WebSurfer's Home

トップ > Blog 1   |   ログイン
APMLフィルター

MVC でファイルのダウンロード

by WebSurfer 2018年12月12日 16:06

ASP.NET MVC アプリケーションでファイルをダウンロードするのはどうすればいいかということを備忘録として書いておきます。(Web Forms アプリの場合は先の記事「ダウンロードは HTTP ハンドラで」を見てください)

IE11 の通知バー

上の画像のように通知バーを表示し(IE11 の場合です)、ファイル名とファイルの種類をブラウザにきちんと認識させるのが条件です。

基本的には以下のアクションメソッド FileDownload のようにします。

public ActionResult FileDownload()
{
    string fileName = Server.MapPath("~/Files/test.pdf");
    return File(fileName, "application/pdf", "test.pdf");
}

上のコードの return File(...); のヘルパーメソッド File は、FileResult クラスを継承した FilePathResult, FileContentResult, FileStreamResult 派生メソッドのいずれかを呼び出します。

それらの使い分けは以下の通りです。

  1. FilePathResult: コンテンツが既存のファイルとして提供される。
  2. FileStreamResult: コンテンツがストリームとして提供される。
  3. FileContentResult: コンテンツがバイト配列として提供される。

上記のどれを呼び出すかは return File(...); の引数によります。上の記事の例では第一引数が文字列(ファイルの物理パス)なので FilePathResult が呼び出されます。

FilePathResult は Web Forms アプリでもファイルをダウンロードする際に使われている TransmitFile メソッドを呼び出します。TransmitFile メソッドは、FilePathResult の第 1 引数に指定されたファイル名を受けて、そのファイルをメモリにバッファリングせずに、HTTP 応答出力ストリームに直接書き込みます。

FileStreamResult は、第 1 引数に指定されるストリームから FileStream.Read メソッドでバイト列を取得し、それを HttpReponse.OutputStream.Write メソッドを使って出力ストリームに書き出すという操作を行います。

FileContentResult は、第 1 引数に指定されるバイト列を直接 HttpReponse.OutputStream.Write メソッドを使って出力ストリームに書き出すという操作を行います。

ファイル名とファイルの種類をブラウザにきちんと認識させ、上の画像のような通知バーを出させるには、第 2, 3 引数に順にファイルの MIME タイプ、拡張子を含むファイル名を設定します。そうすることにより、応答ヘッダに Content-Type と Content-Disposition が適切に設定されます。

なお、第 2 引数に設定するファイル名には US-ASCII 文字を使用しないと IE では文字化けするので注意してください。先の記事「ダウンロードファイル名の文字化け」に書いた方法でどのように対応できるかは未調査です。

キャッシュコントロールは Web Forms アプリと同様に HttpResponse.Cache で取得できる HttpCachePolicy オブジェクトを使って可能です。

例えば、上の FileDownload アクションメソッドに以下のコードを追加してやれば、

Response.Cache.SetCacheability(HttpCacheability.NoCache);
Response.Cache.SetExpires(DateTime.Now.ToUniversalTime());
Response.Cache.SetMaxAge(new TimeSpan(0, 0, 0, 0));

以下の画像の応答ヘッダのように Cache-Control: no-cache, Pragma: no-cache, Expires: -1 が設定されます。

応答ヘッダ

File メソッドの第 2, 3 引数に設定した MIME タイプとファイル名により、Content-Type と Content-Disposition が適切に設定されているところにも注目してください。

Tags:

Upload Download

About this blog

2010年5月にこのブログを立ち上げました。その後 ブログ2 を追加し、ここは ASP.NET 関係のトピックス、ブログ2はそれ以外のトピックスに分けました。

Calendar

<<  2019年1月  >>
303112345
6789101112
13141516171819
20212223242526
272829303112
3456789

View posts in large calendar