WebSurfer's Home

トップ > Blog 1   |   Login
Filter by APML

GridView のヘッダ、列を固定(その 2)

by WebSurfer 4. February 2013 21:26

github というサイトの Grid というページに紹介されている JavaScript(jQuery ではない)と CSS を利用して、GridView のヘッダと列を固定する例の紹介です。

GridView に Grid.js, Grid.css を適用

先の記事「GridView のヘッダ、列を固定」で、CSS の Internet Explorer (IE) 独自実装である expression 関数を使ってテーブルのヘッダと列を固定する例を書きました。

しかしながら、expression 関数のサポートは終了していて IE でも互換モードでないと動きませんし、IE の独自実装なので、当然、Firefox など他のブラウザでは動きませんので、あまり使い道はありません。

2017/8/16 注記追加
Windows 10 IE11 では Quirks モード(IE5 相当)にしても expression 関数が働かないようです。いつそうなったのかは不明ですが、expression 関数を使ってテーブルのヘッダ・列を固定する方法は使用禁止にした方がよさそうです。

代わりに、上に紹介した Grid のページから入手できる Grid.js と Grid.css を利用して、GridView のヘッダと列を固定するサンプルを作ってみました。これなら IE7+, Firefox, Chrome, Safari, Opera コンパチなので一般的に使えると思います。

上の画像を表示したサンプルコードを以下に書いておきます。注意点は以下およびコード内のコメントに書いておきましたので読んでください。

  1. Grid.js は、table の DOM、json 文字列、xml 文字列のいずれかをソースとして、ヘッダや列を固定可能なテーブルを生成します。GridView の場合は、GridView が生成した table の DOM をソースとして使うことになります。
  2. GridView が生成した table の DOM は、Grid.js が生成した別テーブルに置き換えられます。つまり、上の画像に表示されているテーブルは GridView ではなく、Grid.js が生成した別物です。
  3. Grid.js が生成した別テーブルを操作してデータベースの更新を行うのは無理っぽいです。別テーブルは表示するだけにして、更新は別に DetailsView か FormView を表示して行うのがよさそうです。

実際に動かして試すことができるよう 実験室 にアップしました。興味のある方は試してみてください。

<%@ Page Language="C#" %>
<%@ Import Namespace="System.Data" %>

<!DOCTYPE html PUBLIC "-//W3C//DTD XHTML 1.0 Transitional//EN"
 "http://www.w3.org/TR/xhtml1/DTD/xhtml1-transitional.dtd">

<script runat="server">
  // データソース用の DataTable を作成
  protected DataTable CreateDataTable()
  {
    DataTable dt = new DataTable();
    DataRow dr;

    dt.Columns.Add(new DataColumn("ID", typeof(Int32)));
    dt.Columns.Add(new DataColumn("Name", typeof(string)));
    dt.Columns.Add(new DataColumn("Type", typeof(string)));
    dt.Columns.Add(new DataColumn("Price", typeof(Int32)));
    dt.Columns.Add(new DataColumn("Qty", typeof(Int32)));
    dt.Columns.Add(new DataColumn("Amount", typeof(Int32)));
    dt.Columns.Add(new DataColumn("CategoryID", typeof(Int32)));
    dt.Columns.Add(new DataColumn("Note", typeof(string)));
    dt.Columns.Add(new DataColumn("Discontinued", typeof(bool)));
    dt.Columns.Add(new DataColumn("DateTime", typeof(DateTime)));

    for (int i = 0; i < 50; i++)
    {
      dr = dt.NewRow();
      dr["ID"] = i;
      dr["Name"] = "Product Name_" + i.ToString();
      dr["Type"] = "Product Type " + (100 - i).ToString();
      dr["Price"] = 123000 * (i + 1);
      dr["Qty"] = (i + 1) * 20;
      dr["Amount"] = 123000 * (i + 1) * (i + 1);
      dr["CategoryID"] = 100 - i;
      dr["Note"] = "Note_" + i.ToString();
      dr["Discontinued"] = (i%2 == 0)? true : false;
      dr["DateTime"] = DateTime.Now.AddDays(i);
      dt.Rows.Add(dr);
    }
    return dt;
  }

  // GridView に上記メソッドで作った DataTable をバインド
  protected void Page_Load(object sender, EventArgs e)
  {
    if (!IsPostBack)
    {
      GridView1.DataSource = CreateDataTable();
      GridView1.DataBind();
    }
  }

