WebSurfer's Home

トップ > Blog 2   |   Login
Filter by APML

チーム K「RESET」公演

by WebSurfer 19. November 2021 23:48

11 月 19 日(木)のチーム K による RESET 公演にモバイル枠で当選しましたので秋葉原の劇場まで見に行ってきました。RESET 公演を場内で見るのは 2 回目で、チーム K 公演は初めてです。

RESET 公演

自分が初めて劇場に入れたのが 2012 年 7 月 26 日の研究生による RESET 公演。それから 9 年以上経ってやっと 2 回目の RESET 公演を見せてもらえました。

また、2012 年からチケット抽選に応募しているものの一度も当選しなかったチーム K 公演に、今回初めて当選して場内で見ることができました。

という訳で、自分にとっては超レアな「チーム K による RESET」公演を見に行ってきた次第です。

さて、例の自分にとって鬼門のイベント「ビンゴマシンによる入場順の抽選」ですが、今日の結果は 10 順でした。10 順では自分が望んでいる「立ち見センターブロック最前列」はダメだと思っていたのですが、何故か運よく 1 席だけ、しかも真ん中に近い場所が空いていて、そこを確保できました。ラッキー!

ちなみに、今年に入ってからの入場順は、2 順 ⇒ 20 順 ⇒ 23 順 ⇒ 5 順 ⇒ 10 順 ⇒ 13 順 ⇒ 15 順 ⇒ 17 順 ⇒ 10 順という結果。17 順の次はひょっとして優勝かと思っていたのですが、そこで頭打ちで回復方向に向かっていると嬉しいのですが。

今日のキャンセル待ち状況も書いておきます。事前は 3 名で、対内の呼び出しは自分が聞いていた限りですが 19 番まででした (14 番だったかも)。その後また呼び出しが再開されたかどうかは分かりません。

公演の出演者は以下の写真のとおりです。ちなみにポーズは「暑い」だそう。(写真は 2 枚撮っていて、この前の写真のポーズが「寒い」でした)

出演メンバー

名前は、上の画像で前列左から安田叶(16)・ 湯本亜美(9)・小林蘭(20)・永野恵(10)、後列左から武藤小麟(11)・長友彩海(16)・下口ひなな(7)・岡田梨奈(11) です。

名前の横の ( ) 内の数字は、自分が勝手にこだわってカウントしている劇場公演を見せてもらった回数です。昔のキャッチフレーズ「会いに行けるアイドル」に会う場所は劇場ということだそうですので。

小林さんにはつい先日 11/31 の「何回だって恋をする」ハロウィン公演で会っていますが、他のメンバーとは 2 年ぶり以上になります。新型コロナの影響で公演ができなかったのが大きいです。自分もビビッて自重していましたし。(汗)

セットリストは以下の通りです。M05 ~ M09 のユニット曲は曲名の横の( )内に担当メンバーの名前を書いておきます。順番は最初にステージに立った時の下手からの並び順です。

  • M01: RESET
  • M02: 洗濯物たち
  • M03: 彼女になれますか?
  • M04: ウッホウッホホ
  • M05: 制服レジスタンス(永野、小林、湯本)
  • M06: 奇跡は間に合わない(下口、岡田、安田)
  • M07: 逆転王子様(武藤、小林、長友)
  • M08: 明日のためにキスを(永野、湯本、安田、下口)
  • M09: 心の端のソファー(長友、武藤、岡田)
  • M10: 毒蜘蛛
  • M11: オケラ
  • M12: ホワイトデーには…
  • M13: ジグソーパズル48
  • EN1: 星空のミステイク
  • EN2: 夢の鐘
  • EN3: 引っ越しました
  • EN4: 根も葉も Rumor (58th)

昔は研究生が前座で出演して最初に「檸檬の年頃」を披露してくれたのですが、今は研究生がいないからか、それは無かったです。最後の曲「根も葉も Rumor」は 9/29 にリリースされた 58 番目のシングルの曲です。

今日は推しメンの小林蘭さんがセンターで輝いてました、最高でした。それから安田叶さんが見せてくれる笑顔とダンスパフォーマンスにも注目せざるを得ないという感じでした。

