WebSurfer's Home

トップ > Blog 1   |   Login
Filter by APML

ViewState の構造

by WebSurfer 2. August 2011 23:55

ViewState オブジェクトのパース結果

HTTP 要求および HTTP 応答には本質的に状態(英語で state)がありませんが、ASP.NET ではポストバックと ViewState という機能を利用して状態情報をやり取りして、Windows アプリのようなイベントドリブンな Web アプリを実現しています。

ViewState は、サーバーから送信されてくる html コードの中の隠しフィールド(type 属性が "hidden" に設定された要素)に含まれています。内容は、サーバーからクライアントに送信された時点のページの状態情報(コントロールのプロパティ値など)です。

ポストバックとは、ブラウザが表示している同一ページに HTTP POST 要求を送信することです。ポストバックがかかると、ブラウザからは form のデータと ViewState のデーターがサーバーに送信され、同一ページの再描画・再送信が要求されます。

要求を受けたサーバーはメモリにそのページをロードし、ViewState の情報(即ち、前回送信時のページの状態情報)を用いてコントロールのプロパティを前回送信時の値に設定します。その後、ポストされた form データ(例:ユーザーが入力した TextBox.Text の値)と ViewState から再生されたプロパティ値(例:前回送信時の TextBox.Text の値)を比較して変更系イベントを発生させています。

ViewState に関する注意点、どのような構造になっているか、シリアライズ/デシリアライズなどをどこでどのように行っているかなどにつき、ポイントと思う点を備忘録として書いておきます。

  1. POST された form のデータ(例:ユーザーが入力した TextBox.Text の値など)は ViewState には含まれません。
  2. ViewState は動的に生成されたコントロールそのものを再生成することはできません。(ただし、そのプロパティ値は、先の記事 変更系イベント発生のメカニズム で書きましたように、Load イベント後の LoadViewState メソッドで設定されます。)
  3. ポストバック前後で動的に設定が変わるプロパティや、バインドするデータ、ユーザーインターフェイスがなければ、コントロールは ViewState を保持しません。(例えば、静的にページに配置した TextBox の Text プロパティがポストバック前後で空白のままであれば、ViewState には何も保持されません。ユーザーが何か入力して POST すると、その応答で初めて ViewState に先にユーザーが入力したデータが保持されます。)
  4. ViewState は Base64 エンコーディングされますが、デフォルトでは暗号化はされません。ただし、改ざん防止のため鍵付きハッシュが付与されています。詳しくは、Webアプリケーション開発技術大全の ViewStateのセキュリティ を参照ください。

    @ Page ディレクティブの ViewStateEncryptionMode 属性を Always に設定すると ViewState 情報は常に暗号化されるということですが、性能への影響があるので止めておいた方が良さそうです。そもそも暗号化が必要なデータは ViewState ではなく Session に格納するのが基本で、ViewState を暗号化しなければならないケースはあまりなさそうです。ViewStateEncryptionMode 属性はデフォルトの Auto のままにしておいて、どうしても ViewState の暗号化が必要なページのみPage.RegisterRequiresViewStateEncryption メソッドを使って暗号化するべきと思います。
  5. ASP.NET 2.0 では、ViewState とは別に、ControlState と呼ばれる別個のオブジェクトにサーバーコントロールが機能するために必要な状態情報が格納されます。開発者が ViewState を無効にしても ControlState は影響を受けません。従って、正確には、状態情報には ViewState と ControlState の両方が含まれます。
  6. 状態情報は、サーバーから送信される際は Page.SavePageStateToPersistenceMedium(Object) メソッド で保存され、ポストバックされた際は Page.LoadPageStateFromPersistenceMedium メソッド で再生されます。
  7. シリアライズされる前の ViewState + ControlState オブジェクトは LOS (Limited Object Serialization) 形式というらしいです。このオブジェクトのシリアライズ/デシリアライズは LosFormatter クラス により行われます。
  8. ViewState + ControlState オブジェクトは、System.Web.UI.Triplet、System.Web.UI.Pair、System.Collections.ArrayList などをノードとするツリー構造になっています。ViewState: All You Wanted to Know というページに、ViewState を表示/パースするサンプルコードがあります。このコードを使って、パースした結果を示したのが、上の画像です(一部分のみです。クリックすると拡大画面が表示されます)。ルートの一つ下の Pair の First(画像で '-2110287577')が ControlState、Second(5 行目の Pair 以下)が ViewState となっているようです。

上の画像のパース結果を表示したコードは以下のとおりです。ViewStateParserPage クラスは Page を継承したもので、中身のコードは ViewState: All You Wanted to Know のページの Listing 6 の通りです。

<%@ Page Language="C#"
    Inherits="ViewStateParserPage"    
    Trace="true" %>

<!DOCTYPE html PUBLIC "-//W3C//DTD XHTML 1.0 Transitional//EN" 
"http://www.w3.org/TR/xhtml1/DTD/xhtml1-transitional.dtd">

<script runat="server">

</script>

<html xmlns="http://www.w3.org/1999/xhtml">
<head runat="server">
  <title></title>
</head>
<body>
  <form id="form1" runat="server">
  <div>
    <asp:SqlDataSource ID="SqlDataSource1" 
      runat="server" 
      ConnectionString="<%$ ConnectionStrings:Northwind %>"             
      SelectCommand=
        "SELECT TOP 2 [CustomerID], [ContactName], [ContactTitle] 
        FROM [Customers]">
    </asp:SqlDataSource>
    <asp:GridView ID="GridView1" 
      runat="server" 
      AutoGenerateColumns="False" 
      DataKeyNames="CustomerID" 
      DataSourceID="SqlDataSource1" 
      EnableViewState="True">
      <Columns>
        <asp:BoundField 
          DataField="CustomerID" 
          HeaderText="CustomerID" 
          ReadOnly="True" 
          SortExpression="CustomerID" />
        <asp:BoundField 
          DataField="ContactName" 
          HeaderText="ContactName" 
          SortExpression="ContactName" />
        <asp:BoundField 
          DataField="ContactTitle" 
          HeaderText="ContactTitle" 
          SortExpression="ContactTitle" />
      </Columns>
    </asp:GridView>
  </div>
  </form>
</body>

その他 ViewState に関する詳細は、ViewState をキーワードに検索すれば参考になる記事が多数見つかりますので、そちらを見てください。(手抜きです(笑))

Tags: ,

ASP.NET

About this blog

2010年5月にこのブログを立ち上げました。その後 ブログ2 を追加し、ここは ASP.NET 関係のトピックス、ブログ2はそれ以外のトピックスに分けました。

Calendar

<<  June 2021  >>
MoTuWeThFrSaSu
31123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
2829301234
567891011

View posts in large calendar