WebSurfer's Home

トップ > Blog 1   |   ログイン
APMLフィルター

ApplicationHost.config の場所

by WebSurfer 2017年4月23日 13:47

Visual Studio で ASP.NET Web アプリを開発するときに利用できる IIS Express 用の ApplicationHost.config ファイルはどこにあるかという話を書きます。

(注:Windows 10 64-bit に Visual Studio 2015 Community Update 3 をインストールするときに一緒にインストールされた IIS 10.0 Express の話です)

ちなみに、IIS 用の ApplicationHost.config ファイルは、TexhNet の記事「ApplicationHost.configの紹介」に書いてある通り、system32¥inetsrv¥config フォルダにあります。

IIS Express は IIS 用の ApplicationHost.config ファイルを共有しません。別の場所に別の ApplicationHost.config ファイルが存在し、それを使用します。

自分の PC には Visual Studio 2010 Professional SP1 と Visual Studio 2015 Community Update 3 がインストールされており、それらから Web アプリを IIS Express 上で実行する場合、使用される ApplicationHost.config ファイルは以下の通りとなります。

(注:他のバージョンの Visual Studio, IIS Express の場合は不明です。また、以下はデフォルトの場合で、設定によっては変更できるかもしれません・・・が、未確認です)

(1) VS2010

OneDrive の Documents\IISExpress\config フォルダ内の ApplicationHost.config ファイル。(OneDrive を使わない場合は C:\Users\ユーザー名\Documents\IISExpress\config フォルダ)

ApplicationHost.config

(2) VS2015

各ソリューションのフォルダ内の ApplicationHost.config ファイル。下の画像の例を見てください。Mvc5App がソリューションのフォルダで、各ソリューションごとに別のファイルが使用されます。

ApplicationHost.config

MSDN Blog の記事「IIS Expressの仮想ディレクトリを applicationhost.config から削除する方法」によると、上記 (1) の Documents フォルダ下の ApplicationHost.config ファイルが、全 Web アプリで共用されるようなことが書かれていますが、これは少なくとも自分の PC にインストールしてある VS2015 には当てはまらないようです。

実は、そのことを知らなくて、上記 (1) の ApplicationHost.config ファイルの設定をどのように変えても、VS2015 から IIS Express で起動する Web アプリに設定変更が反映されないのに、2 時間ほど悩んだのは内緒です。(笑)

Tags:

DevelopmentTools

About this blog

2010年5月にこのブログを立ち上げました。その後 ブログ2 を追加し、ここは ASP.NET 関係のトピックス、ブログ2はそれ以外のトピックスに分けました。

Tag cloud

    Calendar

    <<  2017年8月  >>
    303112345
    6789101112
    13141516171819
    20212223242526
    272829303112
    3456789

    View posts in large calendar