という訳で、小林さんと安田さんの画像を DMM.com やメンバーのツイッターより借用して貼って勝手なコメントを書いておきます。

小林蘭

小林蘭

小林蘭

小林蘭

小林蘭

自分の推しメンの小林蘭さん、前回の公演からポジションが変わったそうで、今日の公演ではセンターを務めてました。

もともと彼女のダンスパフォーマンスには目を引かれるものがあるのですが、それがセンターというポジションをもらったことにより一層光って見えました。

「置かれた場所で咲く」なんて言葉がありますが、咲いても場所が悪いと自分のような素人には見つけられないから、やっぱり咲く場所(公演でのポジション)は重要なんだなぁと思います。

ということで、今日の MVP は小林蘭さん。もちろん、公演終了後に運営から依頼の来るアンケートでも MVP に選んでおきました。

安田叶

安田叶

安田叶

長友彩海・武藤小麟・安田叶

安田叶(やすだ・かな)さんは 16 期生で、2002/3/11 生まれの 19 歳です。

前回安田さんに劇場で会えたのは 2019 年 3 月 14 日の「牧野アンナプロデュース公演」で 2 年 8 ヵ月ぶりでした。チーム K の正規メンバーに昇格した以降は会える機会が激減してしまったのです。

研究生時代に何度か公演を見せてもらった時には、笑顔がステキなこと、ダンスパフォーマンスが素晴らしいことにひかれて注目していました。今日も目の前のステージに立つ彼女を見てそのことを再確認した次第です。

ところで、ニックネームの「かなぶん」は 19 歳になってもまだ続けているようですね。最初はアイドルのニックネームとしてどうかなと思ったんですが、今は違和感ないです。(笑) むしろユニークな方が良いかも。


以上、今年 9 回目の AKB48 劇場公演でした。

今日は初めてチーム K 公演を見せていただけました。出演したメンバーの皆さん、劇場スタッフの皆さん、ありがとうございました。場内にいるときの「生きているって感じがする」のと、帰路につく頃の「あれは夢だったのか」という感覚との落差が今日は特に最高でした。(笑)

Tags: , ,

AKB48

「何回だって恋をする」公演 (7)

by WebSurfer 31. October 2021 23:48

10 月 31 日(日)の「何回だって恋をする」ハロウィン公演 18:30 の部に行ってきました。10 月 28 日に続いて 7 回目の「何回だって恋をする」公演です。

「何回だって恋をする」公演

前回 28 日から中 2 日でしかもハロウィン公演ということでチケット抽選の当選は難しいと思っていたのですが、運よくモバイル会員枠で当選。

新型コロナの影響で出演メンバーを 2 名に絞って 9 月から行われてきた「何回だって恋をする」公演ですが、11 月からは 8 名でのチーム公演が始まる予定で、また感染者数爆発ということがなければ今回が最後になると思われます。

という訳で、たぶん最後の「何回だって恋をする」公演を見に行ってきた次第です。

劇場に着いてチケットを購入した後、自分にとっては鬼門のイベント「ビンゴマシンによる入場順の抽選」が待っています。これで入場順が後の方になって立ち見の後ろになるとメンバーが良く見えなくて楽しさ半減となってしまいます。

で、今日の結果ですが 17 順でした (今日は定員 205 名なので 20 順が最後)。ちなみに、今年に入ってからの入場順は、2 順 ⇒ 20 順 ⇒ 23 順 ⇒ 5 順 ⇒ 10 順 ⇒ 13 順 ⇒ 15 順 ⇒ 17 順という結果で、だんだん悪くなっていってるという感じ。(汗)

今日は JR 東海道線が遅れた特急待ち&踏切でバイクが立ち往生ということで遅れ、さらに山手線が秋葉原で何かあったとかで遅れ、予定より 20 分ほど秋葉原に着くのが遅くなってしまったのですが、ビンゴの結果が良くなかったのはそのせいだと思っています。(笑)

今日のキャンセル待ち状況も書いておきます。事前は聞かなかったので不明ですが、対内の呼び出しは 70 番まででした。即ちキャンセル待ち当選者全員ということで、キャンセル待ちで劇場に来ていた人全員が対内で入場できたようです。