  // ソースが DOM の場合、thead, tbody が必要。
  // GridView はデフォルトでは thead, tbody は生成
  // されないので、以下のコードを使って追加する。
  protected void GridView1_RowCreated(
    object sender, GridViewRowEventArgs e)
  {
    if (e.Row.RowType == DataControlRowType.Header)
    {
      e.Row.TableSection =
        System.Web.UI.WebControls.TableRowSection.TableHeader;
    }
    else if (e.Row.RowType == DataControlRowType.DataRow)
    {
      e.Row.TableSection =
        System.Web.UI.WebControls.TableRowSection.TableBody;
    }
    // フッターがある場合(GridView.ShowFooter が true の場合)は
    // 以下のコードのコメントアウトを解除。
    //else if (e.Row.RowType == DataControlRowType.Footer)
    //{
    //  e.Row.TableSection =
    //    System.Web.UI.WebControls.TableRowSection.TableFooter;
    //}
  }
</script>

<html xmlns="http://www.w3.org/1999/xhtml">
<head runat="server">
  <title></title>
  <script src="/Scripts/Grid.js" type="text/javascript"></script>
  <link href="/css/Grid.css" rel="stylesheet" type="text/css" />
  <script type="text/javascript">
  //<![CDATA[
    window.onload = function () {
      // GridView は div 要素で囲った table を生成するの
      // で、その div 要素を利用する。div 要素に id を付
      // 与して初期サイズを指定する CSS を設定する。
      // div 要素の直下に table がないと、Grid.js による
      // 置き換えがうまくいかない(GridView の table が
      // 残ってしまう)ので注意。
      var tableGridView = 
        document.getElementById("<%=GridView1.ClientID%>");
      var parentElement = tableGridView.parentNode;
      parentElement.setAttribute("id", "myGrid");
      parentElement.setAttribute("class", "style1");

      // ソートするために各列のデータ型を指定。デフォルト
      // は string なので、数字などの列がある場合は指定し
      // ないとソート結果が期待通りにならない。
      var gridColSortTypes =
        ["number", "string", "string", "number", "number", 
        "number", "number", "string", "none", "date"];

      // GridView (table) の場合、srcType は "dom" に設定。
      // 下のコードの myGrid は table を囲う div 要素の id。
      // SrcData には table の id(GridView の ClientID)を
      // 設定。その他のパラメータ設定は Grid のページ参照。
      // Grid.js は、SrcData に指定された table の DOM を
      // ソースに使って別テーブルを生成し、元の table と置
      // き換える。
      new Grid("myGrid", {
        srcType: "dom",
        srcData: "<%=GridView1.ClientID%>",
        allowGridResize: true,
        allowColumnResize: true,
        allowClientSideSorting: true,
        allowSelections: true,
        allowMultipleSelections: true,
        showSelectionColumn: false,
        colSortTypes : gridColSortTypes,
        fixedCols: 1
      });
    };
  //]]>
  </script>

  <style type="text/css">
    /* テーブルの初期サイズの指定 */
    .style1
    {
      width: 400px;
      height: 360px;
    }    
  </style>
</head>
<body>
  <form id="form1" runat="server">
  <asp:GridView ID="GridView1" 
    runat="server"
    OnRowCreated="GridView1_RowCreated" 
    EnableViewState="False">
  </asp:GridView>
  </form>
</body>
</html>

Tags: ,

JavaScript

GridView と thead, tbody, tfoot

by WebSurfer 16. December 2012 20:13

GridView も html にレンダリングされると table, tr, th, td などの要素になりますが、thead, tbody, tfoot 要素はデフォルトではレンダリングされません。今回は GridView で thead, tbody, tfoot 要素を追加する方法を書きます。

GridView は、内部で Table コントロール を利用しているようです。

従って、Table コントロール内の TableRow オブジェクトの TableSection プロパティTableRowSection 列挙体 のTableHeader, TableBody, TableFooter のいずれかに設定してやれば thead, tbody, tfoot 要素が追加されます。

以下のコードのような感じです。

実際に動かして試すことができるよう 実験室 にアップしました。興味のある方は試してみてください。html ソースを見れば thead, tbody, tfoot 要素が追加されているのが分かると思います。

<%@ Page Language="C#" %>
<%@ Import Namespace="System.Data" %>

<!DOCTYPE html PUBLIC "-//W3C//DTD XHTML 1.0 Transitional//EN"
 "http://www.w3.org/TR/xhtml1/DTD/xhtml1-transitional.dtd">

