpress\config フォルダ)

ApplicationHost.config

(2) VS2015

各ソリューションのフォルダ内の ApplicationHost.config ファイル。下の画像の例を見てください。Mvc5App がソリューションのフォルダで、各ソリューションごとに別のファイルが使用されます。

ApplicationHost.config

MSDN Blog の記事「IIS Expressの仮想ディレクトリを applicationhost.config から削除する方法」によると、上記 (1) の Documents フォルダ下の ApplicationHost.config ファイルが、全 Web アプリで共用されるようなことが書かれていますが、これは少なくとも自分の PC にインストールしてある VS2015 には当てはまらないようです。

実は、そのことを知らなくて、上記 (1) の ApplicationHost.config ファイルの設定をどのように変えても、VS2015 から IIS Express で起動する Web アプリに設定変更が反映されないのに、2 時間ほど悩んだのは内緒です。(笑)

Tags:

DevelopmentTools

プロファイル情報を ClaimsIdentity へ追加

by WebSurfer 2017年4月16日 14:13

ASP.NET Identity 2.0 でプロファイル情報を Claim として ClaimsIdentity オブジェクトに追加し、拡張メソッドを使って ClaimsIdentity オブジェクトからプロファイル情報を取得・表示する方法を書きます。

プロファイル情報の表示

プロファイル情報とは、ユーザーのメールアドレス、電話番号などのユーザー固有の情報です。ASP.NET プロファイル機能は、フォーム認証のためのクレデンシャル情報(ユーザー名とパスワード)と共に、プロファイル情報を個々のユーザーに関連付けてデータベースに格納します。

ASP.NET Identity 2.0 では、プロファイル情報として Email, PhoneNumber が IdentityUser クラスに定義済みです。それらに加えて、CodeZine の記事 ASP.NET Identityのプロファイル情報のカスタマイズにあるように、姓、名、誕生日などの任意の情報を追加することができます。

プロファイル情報の標準的な設定方法や取得方法は CodeZine の記事を読んでいただければわかるのでここでは書きません。(手抜きでスミマセン。上にリンクを張った CodeZine の記事は ASP.NET Identity 1.0 のもので、2.0 のものとは AspNetUsers テーブルの内容などが異なりますが、基本は同じです)

ここでは、CodeZine の記事のようにその都度データベースから情報を取得するのではなく、User.Identity プロパティから取得できる ClaimsIdentity オブジェクトにプロファイル情報を含めておき、それから取得する方法を書きます。

そのような方法を取る理由は、例えば上の画像のようにマスターページの右上に常にユーザー情報を表示するような場合、ページを描画するたびにデータベースにクエリを発行してプロファイル情報を取得するのは負荷が重そうに感じたからです。

ClaimsIdentity オブジェクトにプロファイル情報を含めれば、ユーザー認証後は認証クッキーに含まれたプロファイル情報がクライアントから送信されてきて、それをベースに ClaimsIdentity オブジェクトを再生成するのだと思います。(それが書いてある Microsoft の公式文書が見つからないので想像の域を出ませんが、実際にいろいろ試した結果からその想像は合っていると思います)

であれば、再生成された ClaimsIdentity オブジェクトからプロファイル情報を取得する方が、データベースから取得するより、負荷は軽そうです。(実は気にするほどの差はないのかもしれませんが)

以下に、例として、PhoneNumber という定義済みのプロファイル情報を Claim として ClaimsIdentity へ追加するコード、ClaimsIdentity からプロファイル情報を取得するための拡張メソッドのコードを載せておきます。

ベースは ASP.NET Web Forms の Web アプリケーションプロジェクトを Visual Studoi 2015 Community のテンプレートを使って自動生成した IdentityModel.cs です。それに Claim を追加するコードと拡張メソッドを追加しています。(Web サイトプロジェクトでは、自動生成される IdentityModel.cs がかなり異なり、同じようにできるかどうかは未確認です。)

using System;
using System.Security.Claims;
using System.Threading.Tasks;
using System.Web;
using Microsoft.AspNet.Identity;
using Microsoft.AspNet.Identity.EntityFramework;
using Microsoft.AspNet.Identity.Owin;
using Microsoft.Owin.Security;
using WebFormsApp.Models;

