WebSurfer's Home

トップ > Blog 1   |   Login
Filter by APML

画像をアップロードして SQL Server に保存 (CORE)

by WebSurfer 24. November 2021 14:51

画像ファイルをタイトルと説明の文字列と共にアップロードし、サーバ側でサムネイル画像を作成してタイトル・説明・サムネイル画像・オリジナル画像を一式 SQL Server データベースに保存するサンプルを書きます。

一覧の表示

上の画像はアップロードして SQL Server に保存されたタイトル、説明、サムネイル画像を取得して一覧にして表示したものです。(オリジナル画像を表示してないのは一覧表に表示するのは大きすぎるからという理由だけです)

以下に、Entity Framework Code First の機能を使っての SQL Server データベースの作り方、一覧の表示、アップロード、編集、削除機能を実装した ASP.NET Core MVC アプリの作り方を述べます。

(保存先をデータベースではなく Web サーバーの特定のフォルダにファイルとして保存する場合は別の記事「ASP.NET Core MVC でファイルアップロード」に書きましたので、興味がありましたらそちらを見てください)

ベースに使ったプロジェクトは、先の記事「Visual Studio 2022 の ASP.NET MVC アプリ」に書いた Visual Studio 2022 で作成した .NET 6.0 の ASP.NET Core MVC アプリです。それに以下のように機能を追加します。

(1) Model

アップロードの際に Controller と View の間でデータのやり取りをするための View Model と、Entity Framework を使って SQL Server データベースとのデータのやり取りをするエンティティクラスを作ります。この記事では以下のようにしました (ファイル名とか MIME タイプ情報なども保持したいかもしれませんが、それはまた別の機会に)。

#nullable disable

using System.ComponentModel.DataAnnotations;

namespace MvcCore6App.Models
{
    // View Model
    // アップロードの際 Controller/View 間でデータのやり取りをする
    public class FileUploadViewModel
    {
        [Display(Name = "タイトル")]
        [Required(ErrorMessage = "{0} は必須")]
        [StringLength(25, ErrorMessage = "{0} は {1} 文字以内")]
        public string Title { get; set; }

        [Display(Name = "説明")]
        [StringLength(250, ErrorMessage = "{0} は {1} 文字以内")]
        public string Description { get; set; }

        [Display(Name = "ファイル")]
        [Required(ErrorMessage = "{0} は必須")]
        public IFormFile PostedFile { get; set; }
    }

    // エンティティクラス
    // SQL Server データベースとのデータのやり取りをする。また、
    // これをベースに EF Code First でデータベースを生成する
    public class FileEntity
    {
        public int Id { get; set; }

        [Display(Name = "タイトル")]
        [Required]
        [StringLength(25)]
        public string FileName { get; set; }

        [Display(Name = "説明")]
        [StringLength(250)]
        public string Description { get; set; }

        [Display(Name = "サムネイル画像")]
        [Required]
        public byte[] ThumbImage { get; set; }

        [Required]
        public byte[] OriginalImage { get; set; }
    }
}

Visual Studio 2022 で作成した .NET 6.0 の ASP.NET Core MVC アプリでは NULL 許容参照型がプロジェクト全体で有効化されていますので、警告を抑制するため #nullable disable を付与しています。下のコードでも必要に応じてそのようにしています。

(2) コンテキストクラス

Entity Framework を使って Controller と SQL Server データベースとの間でデータをやり取りするためのコンテキストクラスを定義します。この記事では以下のようにしました。

#nullable disable

using MvcCore6App.Models;
using Microsoft.EntityFrameworkCore;

namespace MvcCore6App.Data
{
    public class FileContext : DbContext
    {
        public FileContext(DbContextOptions<FileContext> options) : base(options)
        {
        }

        public DbSet<FileEntity> Files { get; set; }

        protected override void OnModelCreating(ModelBuilder modelBuilder)
        {
            modelBuilder.Entity<FileEntity>().ToTable("File");
        }
    }

(3) Program.cs にサービスの追加

上記 (2) で定義したコンテクストクラスのインスタンスを Controller のコンストラクタ経由で DI できるようにするため、Program.cs に AddDbContext メソッドを使ってサービスの追加を行います。以下のコードで「// これを追加」とコメントした部分です。

using Microsoft.AspNetCore.Identity;
using Microsoft.EntityFrameworkCore;
using MvcCore6App.Data;
using MvcCore6App.Areas.Identity.Data;

var builder = WebApplication.CreateBuilder(args);

var connectionString = builder.Configuration
    .GetConnectionString("ApplicationDbContextConnection");

builder.Services.AddDbContext<ApplicationDbContext>(options =>
    options.UseSqlServer(connectionString));

builder.Services.AddDefaultIdentity<ApplicationUser>(options => 
    options.SignIn.RequireConfirmedAccount = true)
    .AddEntityFrameworkStores<ApplicationDbContext>();