公演の出演者は以下の画像のとおりです。ちなみにポーズはハロウィンだから大きい感じだそう。

出演メンバー

名前は、上の画像で左から、石綿星南(11)・吉橋柚花(11)・小林蘭(19)・古川夏凪(9) です。

名前の横の ( ) 内の数字は、自分が場内で見た公演に何回出演してくれたかという数です。「会いに行けるアイドル」に会えた回数ということで勝手にこだわってカウントしています。(笑)

古河さん、石綿さんは今日の 14:00 公演の出演者なのですが、写真撮影と最後の一曲「ハロウィン・ナイト」に参加してくれました。久しぶりに古河さん、石綿さんにも会えて今日は得した気分です。

セットリストは以下の通りです。M04 ~ M07 はソロで演じていますので、曲名の横の( )内に担当メンバーの名前を書いておきます。

  • M01: となりのバナナ (ひまわり組 2nd)
  • M02: 逆上がり (K5)
  • M03: 君に会うたび 恋をする (A5)
  • M04: わるきー (NMB48 4th, 吉橋柚花)
  • M05: 虫のバラード (K5, 小林蘭)
  • M06: 月と水鏡 (A7, 吉橋柚花)
  • M07: 君は僕だ (前田敦子 2nd, 小林蘭)
  • M08: 投げキッスで撃ち落せ! (A3)
  • M09: 夢を死なせるわけにいかない (ひまわり組 2nd)
  • M10: 青空のそばにいて (A1)
  • EN1: ポニーテールとシュシュ (16th)
  • EN2: スカート、ひらり (A1)
  • EN3: 大騒ぎ天国 (c/w 58th)
  • EN4: ハロウィン・ナイト (41st)

今日はハロウィン公演ということで最後に「ハロウィン・ナイト」が追加されています。その他は 10 月 11 日に自分が見た小林さんと吉橋さん出演の「何回だって恋をする」公演のセットリストと同じですが、ソロの担当が入れ替わっています。

以下に DMM.com やメンバーのツイッターより借用した小林さんと吉橋さんの画像を貼って勝手なコメントを書いておきます。

小林蘭

小林蘭

小林蘭

小林蘭

ドラフト 3 期でチーム K 所属の小林蘭さん。今日はハロウィンということで、髪にネコ耳(ワイヤーに髪を巻き付けたもののようです)を作って紫色のメッシュを入れたそうです。

ネコ耳を付けて「虫のバラード」を歌うというのも、ハロウィンならではで良かったと思います。本人は歌い終わったあと頭に耳が付いてるのを見て恥ずかしくなったとか言ってましたけど・・・(笑)

上の最後の写真は「ハロウィン・ナイト」を歌った時の衣装でデビルの仮装だそうです。

吉橋柚花

吉橋柚花

吉橋柚花

吉橋柚花

同じくドラフト 3 期でチーム 4 所属の吉橋柚花さん。今日の髪型はハーフツインテールに紫色のメッシュを入れたハロウィン仕様だそうです。

上の最後の写真は黒猫の仮装だそうです。吉橋さん、カワイイ。この座り方は「M04: わるきー(本人曰く「ゆずきー」だそうです)」のポーズでしょうか。


以上、今年 8 回目の AKB48 劇場公演でした。

今日は初めてハロウィン公演を見せていただけました。出演したメンバーの皆さん、仮装して公演を盛り上げてくれたスタッフの皆さん、ありがとうございました。

公演が終わって帰路につく頃には「あれは夢だったのか」と思ったりするのですが、上の写真を見て思い返せば確かに現実。笑顔をくれたメンバーの皆さんに感謝してます。

Tags: , , , ,

AKB48

「何回だって恋をする」公演 (6)

by WebSurfer 28. October 2021 23:48

10 月 28 日(木)の AKB48 劇場公演を見に行ってきました。10 月 17 日に続いて 6 回目の「何回だって恋をする」公演です。

「何回だって恋をする」公演

「何回だって恋をする」公演は 9 月の中頃からほぼ毎週のように見に行ってます。出演メンバーが二人だけで時間も 1 時間と短いということで倍率が低く当選しやすいようです。自分としては、推しメンや注目メンの劇場公演を見ることができる絶好のチャンスということで嬉しい限りです。