// 拡張メソッドで FirstOrDefault を使うため追加
using System.Linq;

namespace WebFormsApp.Models
{
  public class ApplicationUser : IdentityUser
  {
    public ClaimsIdentity GenerateUserIdentity(
            ApplicationUserManager manager)
    {
      var userIdentity = manager.CreateIdentity(
        this, DefaultAuthenticationTypes.ApplicationCookie);

      // ここでは例として PhoneNumber を Claim として追加。
      // 未登録(DB 上で NULL)の場合 this.PhoneNumber プロ
      // パティは null を返す。null の場合は追加しても意味
      // がないので追加しない。 (null のまま追加しようとす
      // ると Claim コンストラクタで例外がスローされる)
      if (!string.IsNullOrEmpty(this.PhoneNumber))
      {
        // ClaimTypes クラスは System.Security.Claims 名前
        // 空間に定義済みなのでそれを利用。PhoneNumber プロ
        // パティは IdentityUser クラスに定義済み。
        userIdentity.AddClaim(
          new Claim(ClaimTypes.HomePhone, this.PhoneNumber));
      }

      return userIdentity;
    }
    // ・・・中略・・・
  }

  // ClaimsIdentity から PhoneNumber を取得する拡張メソッド
  // PhoneNumber が Claims にない場合は null を返す。
  public static class MyExtensions
  {
    public static string GetPhoneNumber(
        this System.Security.Principal.IIdentity identity)
    {
      var claimsIdentity = identity as ClaimsIdentity;
      if (claimsIdentity != null)
      {
        var claim = claimsIdentity.Claims.
          FirstOrDefault(c => c.Type == ClaimTypes.HomePhone);
        if (claim != null)
        {
          return claim.Value;
        }
      }
      return null;
    }
  }
  // ・・・中略・・・
}

MVC5 アプリでは、テンプレートで自動生成される IdentityModel.cs のコードが上の Web Forms アプリのものとは少々異なりますが、自力で書いて追加する部分のコードは上記と全く同じになります。

上記の拡張メソッドは名前空間をインポートすればスコープの中に取り込むことができます。例えば、上の画像のようにマスターページの右上に表示する場合は以下のようにします。

<%@ Import Namespace="WebFormsApp.Models" %>

<a runat="server" href="~/Account/Manage" 
  title="Manage your account">
  Hello, <%: Context.User.Identity.GetUserName()  %> !
  Phone: <%: Context.User.Identity.GetPhoneNumber() %>
</a>

Tags: ,

ASP.NET

HttpWebRequest で WCF サービスを呼出

by WebSurfer 2017年3月26日 14:36

先の記事 WCF と jQuery AJAX では、JSON 文字列をデータとしてやり取りする WCF サービスのメソッドを、jQuery.ajax を使って呼び出してデータを取得する方法を書きました。

この WCF サービスのメソッドを HttpWebRequest / HttpWebResponse を利用して呼び出して JSON 文字列のデータを取得し、それを逆シリアル化して C# のオブジェクトに変換する方法を書きます。

ここでは例として先の記事の WCF サービスの GetCarsByDoors(int doors) メソッドを POST 要求してみます。

まず、JSON 文字列が逆シリアル化された際の C# のクラス / プロパティを書き、それらに DataContract / DataMember 属性を付与してデータコントラクトを定義します。

JSON 文字列から C# のクラス / プロパティの変換は json2csharp のような変換サービスを利用すると簡単にできると思います。

先の記事のコードでは、WCF サービスの GetCarsByDoors(int doors) メソッドの応答の JSON 文字列は "GetCarsByDoorsResult" でラップされるように設定されていますので、それを考慮して以下のようなデータコントラクト定義になります。

