WebSurfer's Home

トップ > Blog 1   |   Login
Filter by APML

jQuery ajax で部分ビューの呼出・表示

by WebSurfer 7. March 2020 12:25

jQuery ajax を使って、部分ビューを応答として返すアクションメソッドにフォームデータを POST 送信し、返ってきた部分ビューの html をページ内の指定の場所にレンダリングする方法を書きます。

jQuery ajax で部分ビューの呼出・表示

先の記事「ASP.NET Core MVC と Ajax ライブラリ」では、Microsoft の Ajax ライブラリ jquery.unobtrusive-ajax.js を利用して、Ajax で部分ビューを呼び出してページ内の指定の場所に表示する方法を書きました。

それと機能的に同じことを、Microsoft の Ajax ライブラリの助けを借りないで、jQuery ajax を利用して実装する方法です。

CSRF 用の隠しフィールドのデータを含めてフォームデータを全て jQuery ajax を使って POST 送信し、部分ビュー用のアクションメソッドに付与した [ValidateAntiForgeryToken] 属性での検証ができるようにしていることに注目してください。

問題はフォームデータをクライアント側でどのように取得するかですが、jQuery の .serialize() メソッドを使うと form データを application/x-www-form-urlencoded 形式の文字列として取得できます。それを jQuery ajax の data パラメータに設定して POST 送信してやればアクションメソッドで受けることができます。

Controller と View のサンプルコードを以下に書いておきます。コードは ASP.NET Core 3.1 MVC のものです。.NET Framework MVC5 の場合はライブラリ jquery.unobtrusive-ajax.js と AjaxHelper を使う方が簡単でよさそうです。

使っているのは Microsoft が提供する Northwind サンプルデータベースの Customers テーブルです。その CompanyName をドロップダウンリストに表示し、ユーザーが選択してボタンをクリックすると部分ビューを呼び出して、選択した Customers のレコードの詳細を指定した場所(下の View のコードで言うと <div id="result"></div> の中)に書き出すものです。

Controller / Action Method

先の記事「ASP.NET Core MVC と Ajax ライブラリ」のものと同じです。

using System.Linq;
using Microsoft.AspNetCore.Mvc;
using Microsoft.AspNetCore.Mvc.Rendering;

namespace MvcCoreApp.Controllers
{
  public class AjaxController : Controller
  {
    private readonly NorthwindContext _context;

    public AjaxController(NorthwindContext context)
    {
      _context = context;
    }

    // jQuery ajax で下のアクションメソッド Details
    // を呼んで詳細 Customer データの部分ビューを表示。
    // CSRF 用の隠しフィールドのデータも送信して検証で
    // きるようにする。
    public IActionResult Index2()
    {
      // 全部取得すると長すぎるので Take(10) した
      var list = _context.Customers.Take(10);
      ViewData["customers"] = 
        new SelectList(list, "CustomerId", "CompanyName");
      return View();
    }

    // 部分ビュー用のアクションメソッド
    [HttpPost]
    [ValidateAntiForgeryToken]
    public IActionResult Details(string customerid)
    {
      if (string.IsNullOrEmpty(customerid))
      {
        return NotFound();
      }

      var customer = _context.Customers.Find(customerid);

      if (customer == null)
      {
        return NotFound();
      }

      return PartialView(customer);
    }
  }
}

View (Index2.cshtml)

ボタンには input type="submit" タイプ(クリックすると form を submit する)と input type="button" タイプ(クリックしても何も起こらない)の 2 つを配置して、両方期待通り動くことを確認してみました。

@{
    ViewData["Title"] = "Index2";
}

<h1>Index2</h1>

<form id="form1" asp-action="Details" 
      asp-controller="Ajax" method="post">

    <select id="customerid" name="customerid" 
            asp-items="@ViewBag.customers">
    </select>

    <input type="submit" value='詳細表示 (type="submit")' />
    <input id="button1" type="button"
                         value='詳細表示 (type="button")' />

</form>

<div id="result"></div>

@section Scripts {
    <script type="text/javascript">
        //<![CDATA[

        // [詳細表示 (type="submit")] ボタンをクリック
        // したときの処理

        // ボタンクリックで form が submit されるという
        // 動きになるので、form 要素の submit イベントに
        // リスナをアタッチして jQuert ajax で処理する
        $("#form1").on("submit", function (event) {
            // submit されては困るのでキャンセル
            event.preventDefault();

            // jQuery ajax を使って、部分ビューを応答と
            // して返すアクションメソッド Ajax/Deteils
            // にフォームデータを POST 送信する
            $.ajax({
                type: "POST",
                url: "/Ajax/Details",

                // フォームデータを取得
                data: $(this).serialize(),

                // コールバック function の引数 data に
                // 部分ビューの html ソースが渡される 
                success: function (data) {                    
                    $("#result").empty();
                    $("#result").append(data);
                },

                error: function (jqXHR, status, error) {
                    $('#result').text('Status: ' + status +
                        ', Error: ' + error);
                }
            });
        })

        //]]>
    </script>

    <script type="text/javascript">
        //<![CDATA[

        // [詳細表示 (type="button")] ボタンをクリック
        // したときの処理

        // ボタン要素の click イベントにリスナをアタッチ
        // して jQuert ajax で処理する
        $("#button1").on("click", function () {

            // input type="button" タイプのボタンはクリ
            // ックしても from が submit されることは
            // ないので event.preventDefault(); は不要

            // jQuery ajax を使って、部分ビューを応答と
            // して返すアクションメソッド Ajax/Deteils
            // にフォームデータを POST 送信する
            $.ajax({
                type: "POST",
                url: "/Ajax/Details",

                // フォームデータを取得
                data: $("#form1").serialize(),

                // コールバック function の引数 data に
                // 部分ビューの html ソースが渡される 
                success: function (data) {
                    $("#result").empty();
                    $("#result").append(data);
                },

                error: function (jqXHR, status, error) {
                    $('#result').text('Status: ' + status +
                        ', Error: ' + error);
                }
            });
        })

        //]]>
    </script>
}

部分ビューのコードは、先の記事「ASP.NET Core MVC と Ajax ライブラリ」のものと同じなので省略します。

Microsoft の Ajax ライブラリ jquery.unobtrusive-ajax.js は ASP.NET Core MVC ではサポートされてないのかもしれません。なので、上記のように jQuery ajax を使うのが正解のような気がします。

Tags: , , ,

CORE

About this blog

2010年5月にこのブログを立ち上げました。その後 ブログ2 を追加し、ここは ASP.NET 関係のトピックス、ブログ2はそれ以外のトピックスに分けました。

Calendar

<<  July 2020  >>
MoTuWeThFrSaSu
293012345
6789101112
13141516171819
20212223242526
272829303112
3456789

View posts in large calendar