// これを追加
builder.Services.AddDbContext<FileContext>(options =>
    options.UseSqlServer(connectionString));

// Add services to the container.
builder.Services.AddControllersWithViews();

// ・・・後略・・・

(4) SQL Server データベース作成

上に定義したエンティティクラスとコンテクストクラスをベースに Migration 操作を行って SQL Server データベースを生成します。

SQL Server データベース

具体的には、Visual Studio のパッケージマネージャーコンソールで Add-Migration, Update-Database コマンドを実行すれば、Entity Framework Code First の機能によって、上の画像のようなデータベースが生成されます。

なお、上の (3) で接続文字列を appsettings.json に既存の ASP.NET Identity 用の "ApplicationDbContextConnection" にしていますので、ASP.NET Identity のユーザー情報のストア用のデータベースに File テーブルが追加されます。別のデータベースとして作成したい場合は接続文字列を変更してください。

(5) サムネイル作成用ユーティリティ

オリジナル画像を指定したサイズに縮小したサムネイル画像を作成するユーティリティクラスを定義します。

今回は以前に作成した .NET Framework の Windows アプリ用のコードを流用したのですが、それは Windows OS の GDI+ に依存する System.Drawing 名前空間のグラフィックス機能を利用しています。

.NET Core では特定の OS に依存する機能は Visual Studio のテンプレートで作るプロジェクトには含まれてないようで、利用するには NuGet パッケージ System.Drawing.Common をインストールする必要があります。

System.Drawing.Common

Windows OS の GDI+ に依存するということで Linux 上で動かすと例外が出て動かないとのことですが、それを解決するために libgdiplus というライブラリがあるそうです。(未検証・未確認です)

NuGet パッケージ System.Drawing.Common をインストールしても CA1416 警告が出ますが、#pragma warning disable CA1416 を追記して警告を抑制しました。コードは以下の通りです。

#pragma warning disable CA1416

using System.Drawing;
using System.Drawing.Drawing2D;
using System.Drawing.Imaging;

namespace MvcCore6App.Utils
{
    public class ImageUtils
    {
        const int sizeThumb = 69;   // thumbimage のサイズ(縦横同じ)
        const int sizeLarge = 400;  // largerimage のサイズ(横幅)

        // sizeThumb で指定されたサイズのサムネイルを作る。
        // オリジナルの縦横比は保たれる(高さ or 幅の大きい方が sizeThumb になる)
        public static byte[] MakeThumb(byte[] fullsize)
        {
            // ・・・省略・・・
        }

        // 引数 newWidth, newHeight で指定されたサイズのサムネイルを作る。
        // 縦横で縮小率が異なる場合変形されないよう大きい方をトリミングして縮小
        public static byte[] MakeThumb(byte[] fullsize, int newWidth, int newHeight)
        {
            using (MemoryStream ms1 = new MemoryStream(fullsize))
            using (Image iOriginal = Image.FromStream(ms1))
            {                                
                // オリジナル/サムネイルの縦横のサイズ比
                double scaleW = (double)iOriginal.Width / (double)newWidth;
                double scaleH = (double)iOriginal.Height / (double)newHeight;

                // オリジナル画像をトリミングするための Rectangle 作成
                Rectangle srcRect = new Rectangle();

                if (scaleH == scaleW)  // 縦横同じ⇒トリミングなし
                {
                    srcRect.Width = iOriginal.Width;
                    srcRect.Height = iOriginal.Height;
                    srcRect.X = 0;
                    srcRect.Y = 0;
                }
                else if (scaleH > scaleW) // 縦 > 横 ⇒ 縦のみトリミング
                {
                    srcRect.Width = iOriginal.Width;
                    srcRect.Height = Convert.ToInt32((double)newHeight * scaleW);
                    srcRect.X = 0;
                    srcRect.Y = (iOriginal.Height - srcRect.Height) / 2;
                }
                else   // 縦 < 横 ⇒ 横のみトリミング
                {
                    srcRect.Width = Convert.ToInt32((double)newWidth * scaleH);
                    srcRect.Height = iOriginal.Height;
                    srcRect.X = (iOriginal.Width - srcRect.Width) / 2;
                    srcRect.Y = 0;
                }

                using (Image iThumb = new Bitmap(newWidth, newHeight))
                using (Graphics g = Graphics.FromImage(iThumb))
                {
                    g.InterpolationMode = InterpolationMode.HighQualityBicubic;
                    Rectangle destRect = new Rectangle(0, 0, newWidth, newHeight);
                    g.DrawImage(iOriginal, destRect, srcRect, GraphicsUnit.Pixel);

                    using (MemoryStream ms2 = new MemoryStream())
                    {
                        iThumb.Save(ms2, ImageFormat.Jpeg);
                        return ms2.GetBuffer();
                    }
                }
            }
        }