<script runat="server">
  // データソース用の DataTable を作成
  protected DataTable CreateDataTable()
  {
    DataTable dt = new DataTable();
    DataRow dr;

    dt.Columns.Add(new DataColumn("ID", typeof(Int32)));
    dt.Columns.Add(new DataColumn("Name", typeof(string)));
    dt.Columns.Add(new DataColumn("Price", typeof(Int32)));
    dt.Columns.Add(new DataColumn("Qty", typeof(Int32)));
    dt.Columns.Add(new DataColumn("Amount", typeof(Int32)));
    dt.Columns.Add(new DataColumn("Note", typeof(string)));

    for (int i = 0; i < 10; i++)
    {
      dr = dt.NewRow();
      dr["ID"] = i;
      dr["Name"] = "Name_" + i.ToString();
      dr["Price"] = 123000 * (i + 1);
      dr["Qty"] = (i + 1) * 20;
      dr["Amount"] = 123000 * (i + 1) * (i + 1);
      dr["Note"] = "Note_" + i.ToString();
      dt.Rows.Add(dr);
    }
    return dt;
  }

  protected void Page_Load(object sender, EventArgs e)
  {
    if (!IsPostBack)
    {
      GridView1.DataSource = CreateDataTable();
      GridView1.DataBind();
    }
  }

  protected void GridView1_RowCreated(
    object sender, GridViewRowEventArgs e)
  {
    if (e.Row.RowType == DataControlRowType.Header)
    {
      e.Row.TableSection = 
        System.Web.UI.WebControls.TableRowSection.TableHeader;
    }
    else if (e.Row.RowType == DataControlRowType.DataRow)
    {
      e.Row.TableSection = 
        System.Web.UI.WebControls.TableRowSection.TableBody;
    }
    else if (e.Row.RowType == DataControlRowType.Footer)
    {
      e.Row.TableSection = 
        System.Web.UI.WebControls.TableRowSection.TableFooter;
    }
  }
</script>

<html xmlns="http://www.w3.org/1999/xhtml">
<head runat="server">
  <title></title>
</head>
<body>
  <form id="form1" runat="server">
  <div>
    <asp:GridView ID="GridView1" 
      runat="server" 
      OnRowCreated="GridView1_RowCreated" 
      ShowFooter="True" 
      EnableViewState="False">
    </asp:GridView>
  </div>
  </form>
</body>
</html>

Tags: , , ,

ASP.NET

DropDownList を使って絞込み

by WebSurfer 17. July 2011 14:29

GridView に表示するレコードを DropDownList を使って絞り込むサンプルです。

GridView に表示するレコードを DropDownList を使って絞り込み

以前、実験室 SelectCommand の切り替え にも、2 つの DropDownList を使って GridView に表示されるレコードを絞り込むサンプルを書きましたが、それは SqlDataSource の SelectCommand(正確には SELECT クエリの WHERE 句)を書き換えていて、そのためのコードを書かなければならないのが面倒で、かつ、あまりスマートな方法とはいえません。

今回、ここに書いた方法は、WHERE 句は以下のように固定しておいて、DropDownList の SelectedValue プロパティの値によって全件抽出と条件抽出の両方に対応できるようにしたものです。

WHERE (@CustomerID='ALL' OR o.CustomerID=@CustomerID) 
  AND (@EmployeeID=0 OR e.EmployeeID=@EmployeeID)

上記で、@CustomerID='ALL' と @EmployeeID=0 が全件抽出の条件で、DropDownList.SelectedValue がそれぞれ "ALL" と "0" の時にその条件に一致させるようにします。

そのために、DropDownList の AppendDataBoundItems プロパティを true に設定した上で、全件抽出条件のための ListItem を追加します。なお、EmployeeID については、データ型が int なので、ListItem は以下のように設定しなければなりません。DropDownList.SelectedValue プロパティは string 型を返しますが、データベースプロバイダが型変換してくれます。

<asp:ListItem Value="0">ALL</asp:ListItem>

これによって C# のコードは一行も書かずに、すべてウィザードベースで作ることができます。上の画像の aspx ページのコードは以下の通りです。データベースには Northwind サンプルデータベースの Orders, Customers, Employees テーブルを使っています。

<%@ Page Language="C#" %>

<!DOCTYPE html PUBLIC "-//W3C//DTD XHTML 1.0 Transitional//EN" 
"http://www.w3.org/TR/xhtml1/DTD/xhtml1-transitional.dtd">

