WebSurfer's Home

トップ > Blog 1   |   ログイン
APMLフィルター

EDM にデータアノテーション属性を付与

by WebSurfer 2017年5月21日 15:10

Microsoft のチュートリアル「10 行でズバリ!! ASP.NET MVC を構成する各コンポーネントとネーミング ルール (C#)」のように、既存の SQL Server データベースから Entity Data Model (EDM) を生成して ASP.NET MVC アプリで使用する場合、ユーザー入力を検証するためのデータアノテーション属性をどのように付与できるかを書きます。

Visual Studio で生成した EDM

上の画像は、SQL Server 2008 Express のデータベース AdventureWorksLT をベースに、Visual Studio 2015 + EF6 で生成した EDM (Model1.edmx) です。(注:Visual Studio 2010 + EF4 で生成した EDM は内容が異なりますが、データアノテーション属性を付与する方法は同じです)

生成した EDM をベースに、上に紹介した「10 行でズバリ!!」チュートリアルと同様に、Visual Studio のスキャフォールディング機能を利用して、Address テーブルを表示・編集する ASP.NET MVC アプリの Controller と View を一式自動生成する場合を例に考えます。

自動生成された EDM で Address テーブルを表す Model のコードは、上の画像で示すように Address.cs にあります。そのコードは以下の通りです(説明に不要な部分は省略しています)。

namespace AdventureWorksLT
{
    using System;
    using System.Collections.Generic;
    
    public partial class Address
    {
        //・・・コンストラクタ(省略)・・・
        
        public int AddressID { get; set; }
        public string AddressLine1 { get; set; }
        public string AddressLine2 { get; set; }
        public string City { get; set; }
        public string StateProvince { get; set; }
        public string CountryRegion { get; set; }
        public string PostalCode { get; set; }
        public System.Guid rowguid { get; set; }
        public System.DateTime ModifiedDate { get; set; }
    
        //・・・ナビゲーションプロパティ(省略)・・・
    }
}

これに手を加えればよさそうに思えますが、それは NG です。何故なら、コードのコメントに書いてあるように、"このファイルを手動で変更すると、アプリケーションで予期しない動作が発生する可能性があります。このファイルに対する手動の変更は、コードが再生成されると上書きされます" ということだからです。

ではどうするかですが、TechNet の記事「[C#] #21. データ アノテーション検証コントロールでの検証」の「Entity Framework でのデータ アノテーション検証コントロールの使用」のセクションに書いてある方法を取るのがよさそうです。

TechNet の記事を読めばこれ以降の説明は不要かもしれませんが、記事がリンク切れになったりすると困るので、上の Address クラスの場合を例に方法を書いておきます。

具体的には以下のようなコードを EDM とは別の場所にクラスファイルを追加してそれに含めます。上の画像のソリューションエクスプローラの AddressMetaData.cs がそのクラスファイルです。

using System.ComponentModel;
using System.ComponentModel.DataAnnotations;

namespace AdventureWorksLT
{
    [MetadataType(typeof(AddressMetaData))]
    public partial class Address
    {

    }

    public class AddressMetaData
    {
        [Display(Name = "住所1")]
        [Required(ErrorMessage = "{0} は必須入力です")]
        public object AddressLine1 { get; set; }

        [Display(Name = "住所2")]
        public object AddressLine2 { get; set; }

        [Display(Name = "街")]
        [Required(ErrorMessage = "{0} は必須入力です")]
        [StringLength(10, ErrorMessage = "{0} は {1} 以内。")]
        public object City { get; set; }

        [Display(Name = "州")]
        [Required(ErrorMessage = "{0} は必須入力です")]
        public object StateProvince { get; set; }

        [Display(Name = "国名")]
        [Required(ErrorMessage = "{0} は必須入力です")]
        public object CountryRegion { get; set; }

        [Display(Name = "郵便番号")]
        [Required(ErrorMessage = "{0} は必須入力です")]
        public object PostalCode { get; set; }

        [Display(Name = "GUID")]
        [Required(ErrorMessage = "{0} は必須入力です")]
        public object rowguid { get; set; }

        [Display(Name = "更新日")]
        [Required(ErrorMessage = "{0} は必須入力です")]
        public object ModifiedDate { get; set; }
    }
}

上のコードで AddressMetaData が TechNet の記事で言うメタデータクラスです。それにプロキシプロパティを定義して必要なデータアノテーション属性を付与しています。

TechNet の記事にも書いてありますが、プロキシプロパティの型は自動生成された Address クラスのプロパティの型と同じである必要はないそうです(同じでも OK ですが)。上のコードでは TechNet の記事にならってプロキシプロパティの型は Object 型にしています。

自動生成された Address クラスは partial として定義されているところに注目してください。partial なので、上のコードのように別のクラスファイルに Address クラスを定義してそれに MetadataType 属性を付与することができます。(自動生成された Address クラスに手を加える必要はありません)

MetadataType 属性の引数に typeof(AddressMetaData) を設定することにより、メタデータクラス AddressMetaData を Address クラスに関連付けています。

以上の設定により、データアノテーション属性による検証が、クライアント側とサーバー側の両方で行われるようになります。

さらに、Display 属性も追加していますので、表示名が Display 属性の Name プロパティで設定した通りになります。

Tags: ,

MVC

About this blog

2010年5月にこのブログを立ち上げました。その後 ブログ2 を追加し、ここは ASP.NET 関係のトピックス、ブログ2はそれ以外のトピックスに分けました。

Calendar

<<  2017年10月  >>
24252627282930
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930311234

View posts in large calendar