WebSurfer's Home

トップ > Blog 1   |   Login
Filter by APML

SQL Server Management Studio

by WebSurfer 16. September 2010 16:07
SQL Server 2008 Management Studio Express

今回は、Visual Studio の Express 版を使ってのアプリ開発には SQL Server Management Studio(以下 Management Studio)は不要という話です。

というより、下手に使うと予期しない問題の解決にハマってしまい、無駄な時間を費やすことになりかねないので、手を出さないほうがいいですというお勧めです。(笑)

何故 Management Studio が不要かといえば、Visual Studio の Express 版は既定のインスタンスへの接続をサポートしていないからです。

Management Studio で、ウィザードを使ってデフォルト設定のままデータベースを作成すると、Instid\MSSQL\data フォルダに DB(mdf ファイル)が作成され、アタッチ済みの状態になるはずです。

即ち、DB を利用するためには、既定のインスタンスへの接続が必要となります。アタッチされた DB に対して、ユーザーインスタンスを利用した接続はできません。

その DB に、Visual Studio の Express 版を接続しようとすると、既定のインスタンスへの接続はサポートされておらず、ユーザーインスタンスは使えないわけですから、うまくいきません。それに気がつかないと、解決できないことにハマってしまい、無駄な時間を費やすことになるというわけです。

Visual Studio Professional 版は既定のインスタンスに接続できるので、不要とは言い切れません。でも、あまり使う機会はないような気がします。実際、自分は使っていません。

アプリ開発に必要な Management Studio の機能のほとんどが Visual Studio(Express 版を含む) に実装されています。ソリューションエクスプローラを使って SQL Server DB を新規作成できます。データベースエクスプローラを操作して、テーブルやストアドプロシージャの作成も可能です。

という訳で、経験浅い自分の場合ではありますが、今まで Management Studio がなくてアプリ開発に困った記憶はないです。

ただし、アプリ開発時ではなくて、実際の運用で既定のインスタンスへの接続が主になる場合は話は別です。

以前、自サーバーを構築した際の経験では、DB 生成クエリの実行、アタッチ/デタッチ、ログインアカウントの設定、ユーザーの権限の設定等に Management Studio は必須のツールでした。GUI で直感的に操作できるので、コマンドを覚える気のない自分には特にそうです。

Tags:

SQL Server

About this blog

2010年5月にこのブログを立ち上げました。その後 ブログ2 を追加し、ここは ASP.NET 関係のトピックス、ブログ2はそれ以外のトピックスに分けました。

Calendar

<<  June 2021  >>
MoTuWeThFrSaSu
31123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
2829301234
567891011

View posts in large calendar