WebSurfer's Home

トップ > Blog 2   |   Login
Filter by APML

秋葉原に行って SSD を買ってきました

by WebSurfer 7. July 2014 14:45

7 月 5 日の土曜日に秋葉原に行ってきました。

秋葉原

もともと行く予定はなかったのですが、当日 AKB48 の個別握手会 が東京ビッグサイトで開催されていて、それに行ったついでに秋葉原に立ち寄ったというわけです。

電気街の PC ショップに行って、最近発売された CPU、マザーボード、ビデオカード、SSD などのパーツを見てきました。

ただ、今回は見るだけではおさまらず、以前から欲しいと思っていた SSD を買ってしまいました。

Crucial 512GB SSD

買ったのはマイクロン・ジャパンの Crucial ブランド MX100 シリーズ の CT512MX100SSD1 という容量 512GB の製品です。

価格はツクモパソコン本店で税込み 23,198 円でした。ちなみに、その時点での価格.COM での最安値は 23,180 円でした。

実は、2 年程前、SSD を買いに秋葉原まで行った にもかかわらず、買わずに帰ってきたという経緯があります。(笑)

その時は容量が 500GB 前後の SSD の価格は 3 ~ 5 万円ぐらいしてまして、それだけお金をかけてドライブだけ速くしてもあまり意味はなさそうだと考え直して買うのを止めました。

さらに、その後の円安の影響で SSD の価格が 2 ~ 3 割値上がりしたこともあって、しばらく買う気はしなかったです。

ところが、6 月になって、512GB モデルで実売価格が 2 万円台前半と格安なマイクロンジャパンの新型 SSD が発売になって、またまた購買意欲が湧いてきて、ついに買ってしまいました。

価格は上位モデルの M550 より 1 万円ほど安いのですが、シーケンシャルリードが 550MB/s、シーケンシャルライトが 500MB/s と性能はほぼ同じで、現時点では他社製品も含めて最もコストパフォーマンスが高いようです。

ただし、その分付属品は少なく、9.5mm 用スペーサー以外何もついていません。デスクトップ PC の 3.5 インチベイに取り付ける場合は変換マウンタ(必要があればケーブルも)を追加で購入する必要があります。

ちなみに、2 年ほど前に買った Intel 330 Series SSD には過剰なほど付属品が付いていました。まぁ、不要なものは付けないで、その分価格を安くしてもらった方が良いと思いますけど。

既存の HDD からのデーターの移行、PC 本体へのインストール作業はまだこれからです。完了したら詳細を書くつもりです。

Tags: ,

PC

About this blog

ここブログ2は趣味など日常のトピックス、ブログ1 は ASP.NET Web アプリ開発関係のトピックスになっています。

Calendar

<<  October 2020  >>
MoTuWeThFrSaSu
2829301234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930311
2345678

View posts in large calendar