        // 幅のみ指定してサムネイルを作る。高さは幅と同じ縮小率で縮小。
        public static byte[] MakeThumb(byte[] fullsize, int maxWidth)
        {
            // ・・・省略・・・
        }
    }
}

引数 fullsize のバイト列が有効なイメージ形式でないと Image.FromStream で例外がスローされます。一応 png と jpeg 形式は問題ないのは確認しましたが、その他はチェックはしてないので注意してください。戻り値のサムネイル画像のバイト列は jpeg 形式になります。

(6) Controller / Action Method

SQL Server のレコード一覧の表示、アップロード、編集、削除を行うための Controller のコードは以下のようにしました。

using Microsoft.AspNetCore.Mvc;
using MvcCore6App.Data;
using MvcCore6App.Models;
using MvcCore6App.Utils;
using Microsoft.EntityFrameworkCore;

namespace MvcCore6App.Controllers
{
    public class FileController : Controller
    {
        private readonly FileContext _context;

        public FileController(FileContext context)
        {
            _context = context;
        }

        public async Task<IActionResult> Index()
        {
            var fileContext = _context.Files;
            return View(await fileContext.ToListAsync());
        }

        public async Task<IActionResult> GetThumb(int? id)
        {
            if (id == null)
            {
                return NotFound();
            }

            var file = await _context.Files
                .FirstOrDefaultAsync(m => m.Id == id);

            if (file == null)
            {
                return NotFound();
            }

            return File(file.ThumbImage, "image/jpeg");
        }


        public IActionResult Upload()
        {
            return View();
        }

        [HttpPost]
        [ValidateAntiForgeryToken]
        public async Task<IActionResult> Upload(FileUploadViewModel model)
        {
            if (ModelState.IsValid)
            {
                using (var memoryStream = new MemoryStream())
                {
                    await model.PostedFile.CopyToAsync(memoryStream);

                    // Upload the file if less than 2 MB
                    if (memoryStream.Length < 2097152)
                    {
                        var byteArray = memoryStream.ToArray();
                        var file = new FileEntity()
                        {
                            FileName = model.Title,
                            Description = model.Description,
                            ThumbImage = ImageUtils.MakeThumb(byteArray, 70, 70),
                            OriginalImage = byteArray
                        };

                        _context.Files.Add(file);

                        await _context.SaveChangesAsync();
                    }
                    else
                    {
                        ModelState.AddModelError("PostedFile", "サイズは 2MB 以下");
                        return View(model);
                    }
                }

                return RedirectToAction("Index");
            }

            return View(model);
        }

        public async Task<IActionResult> Edit(int? id)
        {
            if (id == null)
            {
                return NotFound();
            }

            var file = await _context.Files.FindAsync(id);
            if (file == null)
            {
                return NotFound();
            }
            return View(file);
        }

        [HttpPost, ActionName("Edit")]
        [ValidateAntiForgeryToken]
        public async Task<IActionResult> EditPost(int? id)
        {
            if (id == null)
            {
                return NotFound();
            }

            var fileToUpdate = await _context
                                     .Files
                                     .FirstOrDefaultAsync(f => f.Id == id);

            if (fileToUpdate != null)
            {

                if (await TryUpdateModelAsync<FileEntity>(
                    fileToUpdate,
                    "",
                    f => f.FileName, f => f.Description))
                {
                    await _context.SaveChangesAsync();
                    return RedirectToAction("Index");
                }

            }
            return View(fileToUpdate);
        }

        public async Task<IActionResult> Delete(int? id)
        {
            if (id == null)
            {
                return NotFound();
            }

            var file = await _context.Files
                .AsNoTracking()
                .FirstOrDefaultAsync(f => f.Id == id);

            if (file == null)
            {
                return NotFound();
            }

            return View(file);
        }

        // POST: Students/Delete/5
        [HttpPost, ActionName("Delete")]
        [ValidateAntiForgeryToken]
        public async Task<IActionResult> DeleteConfirmed(int id)
        {
            var file = await _context.Files.FindAsync(id);

            if (file == null)
            {
                return RedirectToAction("Index");
            }

            _context.Files.Remove(file);
            await _context.SaveChangesAsync();
            return RedirectToAction("Index");
            
            
        }
    }
}

Upload メソッドは Microsoft のドキュメント「バッファー モデル バインドを使用して小さいファイルをデータベースにアップロードする」を参考にしました。Action Method と View の間のデータのやり取りにはビューモデル FileUploadViewModel を使用し、それをエンティティクラス FileEntity に移し替えるとともにサムネイル画像を追加し SQL Server データベースに保存しています。

アップロードするファイルの検証については、アップロードする時点でのファイル選択の有無とサーバー側でのサイズのチェックしか行っていません。Microsoft のドキュメント「ASP.NET Core でファイルをアップロードする」の「セキュリティに関する考慮事項」のセクションに書かれたセキュリティ関する配慮はしていませんので注意してください。