<script runat="server">

</script>

<html xmlns="http://www.w3.org/1999/xhtml">
<head runat="server">
  <title></title>
</head>
<body>
  <form id="form1" runat="server">
  <div>
    <asp:SqlDataSource ID="SqlDataSource1" 
      runat="server" 
      ConnectionString="<%$ ConnectionStrings:Northwind %>" 
      SelectCommand=
        "SELECT DISTINCT o.CustomerID, c.CompanyName 
        FROM Orders AS o 
        INNER JOIN Customers AS c 
        ON o.CustomerID = c.CustomerID">
    </asp:SqlDataSource>
    Customer: 
    <asp:DropDownList ID="DropDownList1" 
      runat="server" 
      AppendDataBoundItems="True" 
      DataSourceID="SqlDataSource1" 
      DataTextField="CompanyName" 
      DataValueField="CustomerID" 
      AutoPostBack="True">
      <asp:ListItem>ALL</asp:ListItem>
    </asp:DropDownList>
    <br />
    <asp:SqlDataSource ID="SqlDataSource2" 
      runat="server" 
      ConnectionString="<%$ ConnectionStrings:Northwind %>" 
      SelectCommand=
        "SELECT DISTINCT o.EmployeeID, 
          e.FirstName + ' ' + e.LastName AS Name 
        FROM Orders AS o 
        INNER JOIN Employees AS e 
        ON o.EmployeeID = e.EmployeeID">
    </asp:SqlDataSource>
    Employee: 
    <asp:DropDownList ID="DropDownList2" 
      runat="server" 
      AppendDataBoundItems="True" 
      DataSourceID="SqlDataSource2" 
      DataTextField="Name" 
      DataValueField="EmployeeID" 
      AutoPostBack="True">
      <asp:ListItem Value="0">ALL</asp:ListItem>
    </asp:DropDownList>

    <asp:SqlDataSource ID="SqlDataSource3" 
      runat="server" 
      ConnectionString="<%$ ConnectionStrings:Northwind %>" 
      SelectCommand=
        "SELECT o.OrderID, c.CompanyName, 
          e.FirstName + ' ' + e.LastName AS Name, 
          o.ShippedDate, o.Freight 
        FROM Orders AS o 
        INNER JOIN Customers AS c 
          ON o.CustomerID = c.CustomerID 
        INNER JOIN Employees AS e 
          ON o.EmployeeID = e.EmployeeID
        WHERE (@CustomerID='ALL' OR o.CustomerID=@CustomerID) 
          AND (@EmployeeID=0 OR e.EmployeeID=@EmployeeID)
        ORDER BY o.OrderID">
        <SelectParameters>
          <asp:ControlParameter ControlID="DropDownList1" 
            Name="CustomerID" 
            PropertyName="SelectedValue" />
          <asp:ControlParameter ControlID="DropDownList2" 
            Name="EmployeeID" 
            PropertyName="SelectedValue" />
        </SelectParameters>
    </asp:SqlDataSource>
    <asp:GridView ID="GridView1" 
      runat="server" 
      AllowPaging="True" 
      AutoGenerateColumns="False" 
      DataKeyNames="OrderID" 
      DataSourceID="SqlDataSource3">
      <Columns>
        <asp:BoundField 
          DataField="OrderID" 
          HeaderText="OrderID" 
          InsertVisible="False" 
          ReadOnly="True" 
          SortExpression="OrderID" />
        <asp:BoundField 
          DataField="CompanyName" 
          HeaderText="Customer" 
          SortExpression="CompanyName" />
        <asp:BoundField 
          DataField="Name" 
          HeaderText="Employee" 
          ReadOnly="True" 
          SortExpression="Name" />
        <asp:BoundField 
          DataField="ShippedDate" 
          HeaderText="Shipped Date" 
          SortExpression="ShippedDate" 
          DataFormatString="{0:yyyy/M/d}" >
          <ItemStyle HorizontalAlign="Center" />
        </asp:BoundField>
        <asp:BoundField 
          DataField="Freight" 
          HeaderText="Freight" 
          SortExpression="Freight" 
          DataFormatString="${0:N2}" >
          <ItemStyle HorizontalAlign="Right" />
        </asp:BoundField>
      </Columns>
    </asp:GridView>
  </div>
  </form>
</body>
</html>

Tags: ,

ASP.NET

About this blog

2010年5月にこのブログを立ち上げました。その後 ブログ2 を追加し、ここは ASP.NET 関係のトピックス、ブログ2はそれ以外のトピックスに分けました。

Calendar

<<  December 2021  >>
MoTuWeThFrSaSu
293012345
6789101112
13141516171819
20212223242526
272829303112
3456789

View posts in large calendar