さて、例の公演前の痺れるようなイベント「ビンゴマシンによる入場順の抽選」の結果ですが、今回は 15 順でした。今年に入ってからの入場順は、2 順 ⇒ 20 順 ⇒ 23 順 ⇒ 5 順 ⇒ 10 順 ⇒ 13 順 ⇒ 15 順という結果で、だんだん悪くなっているのが気になります。(汗)

キャンセル待ち状況も書いておきます。事前キャンセルはなんと 0 名、対内の呼び出しは自分が聞いていた限りですが 24 番まででした。対外は 32 番までだったそうです。ロビ観しないで帰る人がいたのを見かけましたので、キャンセル待ちで来ていた人が全員入れたわけではなかったようです。

公演の出演者は以下の画像の通り山根涼羽さん(左) と鈴木くるみさんです。離れているのはソーシャルディスタンスを保つためということのようです。

出演メンバー

自分が勝手にこだわって劇場公演を見せてもらった回数をカウントしているのですが、今回で鈴木さんが 15 回目、山根さんが 17 回目になりました。

セットリストは以下の通りです。M04 ~ M07 はソロで演じていますので、曲名の横の( )内に担当メンバーの名前を書いておきます。

  • M01: となりのバナナ (ひまわり組 2nd)
  • M02: 逆上がり (K5)
  • M03: 君に会うたび 恋をする (A5)
  • M04: わるきー (NMB48 4th, 山根涼羽)
  • M05: 虫のバラード (K5, 鈴木くるみ)
  • M06: 月と水鏡 (A7, 山根涼羽)
  • M07: 君は僕だ (前田敦子 2nd, 鈴木くるみ)
  • M08: 投げキッスで撃ち落せ! (A3)
  • M09: 夢を死なせるわけにいかない (ひまわり組 2nd)
  • M10: 青空のそばにいて (A1)
  • EN1: ポニーテールとシュシュ (16th)
  • EN2: スカート、ひらり (A1)
  • EN3: 大騒ぎ天国 (c/w 58th)

鈴木さん、山根さんとも前回劇場公演を見せてもらえたのは 2019 年でホントに久しぶりでした。

研究生時代には何度も劇場公演を見せてもらっているのですが、チーム公演のチケット抽選には自分はめったに当たらないので、二人が正規メンバーに昇格してから劇場で会えるチャンスが激減したのです。

「何回だって恋をする」公演は 10 月で終わってしまい、11 月からはチーム公演が始まりますが、そうなると劇場ではまた当分会えないかも。

以下に DMM.com より借用した鈴木さんと山根さんの画像を貼って勝手なコメントを書いておきます。

鈴木くるみ

鈴木くるみ

鈴木くるみ

鈴木さんに初めて劇場で会えたのは 2017 年 3 月 4 日の「16 期研究生公演」でした。その時から注目しているメンバーです。

当時はまだ 12 歳の小学生。小学生を応援してると言うとロリコン&変態とか言われそうで自重(?)していたのですが、今は花の 17 歳の高校生ということで、ウチワぐらいならいいかなと思って作って持っていきました。

思春期の女の子が、キモいオッサンが自分の名前を書いたウチワを持っているのを見て、何を思うかは想像に難くないですが。(笑)

山根涼羽

山根涼羽

山根涼羽

山根さんに初めて劇場で会えたのも 2017 年 3 月 4 日の「16 期研究生公演」でした。

その時のセットリストの中の「小池」での大阪弁のセリフが強烈に印象に残ってます。最高でした。また見せてくれないかなぁ・・・


以上、今年 7 回目の AKB48 劇場公演でした。

パフォーマンスを見せてくれた鈴木さんと山根さん、劇場スタッフの皆さん、公演を見せていただきありがとうございました。また劇場に行けるよう自分はチケット抽選の応募を頑張ります。

Tags: , ,

AKB48

About this blog

ここブログ2は趣味など日常のトピックス、ブログ1 は ASP.NET Web アプリ開発関係のトピックスになっています。

Calendar

<<  January 2022  >>
MoTuWeThFrSaSu
272829303112
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31123456

View posts in large calendar