先の記事「ファイルアップロード時の検証 (CORE)」に、ASP.NET Core. 3.1 MVC アプリでファイルをアップロードする際に、カスタム検証属性を利用してファイルのサイズとタイプをクライアント側とサーバー側の両方で検証し、検証結果 NG の場合はエラーメッセージを表示する方法を書きましたので、興味があれば見てください。

Edit / EditPost メソッドではタイトルと説明のみ編集して結果を SQL Server データベースに反映するようにしました。画像の差し替えは上のコードではできません (画像を差し替えるなら、削除してから新たに Upload し直した方が良いと思いましたので)。

タイトルと説明のみ変更するため TryUpdateModelAsync メソッドを使っているところに注目してください。よくあるパターンとしては、上の EditPost メソッドの引数に ビューモデル FileUploadViewModel を使ってそれにモデルバインドということをすると思いますが、画像データはアップロードされてこないところが問題です。

上の EditPost メソッドのコードでは、既存のエンティティを読み取り、TryUpdateModel を呼び出してポストされたタイトルと説明からフィールドを更新しています。既存のエンティティの読み取りによって画像データも取得されるので、その上でタイトルと説明だけを変更して SaveChanges を適用するので画像データが消えることはないです。

TryUpdateModelAsync メソッドについては Microsoft のチュートリアルの「HttpPost Edit メソッドの更新」が参考になると思いますので興味があれば見てください。

GetThumb メソッドは、DB からサムネイル画像を取得してダウンロードするためのメソッドです。この記事の一番上の一覧表示の画像ようにサムネイルを表示するために使います。View に img 要素を配置し、その src 属性に GetThumb メソッドを設定することによりサムネイル画像が表示されます。

src 属性に GetThumb メソッドを設定するということは、ブラウザはそこで GetThumb メソッドを呼んでデータベースからデータを取得してくるという動きになることに注意してください。特にこの記事の一番上の画像のように一覧表示する場合はレコードの数だけ GetThumb メソッドが呼ばれることになります。

それを避けるのは、アクションメソッドですべてのデータを Model として View に渡し済みですので、View で Model に含まれる画像のバイト列を Data URL 形式に変換して src 属性に設定することにより可能です。その例は下の「(7) View」のセクションの Index.cshtml に書きます。ただし、そのようにした場合はブラウザはその画像をキャッシュできないことに注意してください。

(7) View

Index.cshtml, Upload.cshtml, Edit.cshtml, Delete.cshtml のコードをその順に以下に記載しておきます。Index.cshtml と Delete.cshtml には上のコントローラーのコードの GetThumb メソッドを使ってサムネイル画像を表示するようにしています。

Index.cshtml

@model IEnumerable<MvcCore6App.Models.FileEntity>

@{
    ViewData["Title"] = "Index";
    Layout = "~/Views/Shared/_Layout.cshtml";
}

<p>
    <a asp-action="Upload">Uoload New</a>
</p>
<table class="table">
    <thead>
        <tr>
            <th>
                @Html.DisplayNameFor(model => model.FileName)
            </th>
            <th>
                @Html.DisplayNameFor(model => model.Description)
            </th>
            <th>
                @Html.DisplayNameFor(model => model.ThumbImage)
            </th>
            <th></th>
        </tr>
    </thead>
    <tbody>
@{
#nullable disable
    foreach (var item in Model) {
        <tr>
            <td>
                @Html.DisplayFor(modelItem => item.FileName)
            </td>
            <td>
                @Html.DisplayFor(modelItem => item.Description)
            </td>
            <td>
                @*以下はコメントアウトして代わりのコードを書いた                
                <img src="/File/GetThumb/@item.Id" 
                    alt="@item.FileName" title="@item.FileName" />*@

                @*アクションメソッドですべてのデータを Model として受け取って
                いるので、Model に含まれる画像のバイト列を Data URL 形式に変
                換して src 属性に設定することにより画像を表示できる。*@
                <img src="data:image/jpeg;base64,@Convert.ToBase64String(item.ThumbImage)" 
                    alt="@item.FileName" title="@item.FileName" />
            </td>
            
            <td>
                <a asp-action="Edit" asp-route-id="@item.Id">Edit</a> |
                <a asp-action="Delete" asp-route-id="@item.Id">Delete</a>
            </td>
        </tr>
    }
}
    </tbody>
</table>

Upload.cshtml

@model MvcCore6App.Models.FileUploadViewModel

@{
    ViewData["Title"] = "Upload";
    Layout = "~/Views/Shared/_Layout.cshtml";
}

