WebSurfer's Home

トップ > Blog 1   |   Login
Filter by APML

MVC5 でエラーメッセージが英語

by WebSurfer 6. February 2019 12:48

Visual Studio Community 2015 のテンプレートで [MVC] を選択して生成した ASP.NET MVC5 アプリケーションでは、そのままではデフォルトで表示されるエラーメッセージが英語になってしまいます。その理由と日本語にする方法を書きます。

英語のエラーメッセージ

上の画像を表示したコードは先の記事「日付と通貨の書式設定」と同じものです(ただし、View から DisplayForFor は削除しています)。

一番上のテキストボックスに "1c" という数字としては無効な文字列を入力するとクライアント側の検証で NG となり、"The field ID must be a number." という英語のエラーメッセージが表示されます。(IE11 の場合です。動作はブラウザによって異なります)

Model のプロパティに付与したデータアノテーション属性には、先の記事に書いコードの通り、そのようなエラーメッセージは設定していませんが、html ソースには以下のように data-val-number="The field ID must be a number." という属性が設定されます。上の画像ではその設定値が表示されています。

<input class="form-control text-box single-line" 
    data-val="true" 
    data-val-number="The field ID must be a number." 
    data-val-regex="数字 1 ~ 5 文字" 
    data-val-regex-pattern="^\d{1,5}$" 
    data-val-required="ID は必須" 
    id="ID" name="ID" 
    type="number" 
    value="1" />

なぜ "The field ID must be a number." というような英語になってしまうかと言うと、日本語のサテライトアセンブリ System.Web.Mvc.resources.dll がインストールされてないからです。

(ちなみに、Visual Studio 2010 のテンプレートで作る MVC4 は自動的に日本語のサテライトアセンブリ System.Web.Mvc.resources.dll が bin/ja フォルダに配置されます。MVC3 も、仕組みは不明ですが、エラーメッセージは日本語になります)

解決するには、NuGet パッケージ管理で Microsoft.AspNer.Mvc.ja をインストールしてやるのが簡単かつ確実だと思います。以下の画像を見てください。

NuGet パッケージ追加

それにより、プロジェクトの bin フォルダに ja フォルダが追加され、その中に日本語のサテライトアセンブリが追加されます。

日本語のサテライトアセンブリ

上の画像の ja フォルダの中の EntityFramework 関係のアセンブリは NuGet パッケージ Microsoft.AspNer.Mvc.ja をインストールする際に System.Web.Mvc.resources.dll と同時にインストールされたものです。(依存関係は不明)

インストール済みの他のパッケージが Microsoft.AspNet.Mvc.ja に依存し、更新が必要な場合は同時に更新されます。ちなみに、自分の環境で v5.2.7 をインストールしたら、Microsoft.AspNet.Mvc.5.2.3 ⇒ 5.2.7、Microsoft.AspNet.Razor.3.2.3 ⇒ 3.2.7、Microsoft.AspNet.WebPages.3.2.3 ⇒ 3.2.7 というように更新されました。

【注意】

日本語のサテライトアセンブリをインストールしたら、web.config の system.web 要素内に globalization 要素を追加し、その Culture, UICulture 属性を "auto" に設定するのを忘れないようにしてください。

Culture, UICulture を "auto" に設定すると、ASP.NET は、ブラウザから送信されてくる要求ヘッダに含まれる Accept-Language の設定を調べて、その要求を処理するスレッドのカルチャを Accept-Language に設定されているカルチャに書き換えてくれます。

そして、実行時に、リソースマネージャが現在の要求を処理しているスレッドのカルチャ情報を参照してローカライズされたリソースを検索し、UI に表示されるテキストを取得するという仕組みになっています。

Culture, UICulture を "auto" に設定するのを忘れるとブラウザの言語設定は無視されます。デフォルトではシステムのロケールに該当するカルチャがスレッドに設定されます。

なので、ホスティングサービス(Azure も含む)などでサーバーの OS が英語版だったりすると ja フォルダにある日本語のサテライトアセンブリは使われず、元の英語に戻ってしまうはずです。

Tags: ,

Validation

About this blog

2010年5月にこのブログを立ち上げました。その後 ブログ2 を追加し、ここは ASP.NET 関係のトピックス、ブログ2はそれ以外のトピックスに分けました。

Calendar

<<  April 2019  >>
MoTuWeThFrSaSu
25262728293031
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293012345

View posts in large calendar