WebSurfer's Home

トップ > Blog 1   |   Login
Filter by APML

ユーザー対話モード

by WebSurfer 18. September 2022 13:58

IIS でホストされる ASP.NET Web アプリはユーザー対話モードでは動かないという話を書きます。

Environment.UserInteractive

ASP.NET Web アプリを、開発環境で Visual Studio から実行して IIS Express 上で動かすと期待通り動くが、運用環境で IIS にデプロイすると動かないという話を耳にします。

その原因のほどんどは、(1) ワーカープロセスのアクセス権の違い、(2) プロセスがユーザー対話モードで動いているか否かです。(加えて、Session 0 分離による制約もあります。詳しくは、Microsoft の文書 Impact of Session 0 Isolation on Services and Drivers in Windows を見てください)

開発環境の時は、PC にログインしたアカウントで Visual Studio を起動しているので、(1) は PC にログインしたユーザーアカウントの権限、(2) はユーザー対話モードになっています。

運用環境で IIS にデプロイした時は、(1) はデフォルトでは Network Service または AppPoolIdentity という権限が低いアカウント、(2) は非ユーザー対話モードです。

ユーザー対話モードにならないということは、ユーザーが対話するためのグラフィカルユーザーインターフェイスが存在しないということで、モーダルダイアログやメッセージボックスは表示できません。

ワーカープロセスのアカウントは WindowsIdentity.GetCurrent メソッドで、ユーザー対話モードで実行されているか否かは Environment.UserInteractive プロパティで調べることができます。上の画像の赤枠部分が Windows 10 の IIS 10 でホストされる ASP.NET Web Forms アプリで調べた結果です。

上記 (1) の権限の問題は、Network Service または AppPoolIdentity に必要な権限を与えるとか、権限を持つアカウントを偽装するとかで解決します。

または、以下の画像のように IIS Manager を操作して、プロセスモデルの ID に必要な権限を持つユーザーアカウントを設定することでも解決できます。

ワーカープロセスのアカウント変更

しかし、(2) のユーザー対話モードについてはそれでは何ともなりません。ユーザー対話モードにする手段は少なくとも自分が調べた限りでは無かったです。

実は、上の画像のようにプロセスモデルの ID に管理者権限を持つユーザーアカウントを設定すれば Environment.UserInteractive が True(=ユーザー対話モード)になると思い違いしていました。

昔の Teratail のスレッド「WebBrowserの動作に影響するPC環境の相違点」に回答する際調べたことなのですが、すっかり忘れていたので備忘録として残しておくことにした次第です。

Tags: , ,

ASP.NET

About this blog

2010年5月にこのブログを立ち上げました。その後ブログ2を追加し、ここはプログラミング関係、ブログ2はそれ以外のトピックスに分けました。

Calendar

<<  December 2022  >>
MoTuWeThFrSaSu
2829301234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930311
2345678

View posts in large calendar