<h1>Upload</h1>

<hr />
<div class="row">
    <div class="col-md-4">
        <form asp-action="Upload" enctype="multipart/form-data" method="post">
            <div asp-validation-summary="ModelOnly" class="text-danger"></div>
            <div class="form-group">
                <label asp-for="Title" class="control-label"></label>
                <input asp-for="Title" class="form-control" />
                <span asp-validation-for="Title" class="text-danger"></span>
            </div>
            <div class="form-group">
                <label asp-for="Description" class="control-label"></label>
                <input asp-for="Description" class="form-control" />
                <span asp-validation-for="Description" class="text-danger"></span>
            </div>
            <div class="form-group">
                <label asp-for="PostedFile" class="control-label"></label>
                <input asp-for="PostedFile" type="file" class="form-control" />
                <span asp-validation-for="PostedFile" class="text-danger"></span>
            </div>
            <div class="form-group">
                <input type="submit" value="Create" class="btn btn-primary" />
            </div>
        </form>
    </div>
</div>

<div>
    <a asp-action="Index">Back to List</a>
</div>

@section Scripts {
    @{await Html.RenderPartialAsync("_ValidationScriptsPartial");}
}

Edit.cshtml

@model MvcCore6App.Models.FileEntity

@{
    ViewData["Title"] = "Edit";
    Layout = "~/Views/Shared/_Layout.cshtml";
}

<h1>Edit</h1>

<hr />
<div class="row">
    <div class="col-md-4">
        <form asp-action="Edit">
            <div asp-validation-summary="ModelOnly" class="text-danger"></div>
            <input type="hidden" asp-for="Id" />
            <div class="form-group">
                <label asp-for="FileName" class="control-label"></label>
                <input asp-for="FileName" class="form-control" />
                <span asp-validation-for="FileName" class="text-danger"></span>
            </div>
            <div class="form-group">
                <label asp-for="Description" class="control-label"></label>
                <input asp-for="Description" class="form-control" />
                <span asp-validation-for="Description" class="text-danger"></span>
            </div>
            <div class="form-group">
                <input type="submit" value="Save" class="btn btn-primary" />
            </div>
        </form>
    </div>
</div>

<div>
    <a asp-action="Index">Back to List</a>
</div>

@section Scripts {
    @{await Html.RenderPartialAsync("_ValidationScriptsPartial");}
}

Delete.cshtml

@model MvcCore6App.Models.FileEntity

@{
    ViewData["Title"] = "Delete";
    Layout = "~/Views/Shared/_Layout.cshtml";
}

<h1>Delete</h1>

<h3>Are you sure you want to delete this?</h3>
<div>
    <h4>FileEntity</h4>
    <hr />
    <dl class="row">
        <dt class = "col-sm-2">
            @Html.DisplayNameFor(model => model.FileName)
        </dt>
        <dd class = "col-sm-10">
            @Html.DisplayFor(model => model.FileName)
        </dd>
        <dt class = "col-sm-2">
            @Html.DisplayNameFor(model => model.Description)
        </dt>
        <dd class = "col-sm-10">
            @Html.DisplayFor(model => model.Description)
        </dd>
        <dt class = "col-sm-2">
            @Html.DisplayNameFor(model => model.ThumbImage)
        </dt>
        <dd class = "col-sm-10">
            @{
                if (Model != null)
                {
                    <img src="/File/GetThumb/@Model.Id" 
                        alt="@Model.FileName" 
                        title="@Model.FileName" />
                }
            }
        </dd>
    </dl>
    
    <form asp-action="Delete">
        <input type="hidden" asp-for="Id" />
        <input type="submit" value="Delete"
            class="btn btn-danger" /> |
        <a asp-action="Index">Back to List</a>
    </form>
</div>

Tags: , , , ,

CORE

Web API でファイルアップ/ダウンロード (CORE)

by WebSurfer 17. January 2021 17:41

ファイルをアップロード/ダウンロードする相手が ASP.NET Core 3.1 Web API の場合はどのようにすれば良いかについて書きます。

Web API へファイルアップロード

コードを書いてみましたが、先の記事「ASP.NET Core 3.1 Web API」に書いた、(1) Controller は ControllerBase クラスを継承、(2) ApiControllerAttribute 属性を付与、(3) ルーティングは RouteAttibute 属性を付与して設定、アクションメソッドに [HttpGet], [HttpPost] 属性を付与する以外は MVC の場合とほとんど変わりませんでした。

(MVC の場合は、先の記事「ASP.NET Core MVC でファイルアップロード」と「ASP.NET Core MVC でファイルダウンロード」を見てください)

それでこの記事の話は終わってしまうのですが、それではちょっとブログの記事としては寂しいし、今後の参考になるかもしれないので検証に使ったコードを下にアップしておきます。

Web API コントローラー/アクションメソッド

using Microsoft.AspNetCore.Mvc;
using System.Linq;
using System.Threading.Tasks;
using Microsoft.AspNetCore.Hosting;
using Microsoft.AspNetCore.Http;
using System.IO;

namespace WebAPI.Controllers
{
    [ApiController]
    [Route("[controller]")]
    public class FileUpDownloadController : ControllerBase
    {
        // 物理パスの取得用
        private readonly IWebHostEnvironment _hostingEnvironment;

        public FileUpDownloadController(IWebHostEnvironment hostingEnvironment)
        {
            this._hostingEnvironment = hostingEnvironment;
        }

