WebSurfer's Home

トップ > Blog 1   |   Login
Filter by APML

Visual Studio 2010

by WebSurfer 28. August 2010 13:50
Visual Studio 2010

世の中は Visual Studio 2010 への移行が進んでいるようですので、話題に乗り遅れないように、自分も開発環境に Visual Studio 2010 Professional を導入しました。

Web アプリしか作らないし、自分の使っているレンタルサーバーが .NET 3.5 にしか対応していないし、2008 でも何ら問題なく十分使えているし、ちょっと(かなり?)もったいないような気もしますけど。(笑)

まず既存の .NET 2.0, 3.5 ベースの Web アプリを開いて実行してみると、二重定義だとか宣言されてないとかのエラーが出てビルドできません。2008 よりチェックが厳しくなっているようです。でも、それはほんのわずかな部分で、そこを直したら、2008 と同様に使えるようになりました。

使い勝手は 2008 とほとんど同じようです。ただ、ヘルプはブラウザ (IE8) で表示されるようになっており、自分的には非常に使いづらいです。特に困るのが、2008 で使われている専用の Document Explorer にあるキーワードタブがないんです。これは慣れの問題でなんとかなることではなさそうです。

.NET 4.0 ベースで新しい Web サイトを作ると、どうなるか試してみました。デフォルトで、以下のようなフォルダ/ファイルが自動生成されます。

自動生成された Web サイト

うわさに聞いていた通り、jQuery が標準で実装されています。ASP.NET AJAX には見切りをつけて、jQuery に移行しようとしているという話を聞きましたが、本当でしょうか?

その他、Forms 認証に使う Login.aspx などのページ、マスターページ、CSS などが自動生成されます。CSS は空ではなく、Default.aspx を実行すると以下のようになります。至れり尽くせりというよりは、大きなお世話というべきか・・・(笑)

Default.aspx の実行画面

中でも一番気になっていた web.config ですが、以下のように .NET 3.5 の場合と比べて、ずいぶんと簡略化され、見通しがよくなっているようです。

<?xml version="1.0"?>

<!--
  ASP.NET アプリケーションを構成する方法の詳細については、
  http://go.microsoft.com/fwlink/?LinkId=169433 を参照してください
  -->

<configuration>
  <connectionStrings>
    <add name="ApplicationServices"
      connectionString=
       "data source=.\SQLEXPRESS;
        Integrated Security=SSPI;
        AttachDBFilename=|DataDirectory|\aspnetdb.mdf;
        User Instance=true"
      providerName="System.Data.SqlClient" />
  </connectionStrings>

  <system.web>
    <compilation debug="false" targetFramework="4.0" />

    <authentication mode="Forms">
      <forms loginUrl="~/Account/Login.aspx" 
        timeout="2880" />
    </authentication>

    <membership>
      <providers>
        <clear/>
        <add name="AspNetSqlMembershipProvider" 
          type="System.Web.Security.SqlMembershipProvider" 
          connectionStringName="ApplicationServices"
          enablePasswordRetrieval="false" 
          enablePasswordReset="true" 
          requiresQuestionAndAnswer="false" 
          requiresUniqueEmail="false"
          maxInvalidPasswordAttempts="5" 
          minRequiredPasswordLength="6" 
          minRequiredNonalphanumericCharacters="0" 
          passwordAttemptWindow="10"
          applicationName="/" />
      </providers>
    </membership>

    <profile>
      <providers>
        <clear/>
        <add name="AspNetSqlProfileProvider" 
          type="System.Web.Profile.SqlProfileProvider" 
          connectionStringName="ApplicationServices" 
          applicationName="/"/>
      </providers>
    </profile>

    <roleManager enabled="false">
      <providers>
        <clear/>
        <add name="AspNetSqlRoleProvider" 
          type="System.Web.Security.SqlRoleProvider" 
          connectionStringName="ApplicationServices" 
          applicationName="/" />
        <add name="AspNetWindowsTokenRoleProvider" 
          type="System.Web.Security.WindowsTokenRoleProvider" 
          applicationName="/" />
      </providers>
    </roleManager>

  </system.web>

  <system.webServer>
    <modules runAllManagedModulesForAllRequests="true"/>
  </system.webServer>
</configuration>

--------------- 2010/9/10 追記 ---------------

ヘルプが使いづらいと書きましたが、Viewer がありました。以下のサイトからダウンロードできます。

H3Viewer - Help Viewer for VS 2010

ちょっと使ってみた限りでは、Visual Studio 2008 のヘルプの使い勝手に近いものです。ちょっと動きが遅いような感じがしますが、Visual Studio 2010 のブラウザで表示するヘルプに比べれば、はるかに使いやすそうで、お勧めです。

Tags:

DevelopmentTools

About this blog

2010年5月にこのブログを立ち上げました。その後 ブログ2 を追加し、ここは ASP.NET 関係のトピックス、ブログ2はそれ以外のトピックスに分けました。

Calendar

<<  June 2021  >>
MoTuWeThFrSaSu
31123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
2829301234
567891011

View posts in large calendar