WebSurfer's Page - 実験室

DOM イベントのキャプチャリングとバブリング (2012/12/1 記)

ブログの記事 キャプチャリングとバブリング に書いたコードを実際に試すためのページを追加しました。

DOM イベントは、イベントの原因となったオブジェクトで発生するだけでなく、キャプチャリングとバブリングというイベントの伝播があります。

どこかの DOM オブジェクトでイベントが発生すると、window オブジェクトとイベントが起きたオブジェクトの間を、DOM ツリーの親子関係を順にたぐって、イベントが伝播していきます。

window からイベントを発生させたオブジェクトの間の、親子関係にある任意のオブジェクトにリスナーを登録しておけば、そのオブジェクトにイベントが送信されたタイミングで必要な処置ができます。

addEventListener メソッドを利用してリスナーを登録し、Capturing Phase、Target Phase、Bubbling Phase でイベントを補足するサンプルを書いてみました。(IE6-8 では、addEventListener メソッドはサポートされていませんので、代わりに attachEvent メソッドを使っています)

なお、Target Phase では、addEventListener メソッドで第 3 引数 useCapture を false に指定して登録したリスナーのみが呼び出されることになっているそうですが、自分が試した限りでは、useCapture を true に指定して登録したリスナーも呼び出されてしまいました。

検証に使ったブラウザは、IE9、Firefox 17.0, Chrome 23.0.1271.95 m, Opera 12.02, Safari 5.1.7 で、すべて同じ結果になりました。

トップへ    目次へ


span1
span2