        [HttpPost]
        public async Task<IActionResult> PostFile(IFormFile postedFile)
        {
            string result = "";
            if (postedFile != null && postedFile.Length > 0)
            {
                // アップロードされたファイル名を取得。ブラウザが IE 
                // の場合 postedFile.FileName はクライアント側でのフ
                // ルパスになることがあるので Path.GetFileName を使う
                string filename = Path.GetFileName(postedFile.FileName);

                // アプリケーションルートの物理パスを取得
                // wwwroot の物理パスは WebRootPath プロパティを使う
                string contentRootPath = _hostingEnvironment.ContentRootPath;
                string filePath = contentRootPath + "\\" + 
                                  "UploadedFiles\\" + filename;

                using (var stream = new FileStream(filePath, FileMode.Create))
                {
                    await postedFile.CopyToAsync(stream);
                }

                result = filename + " (" + postedFile.ContentType +
                         ") - " + postedFile.Length +
                         " bytes アップロード完了";
            }
            else
            {
                result = "ファイルアップロードに失敗しました";
            }

            return Content(result);
        }

        [HttpGet]
        [ResponseCache(Duration = 0, 
            Location = ResponseCacheLocation.None, NoStore = true)]
        public IActionResult GetFile(string filename = "sample1.jpg")
        {
            if (string.IsNullOrEmpty(filename))
            {
                return NotFound("引数が null または空");
            }

            // アプリケーションルートの物理パスを取得
            string contentRootPath = _hostingEnvironment.ContentRootPath;

            // ダウンロードするファイルの物理パス
            string physicalPath = contentRootPath + "\\" + 
                                  "Files\\" + filename;

            if (!System.IO.File.Exists(physicalPath))
            {
                return NotFound("指定されたパスにファイルが無い");
            }

            // Content-Disposition ヘッダを設定(RFC 6266 対応してない)
            Response.Headers.Append("Content-Disposition",
                "attachment;filename="+filename);
            
            return new PhysicalFileResult(physicalPath, "image/jpeg");
        }
    }
}

アップロードの検証に使った View

@{
    ViewData["Title"] = "Upload";
}

<h1>Upload</h1>

<hr />
<div class="row">
    <div class="col-md-4">
        <form method="post" enctype="multipart/form-data">
            <div>
                <div>
                    <p>Upload file using this form:</p>
                    @* name 属性はモデルのクラスのプロパティ名と同じ
                       にしないとサーバー側でモデルバインディングさ
                       れないので注意。大文字小文字は区別しない。*@
                    <input type="file" name="postedfile" />
                </div>
            </div>

        </form>
        <div>
            <div>
                <input type="button" id="ajaxUpload" value="Upload" />
                <div id="result"></div>
            </div>
        </div>
    </div>
</div>

<script src="~/Scripts/jquery.js"></script>
<script type="text/javascript">
    //<![CDATA[
    $(function () {
        $('#ajaxUpload').on('click', function (e) {
            // FormData オブジェクトの利用
            var fd = new FormData(document.querySelector("form"));

            $.ajax({
                url: '/FileUpDownload',
                method: 'post',
                data: fd,
                processData: false, // jQuery にデータを処理させない
                contentType: false  // contentType を設定させない
            }).done(function(response) {
                $("#result").empty;
                $("#result").text(response);
            }).fail(function( jqXHR, textStatus, errorThrown ) {
                $("#result").empty;
                $("#result").text('textStatus: ' + textStatus +
                    ', errorThrown: ' + errorThrown);
            });
        });
    });
    //]]>
</script>

ダウンロードの検証はブラウザのアドレスバーにコントローラーの URL を入力して FileUpDownload を GET 要求すれば可能です。ファイル名はデフォルトで "sample1.jpg" となっていますが、クエリ文字列で別のファイルを指定できます。

Tags: , , ,

Upload Download

異なるフォルダのファイルをアップロード

by WebSurfer 9. July 2020 21:33

ブラウザを使って自分の PC の複数のフォルダから複数のファイルを一度にアップロードするにはどうしたらよいかという話を書きます。

複数ファイルをアップロード

html の input type="file" 要素を使うことが前提です。ブラウザがサポートしていれば input type="file" 要素に multiple="multiple" を追加すれば、ユーザーは複数のファイルを選択して一度にアップロードすることができます。

ファイルを選択する際、上の画像の[ファイル選択]ボタン(画像は Chrome の例です。ブラウザによって異なります)をクリックすると下の画像のダイアログが表示されますので、Shift キーや Ctrl キーを使って複数のファイルを選択できます。

