WebSurfer's Home

トップ > Blog 1   |   Login
Filter by APML

anonymousIdentification の取得

by WebSurfer 31. July 2010 16:04

これはあまり役に立たないかもしれませんが・・・

プロファイル機能を使用する場合、認証されていないエンティティ(匿名ユーザー)を識別するための ID が必要になります。

anonymousIdentification 要素の enabled 属性を true に設定すると(デフォルトでは false)、ASP.NET は、匿名ユーザーに自動的に ID を与えます。以下は、その ID の取得方法です。

まず、web.config で、anonymousIdentification 要素と profile 要素を設定します。以下の設定は最低限必要です。

<anonymousIdentification enabled="true" />

<profile>
  <properties>
     <add name="Dummy" />
  </properties>
</profile>

上記では properties の name はとりあえず Dummy としていますが、実際にプロファイルを使用する場合は適切な名前をつけてください(例えば、ユーザーの漢字の名前をプロファイルに保存する場合は KanjiName にするなど)。

ユーザーを識別するための ID は以下のようにして取得できます。

string anonymousId = Profile.UserName;

Froms 認証では、匿名ユーザーの ID は 14106048-46df-4104-a78d-0fda2b577365 のような Guid の文字列になり、認証されると登録済みのユーザー名に変わります。

Tags:

ASP.NET

About this blog

2010年5月にこのブログを立ち上げました。その後 ブログ2 を追加し、ここは ASP.NET 関係のトピックス、ブログ2はそれ以外のトピックスに分けました。

Calendar

<<  June 2021  >>
MoTuWeThFrSaSu
31123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
2829301234
567891011

View posts in large calendar