[DataContract]
public class RootObject
{
    // GetCarsByDoorsResult は WCF サービスメソッドに付与した
    // BodyStyle = WebMessageBodyStyle.WrappedRequest による
    // ラップの名前(ラップするのはセキュリティ対策)
    [DataMember]
    public List<Car> GetCarsByDoorsResult { get; set; }
}

[DataContract]
public class Car
{
    [DataMember]
    public string Make { get; set; }

    [DataMember]
    public string Model { get; set; }

    [DataMember]
    public int Year { get; set; }

    [DataMember]
    public int Doors { get; set; }

    [DataMember]
    public string Colour { get; set; }

    [DataMember]
    public float Price { get; set; }
}

HttpWebRequest を利用して WCF サービスの GetCarsByDoors(int doors) メソッドを要求し JSON 文字列をデータとして POST 送信します。ここでは例として "{\"doors\":5}" という 5 ドア車を要求する JSON 文字列を設定しています。

HttpWebResponse を利用して応答を取得し、DataContractJsonSerializer クラスを利用して応答ストリームに含まれる JSON 文字列を C# のオブジェクトにシリアル化します。

詳しくは以下のサンプルコードとそれに付与したコメントを見てください。

using System;
using System.Net;
using System.Text;
using System.IO;
using System.Runtime.Serialization;
using System.Collections.Generic;
using System.Runtime.Serialization.Json;

namespace ConsoleApplication7
{
  class Program
  {
    static void Main(string[] args)
    {
      // 指定した Uri を要求する HttpWebRequest を初期化
      HttpWebRequest endpointRequest =
          (HttpWebRequest)HttpWebRequest.
          Create("http://.../carservice.svc/GetCarsByDoors");

      endpointRequest.Method = "POST";
      endpointRequest.ContentType = 
          "application/json; charset=utf-8";

      // POST データの設定。とりあえず 5 ドアを要求してみる
      string postData = "{\"doors\":5}";

      Encoding encoding = Encoding.GetEncoding("utf-8");
      byte[] byte1 = encoding.GetBytes(postData);
      endpointRequest.ContentLength = byte1.Length;

      // POST データを書き込むストリームを取得
      using (Stream requestStream = 
             endpointRequest.GetRequestStream())
      {
        // POST データを要求ストリームに書き込み
        requestStream.Write(byte1, 0, byte1.Length);

        // WCF サービスメソッドからの応答を取得
        using (HttpWebResponse endpointResponse =
               (HttpWebResponse)endpointRequest.GetResponse())
        {
          // 応答のコンテンツを読むストリームを取得
          using (Stream responseStream = 
                 endpointResponse.GetResponseStream())
          {
            // JSON シリアライザの初期化
            DataContractJsonSerializer ser = 
              new DataContractJsonSerializer(typeof(RootObject));

            // 応答のコンテンツを逆シリアル化して C# の
            // オブジェクトを取得
            RootObject rootObject = 
              (RootObject)ser.ReadObject(responseStream);
                        
            foreach (Car car in rootObject.GetCarsByDoorsResult)
            {
              Console.WriteLine("Make:{0}, Model:{1}, Doors:{2}",
                                car.Make, car.Model, car.Doors);

            /*
            結果は:
            Make:Audi, Model:A4, Doors:5
            Make:Ford, Model:Focus, Doors:5
            Make:Renault, Model:Laguna, Doors:5
            Make:Toyota, Model:Previa, Doors:5
            */

            }
          }
        }
      }
    }
  }
}

DataContractJsonSerializer クラスを利用したシリアル化 / 逆シリアル化については、MSDN ライブらきの記事「方法 : JSON データをシリアル化および逆シリアル化する」が参考になると思います。

Tags: ,

.NET Framework

About this blog

2010年5月にこのブログを立ち上げました。その後 ブログ2 を追加し、ここは ASP.NET 関係のトピックス、ブログ2はそれ以外のトピックスに分けました。

Calendar

<<  2017年11月  >>
2930311234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293012
3456789

View posts in large calendar