送信するファイルの選択

その後[開く(O)]ボタンをクリックすると送信準備完了となり、form を method="post" で submit してやればサーバーに選択された複数のファイルが送信されます。

ただし、上の操作で送信するファイルを選択できるのは一回だけです。この後、もう一度同じ操作を行って別のファイルを追加することはできません。それをすると、前の操作で選択したファイルは送信対象には含まれなくなり、後の操作で選択したファイルのみが送信されるようになります。それは同じフォルダで繰り返し行う場合も異なるフォ��ダに移動して行う場合も同じです。

ということは、フォルダが異なるファイルを選択するには各フォルダに移動して選択操作を行わざるを得ませんが、送信できるのは最後の操作で選択したファイルのみになります。なので、複数のフォルダにある複数のファイルを一度にアップロードするのは普通のやり方(form を submit する方法)ではできないようです。

代案は HTML5 File APIFormData を利用し Ajax で送信することです。

以下に .NET Framework 版の ASP.NET MVC5 アプリの例を書いておきます。これは一番上の画像を表示したものです。詳しい説明はコードの中のコメントに書きましたのでそれを見てください。手抜きでスミマセン。

Model

MultipleUploadModels クラスをアクションメソッドの引数に設定すれば、送信されてきた複数ファイルは PostedFiles プロパティにモデルバインドされます。CustomField プロパティはファイル以外の追加情報を一緒に送信するためのものです。

using System;
using System.Collections.Generic;
using System.Linq;
using System.Web;

namespace Mvc5App.Models
{
    public class MultipleUploadModels
    {
        public string CustomField { get; set; }
        public IList<HttpPostedFileBase> PostedFiles { get; set; }
    }
}

View

input type="file" 要素と input type="button" 要素(ボタン)を配置します。form 要素を生成するための html ヘルパー Html.BeginForm の引数(特に enctype = "multipart/form-data" とすること)に注意してください。

@section Scripts { ... } 内の JavaScript / jQuery のコードが HTML5 File API と FormData を利用し Ajax で複数フォルダ内の複数ファイルを送信するものです。このスクリプトがこの記事のキモです

@model Mvc5App.Models.MultipleUploadModels

@{
    ViewBag.Title = "MultipleUpload2";
}

<h2>MultipleUpload2</h2>

@using (Html.BeginForm("MultipleUpload2", "File", 
    FormMethod.Post, new { enctype = "multipart/form-data" }))
{
    @Html.AntiForgeryToken()

    <div class="form-horizontal">
        <h4>MultipleUploadModels</h4>
        <hr />
        @Html.ValidationSummary(true, "", new { @class = "text-danger" })

        <div class="form-group">
            @Html.LabelFor(model => model.PostedFiles, 
                htmlAttributes: new { @class = "control-label col-md-2" })
            <div class="col-md-10">
                <input id="mutiplefileupload" type="file" 
                       name="postedfiles" multiple="multiple" />
            </div>
        </div>

        <div class="form-group">
            <div class="col-md-offset-2 col-md-10">
                <input type="button" id="ajaxUpload" value="Ajax Upload"
                       class="btn btn-default" />
                <br />
                <div id="result"></div>
            </div>
        </div>
        
    </div>
}

<div>
    @Html.ActionLink("Back to List", "Index")
</div>

@section Scripts {
    @Scripts.Render("~/bundles/jqueryval")

    <script type="text/javascript">
        //<![CDATA[

        $(function () {
            // 複数回送信する場合、送信し終わったら fd をクリアして最初から
            // 始めないと、次に送信するとき前回選んだファイルも送信されダブ
            // ってしまう。このコードはそこは未対応なので注意。

            // ブラウザの HTML5 File API サポートを確認
            if (window.File && window.FileReader && window.FileList) {

                // CSRF 用のトークンを含んだ FormData オブジェクトを取得
                var fd = new FormData(document.querySelector("form"));

                // input type="file" 要素のオブジェクトを取得
                var fileUpload = document.getElementById("mutiplefileupload");

                // input type="file" 要素でダイアログを開いてファイルを選択
                // し[開く]ボタンをクリックすると、その都度 change イベン
                // トが発生する。それにリスナ(下のコードの function )を
                // アタッチして FormData オブジェクトを操作する
                fileUpload.addEventListener('change', function (e) {
                    // files プロパティで FileList オブジェクトを取得
                    var filelist = fileUpload.files;

                    // 一回の操作で複数のファイルを選択できるので、以下
                    // のようにループを回して
                    for (let i = 0; i < filelist.length; i++) {
                        // File オブジェクトを FormData に追加していく
                        fd.append("postedfiles", filelist[i]);
                    }
                });

                // [Ajax Upload] ボタンクリックの処置
                $('#ajaxUpload').on('click', function (e) {

                    // 追加データを以下のようにして送信できる。フォーム
                    // データの一番最後に追加されて送信される
                    fd.append("CustomField", "This is some extra data");

