WebSurfer's Home

トップ > Blog 1   |   Login
Filter by APML

URL Rewrite Module の Outbound Rules

by WebSurfer 20. March 2017 16:56

gzip 圧縮済みのコンテンツを応答としてブラウザに返す場合、下の画像のように応答ヘッダに Content-Encoding: gzip を設定する必要があります。

応答ヘッダ

HTTP ハンドラを使って自分でダウンロードするコードを書く場合は自由に応答ヘッダを追加できますが、IIS の静的ハンドラを使う場合(例えば、img 要素の src 属性に .svgz 画像のパスを設定したような場合)はどうすればいいでしょう?

URL Rewrite Module 2.0 の Outbound Rules を利用すると応答ヘッダに Content-Encoding: gzip を設定できます。.svgz 画像の場合を例にとって以下にその方法を書きます。(注: Content-Type: image/svg+xml も必要ですが applicationHost.config の MIME Map で設定済みであれば何もする必要はありません。IIS Manager で調べてください)

URL Rewrite Module の Outbound Rules

IIS Manager を起動して、上の画像のように Add Rule(s) ダイアログで Outbound Rules の Blank rules を選択し、OK ボタンをクリックすると Edit Outbound Rule という編集画面が開くので、そこでまず Precondition を定義します。

Precondition の定義

上の画像は Precondition の名前を IsSVGZ とし(任意)、Server Variable の URL(クエリ文字列等を含まないベースの部分)が正規表現の \.svgz$ にマッチする(.svgz で終わる)という条件になっています。URL の代わりに PATH_INFO を使っている記事がありますが、 ASP.NET の場合はどちらも同じ結果になりますので、分かりやすいと思われる URL を使用しました。

Precondition 設定後 Edit Outbound Rule 編集画面に戻って、Rule 名(任意)と Match 条件を設定します。下の画像の赤枠で囲った部分を見てください。

Name と Match の設定

Server Variable 名の RESPONSE_CONTENT_ENCODING と言うのは、Microsoft の公式文書には見つかりませんでしたが、応答ヘッダの Content-Encoding になるようです。正規表現の .* は 0 個以上の任意の文字という意味です。

ちなみに、RESPONSE_ が頭に付いている Server Variables には、RESPONSE_CONTENT_ENCODING 以外に、以下の画像の項目があるようです。未検証未確認ですが、それらは全て URL Rewrite Module で書き換え可能かもしれません。

Action の設定

次に Edit Outbound Rule 編集画面の下の方にある Action の設定を行います。下の画像の赤枠で囲った部分を見てください。

Action の設定

上記の操作の結果、当該サイトの web.config に以下のコードが生成されます。(逆に言えば、IIS Manager を操作しなくても、web.config を編集して以下のコードを追加しても同じ結果が得られます)

 
<system.webServer>
  <rewrite>
    <outboundRules>
      <rule name="Rewrite SVGZ header" 
        preCondition="IsSVGZ" stopProcessing="true">
        <match serverVariable="RESPONSE_CONTENT_ENCODING" 
          pattern=".*" />
        <action type="Rewrite" value="gzip" />
      </rule>
      <preConditions>
        <preCondition name="IsSVGZ">
          <add input="{URL}" pattern="\.svgz$" />
        </preCondition>
      </preConditions>
    </outboundRules>
  </rewrite>
</system.webServer>

上の web.config の設定により、Server Variable の URL が .svgz で終わっている要求に対しては、応答ヘッダの Content-Encoding を gzip に書き換える(無ければ追加する)という操作が URL Rewrite Module によって行われ、一番上の画像で示したように Content-Encoding: gzip が付与されます。

<注意>

URL Rewrite Module は自分でダウンロードしてインストールする必要があります。インストールしてないと web.config を書き換えても効果はありません。

Microsoft URL Rewrite Module 2.0 for IIS 7 (x64)

Microsoft URL Rewrite Module 2.0 for IIS 7 (x86)

Windows 10 にはインストールできない(レジストリの設定変更が必要)という話がありますが、その場合は、英語版しか見つかりませんが、以下のページからダウンロードしたものがレジストリの設定変更なしでインストールできます。

Microsoft URL Rewrite Module 2.0 for IIS (x64)

自分は英語版を使ったので、IIS Manager の Url Write の部分のみ英語になってしまいました。上の画像の表示は日本語版とは異なると思います。

Tags: , ,

Windows Server

About this blog

2010年5月にこのブログを立ち上げました。その後 ブログ2 を追加し、ここは ASP.NET 関係のトピックス、ブログ2はそれ以外のトピックスに分けました。

Calendar

<<  September 2019  >>
MoTuWeThFrSaSu
2627282930311
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30123456

View posts in large calendar