WebSurfer's Home

トップ > Blog 1   |   Login
Filter by APML

接続文字列の取得方法

by WebSurfer 30. July 2010 12:36

SQL Server などの接続文字列は、ソース中にハードコーディングせず、Web アプリなら web.config ファイルに、Windows アプリなら Settings.settings ファイルに格納しておき、そこから取得します。

その接続文字列を取得するコードは以下のようになります。

Web アプリケーション

string connectionString = 
  ConfigurationManager.ConnectionStrings["MyDB"].ConnectionString;

Windows アプリケーション

string connectionString = 
  Properties.Settings.Default.MyDB;

上記で、MyDB は接続文字列を定義する際に自ら名づけた名前で、当然任意に別名をつけることができます。例えば MyDB と名づけると、web.config, Settings.settings ファイルの中では以下のようになります。

web.config

<connectionStrings>
  <add name="MyDB"
       connectionString="Data Source= ..."
       providerName="System.Data.SqlClient" />
</connectionStrings>

Settings.settings

<Settings>
  <Setting Name="MyDB" Type="(Connection string)" Scope="Application">

  ・・・中略・・・

  </Setting>
</Settings>

正確に憶えていないので、その度に昔のコードを調べるという面倒なことをしていましたが、自分のブログの索引からも見つけられるように書いておきました。

Tags:

ADO.NET

About this blog

2010年5月にこのブログを立ち上げました。その後 ブログ2 を追加し、ここは ASP.NET 関係のトピックス、ブログ2はそれ以外のトピックスに分けました。

Calendar

<<  November 2019  >>
MoTuWeThFrSaSu
28293031123
45678910
11121314151617
18192021222324
2526272829301
2345678

View posts in large calendar