WebSurfer's Home

トップ > Blog 1   |   Login
Filter by APML

GridView の Pager に総レコード数を表示

by WebSurfer 6. December 2014 18:26

以下の画像のように、ページングが有効になっている GridView の Pager 内に「総レコード数」を表示するにはどうしたらいいかということを書きます。

Pager に総レコード数を表示

ListView と DataPager を利用する場合は、先の記事 ListView でページ指定 のサンプルコードのように Container.TotalRowCount で総レコード数が取得できます。(注:Container は DataPager オブジェクトを参照しています)

しかしながら、GirdView を利用した場合、ページング機能は GirdView に統合されているものを利用することになり、それから「総レコード数」を取得するプロパティなどはありません。

GridView は、データーソースコントロール(SqlDataSource または ObjectDataSource)と組み合わせて使うケースがほとんどだと思いますが、その場合はデーターソースコントロールの Selected イベントのハンドラを使って「総レコード数」を取得するのが簡単そうです。

例えば、データーソースコントロールに SqlDataSource を使う場合、その Selected イベントのハンドラの引数 SqlDataSourceStatusEventArgs クラスAffectedRows プロパティ から総レコード数を取得できます。

取得した「総レコード数」をページャーの中に表示するには、GridView.RowDataBound イベント のハンドラでページャーの行を探して、その中に追加します。

ページャーそのものはデフォルトで(何も設定しなくても) 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 ... というようなクリックするとその番号のページに飛べるハイパーリンクが生成されますが、PagerSettings クラス を使うともう少し細かな設定ができます。

上の画像のページャーは、PagerSettings クラスの Mode プロパティを NumericFirstLast に、PageButtonCount プロパティを 5 に設定した場合のものです。

SqlDataSource と GridView を使った場合のサンプル(上の画像のページを表示したもの)を以下にアップしておきます。

<%@ Page Language="C#" %>

<!DOCTYPE html PUBLIC "-//W3C//DTD XHTML 1.0 Transitional//EN"
 "http://www.w3.org/TR/xhtml1/DTD/xhtml1-transitional.dtd">

<script runat="server">

  int GridView3TotalCount = 0;
    
  protected void SqlDataSource1_Selected(
        object sender, SqlDataSourceStatusEventArgs e)
  {
      GridView3TotalCount = e.AffectedRows;
  }

  protected void GridView3_RowDataBound(
        object sender, GridViewRowEventArgs e)
  {
    if (e.Row.RowType == DataControlRowType.Pager)
    {
      Label label = new Label();
      label.Text = "総レコード数: " + 
            GridView3TotalCount.ToString();
      e.Row.Cells[0].Controls.AddAt(0, label);
    }
  }
</script>

<html xmlns="http://www.w3.org/1999/xhtml">
<head runat="server">
    <title>GridView Total Records</title>
</head>
<body>
  <form id="form1" runat="server">
    <asp:SqlDataSource ID="SqlDataSource1" runat="server" 
      ConnectionString="<%$ ConnectionStrings:Northwind %>" 
      SelectCommand="SELECT * FROM [Orders]" 
      OnSelected="SqlDataSource1_Selected">
    </asp:SqlDataSource>

    総レコード数: <%=GridView3TotalCount%>
    <asp:GridView ID="GridView3" runat="server" 
      AllowPaging="True" 
      AutoGenerateColumns="False" 
      DataKeyNames="OrderID" 
      DataSourceID="SqlDataSource1" 
      OnRowDataBound="GridView3_RowDataBound">
      <PagerSettings 
        Mode="NumericFirstLast" 
        PageButtonCount="5">
      </PagerSettings>
      <Columns>
        <asp:BoundField DataField="OrderID" 
          HeaderText="OrderID" 
          InsertVisible="False" 
          ReadOnly="True" 
          SortExpression="OrderID" />
        <asp:BoundField DataField="CustomerID" 
          HeaderText="CustomerID" 
          SortExpression="CustomerID" />
        <asp:BoundField DataField="OrderDate" 
          HeaderText="OrderDate" 
          SortExpression="OrderDate" 
          DataFormatString="{0:yyyy/MM/dd}" />
        <asp:BoundField DataField="Freight" 
          HeaderText="Freight" 
          SortExpression="Freight" 
          DataFormatString="${0:N2}" />
        <asp:BoundField DataField="ShipCountry" 
          HeaderText="ShipCountry" 
          SortExpression="ShipCountry" />
      </Columns>
    </asp:GridView>
  </form>
</body>
</html>

データーソースコントロールに ObjectDataSource を使う場合も、ObjectDataSource.Selected イベントのハンドラ で「総レコード数」を取得できます。

ObjectDataSource を使う場合、ページを切り替えるたびに全レコードを DB から再度取得するという無駄なことを避けるため、普通は、先の記事 ObjectDataSource でページング に書いてあるように、必要なレコードのみ DB から取得するクラス/メソッドを実装して、それらを ObjectDataSource で定義されているプロパティに設定することになると思います。

上に紹介した記事のサンプルコードでは、GetDataByIndex と GetNumberOfMessages の 2 つのメソッドが ObjectDataSource に設定されていますが、その両方が呼ばれ、それぞれで Selected イベントが発生します(2 回 Selected イベントが発生します)。

その際、イベントハンドラの引数 ObjectDataSourceStatusEventArgs の ReturnValue プロパティ でそれぞれのメソッドが返すオブジェクトを取得できます。

したがって、e.ReturnValue が Int32 型にキャストできれば GetNumberOfMessages が返したもの、即ち全レコード数ということになります。なので、イベントハンドラのコードを以下のようにすれば「総レコード数」を取得できます。

protected void ObjectDataSource1_Selected(object sender, 
                        ObjectDataSourceStatusEventArgs e)
{
  if (e.ReturnValue is Int32)
  {
    GridView3TotalCount = (Int32)e.ReturnValue;
  }
}

「総レコード数」さえ取得できれば、あとは GridView と Pager の実装を SqlDataSource を使った場合と同様にして Pager に表示できます。

Tags: ,

Paging

About this blog

2010年5月にこのブログを立ち上げました。その後 ブログ2 を追加し、ここは ASP.NET 関係のトピックス、ブログ2はそれ以外のトピックスに分けました。

Calendar

<<  December 2019  >>
MoTuWeThFrSaSu
2526272829301
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
303112345

View posts in large calendar