                    $.ajax({
                        url: '/file/multipleupload2',
                        method: 'post',
                        data: fd,
                        processData: false, // jQuery にデータを処理させない
                        contentType: false  // contentType を設定させない
                    }).done(function (response) {
                        $("#result").empty;
                        $("#result").html(response);
                    }).fail(function (jqXHR, textStatus, errorThrown) {
                        $("#result").empty;
                        $("#result").text('textStatus: ' + textStatus +
                            ', errorThrown: ' + errorThrown);
                    });
                });
            } else {
                $("#result").empty;
                $("#result").text('File API がサポートされてません。');
            }
        });
        //]]>
    </script>
}

Controller / Action Method

Ajax 呼び出しのみ可能としていますが、普通に input type="submit" ボタンをクリックして post した場合でもファイルのアップロードはできます。ただしその場合は最後のファイル選択操作で選んだファイルのみが送信されます。

using System.Web;
using System.Web.Mvc;
using Mvc5App.Models;
using System.IO;
using System.Collections.Generic;

namespace Mvc5App.Controllers
{
    public class FileController : Controller
    {
        public ActionResult MultipleUpload2()
        {
            return View();
        }

        [HttpPost]
        [ValidateAntiForgeryToken]
        public ActionResult MultipleUpload2(MultipleUploadModels model)
        {
            if (!Request.IsAjaxRequest())
            {
                return Content("Ajax 呼び出しのみ可能");
            }

            string result = "";
            string customFiled = model.CustomField;
            IList<HttpPostedFileBase> postedFiles = model.PostedFiles;

            // ファイルが選択されてない場合でも postedFiles は null にならないし、
            // postedFiles.Count は 0 にならない(1 になる)。従い、以下のコード
            // では制御が else に飛ぶことはないので注意
            if (postedFiles != null && postedFiles.Count > 0)
            {
                foreach (HttpPostedFileBase postedFile in postedFiles)
                {
                    if (postedFile != null && postedFile.ContentLength > 0)
                    {
                        // アップロードされたファイル名を取得。ブラウザが IE の
                        // 場合 postedFile.FileName はクライアント側でのフル
                        // パスになることがあるので Path.GetFileName を使う
                        string filename = Path.GetFileName(postedFile.FileName);

                        // 保存ホルダの物理パス\ファイル名
                        string path = Server.MapPath("~/UploadedFiles") + 
                                      "\\" + filename;

                        // アップロードされたファイルを保存
                        postedFile.SaveAs(path);

                        result += filename + " (" + postedFile.ContentType + 
                                  ") - " + postedFile.ContentLength.ToString() +
                                  " bytes アップロード完了<br />";
                    }
                }
                result += "CustomField の文字列: " + customFiled;
            }
            else
            {
                result = "ファイルアップロードに失敗しました";
            }

            return Content(result);
        }
    }
}

注意した方がよさそうと思う点を以下に書いておきます。

  1. 複数回送信する場合、送信し終わったら View の JavaScript のコードにある fd をクリアして最初から始めないと、次に送信するとき前回選んだファイルも送信されダブってしまいます。上のコードはそこは未対応なので注意してください。
  2. ファイルを選択しないで送信した場合でも、上の Controller / Action Method のコードにある postedFiles は null にならないし、postedFiles.Count は 0 になりません(1 になる)。従い、上のコードでは "ファイルアップロードに失敗しました" というエラーメッセージは出ません。  
  3. View のコードにある fd.append("CustomField", "This is some extra data"); でデータを送信して Model の CustomField プロパティにバインドできます。テキストボックスを配置してユーザーに入力してもらい送信してモデルバインドすることも考えましたが、送信前に FormData オブジェクトに append するのが難しく、それは今後の検討課題です。
  4. 上の 2 に書いたファイルを選択しないで送信した場合でも postedFile が null にならず、postedFiles.Count は 1 になる理由は、内容が空のパート(下の Fiddler による要求のキャプチャ画像の 2 つ目のパート)が送信されてくるからです。普通にファイルを選択して input type="submit" ボタンクリックで送信すれば空のパートはなくなりますが、この記事のように File API と FormData を JavaScript で細工するとそれが残ってしまいます。

    想像ですが、var fd = new FormData(document.querySelector("form")); で下の画像の 2 つ目までのパートが取得され、その後の操作で 3 つ目以降が追加されていくからであろうと思います。空のパートを削除する方法は分かりませんでした。

要求ヘッダとコンテンツ

Tags: , , , ,

Upload Download

About this blog

2010年5月にこのブログを立ち上げました。その後ブログ2を追加し、ここはプログラミング関係、ブログ2はそれ以外のトピックスに分けました。

Calendar

<<  May 2022  >>
MoTuWeThFrSaSu
2526272829301
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
303112345

View posts in large calendar