WebSurfer's Home

トップ > Blog 1   |   Login
Filter by APML

IE の互換表示設定と meta タグ

by WebSurfer 24. February 2015 14:19

先の記事 ブラウザーモードとドキュメントモード で、meta タグ (X-UA-Compatible) に content="IE=edge" を指定すると IE6 ~ IE11 では "the highest standards mode supported by Internet Explorer" になるという話を書きました。

これと IE の互換表示設定(以下の画像参照)のどちらが優先されるでしょうか?

IE の互換表示設定

実際に検証した結果、meta タグの指定の方でした。(検証に使ったのは IE9 です。他のバージョンは未検証)

上の画像のようにデフォルトでは[イントラネットのサイトを互換表示で表示する(I)]にチェックが入っていますので、あるサイトをローカルイントラネットに登録すると(登録しなくても、ホスト名によっては IE が勝手にイントラネットと判定するケースもありますが)、そのサイトは互換モードで表示されます。

または、上の画像で[追加(A)]ボタンをクリックして[互換表示に追加した Web サイト(W):]に加えても、そのサイトは互換モードで表示されます。

上記の設定のまま、あるページだけは標準モードで表示したい場合、そのページに以下の meta タグを追加すれば "the highest standards mode supported by Internet Explorer" 即ち標準モードで表示されるようになります。

<meta http-equiv="x-ua-compatible" content="IE=edge" />

標準モードでは表示が崩れるなどの理由で互換モードで表示したい場合のみに meta タグを使用してドキュメントモードを指定するのだと思い込んでいましたが、その逆(互換モード ⇒ 標準モード)も可能だったようです。

実は、つい先日 MSDN Forum で教えてもらうまで知らなかったです。(汗)

Tags:

その他

About this blog

2010年5月にこのブログを立ち上げました。その後 ブログ2 を追加し、ここは ASP.NET 関係のトピックス、ブログ2はそれ以外のトピックスに分けました。

Calendar

<<  July 2019  >>
MoTuWeThFrSaSu
24252627282930
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930311234

View posts in large calendar