WebSurfer's Home

トップ > Blog 2   |   Login
Filter by APML

Marantz NR1200

by WebSurfer 19. May 2021 17:47

marantz 社の NR1200 というネットワークオーディオレシーバーを買いました。買った店は自宅の近くのノジマで、価格は税込み 70,400 円。

MARANTZ NR1200

最初は DENON の PMA-600NE + DCD-600NE を買うつもりだったのですが、考えてみれば CD を探してプレイヤーにセットして聴くというのは面倒ですぐ飽きてしまいそうだし、世の中はネットワークオーディオの時代らしい(?)ので、考え直して NR1200 にしました。

NR1200 は価格.com のオーディオのプリメインアンプの中で現在売れ筋ランキング 1 位だそうです。発売開始当時は品薄だったそうですが、店には在庫がありました。

いわゆるレシーバーなので、AM/FM ラジオ、Phono 入力、CD などのアナログ入力を持つ 75W + 75W のステレオプリメインアンプという基本機能を持っています。

それに加えて LAN、Bluetooth、USB、音楽ストリーミング、インターネットラジオ、PC / NAS への接続、HDMI セレクター他ネットワークオーディオの機能がてんこ盛りのようです。

自分が聞いたこともない機能も多々含まれていて、一体それは何なのかを調べて、セットアップして使えるようになるまでにはかなり時間がかかりそうです。(汗)


***** 2021/8/21 追記 *****

いろいろ試したことをメモに殴り書きしておいたのですが、その概略を以下にまとめて書いておきます。HDMI 関係の機能以外は一通り確認しました。

  • HEOS: スマートフォンに Marantz 2016 AVR Remote と HEOS をインストール。NR1200 の IP アドレスは 192.168.1.11 に設定。接続して操作できるようになった。
  • ミュージックサーバー: NAS は持ってないのでデスクトップ PC を利用。Windows Media Player の設定でデスクトップ PC の DLNA サーバーを有効にし、D ドライブに Music フォルダを作成してそこに CD をリッピングして wav ファイルとして保存、Music フォルダをライブラリに設定すると WMPNetworkSvc に読み取り権限が与えられる。それで HEOS を操作して再生できることを確認。

    注: HEOS で「フォルダー」から検索すると Track # は無視されて曲名順に並び(Android の仕様らしい)その順で再生されます。クラシックの楽章順とかアルバムのトラック順で再生したい場合は「アルバム」とか「アルバムのアーティスト」などから検索すると良いです。
  • USB: 手持ちの USB メモリに音楽ファイルをコピーし、USB 端子に差して再生できることを確認。
  • Bluetooth: 自分のスマートフォンを Bluetooth 接続して再生できることを確認。
  • ストリーミング: Spotify のみ確認。
  • Air Play: デスクトップ PC の iTunes を起動し、AirPlay アイコンをクリックして NR1200 を選んで再生できることを確認。
  • インターネットラジオ: TUNE IN で聴けた。
  • AM/FM ラジオ: 付属のアンテナを接続して聴けることを確認。

自分が最もよく使うのはミュージックサーバーとしての機能ですね。CD を探して、CD プレーヤーにセットして再生というのが時代遅れだということがよく分かりました。(笑)

Tags: ,

General

Economic Impact Payment その後

by WebSurfer 18. May 2021 17:35

アメリカ合衆国のバイデン大統領からお手紙が届きました。内容は以下の通りで、要約すると hundreds of millions of Americans, including you に US$1,400 の小切手を送ったというお知らせです。

バイデン大統領からの手紙

確かに、先の記事「Economic Impact Payment」で書きましたように 5/6 に Third Economic Impact Payment として US$1,400 の小切手を受け取りました。

でも、調べてみると、自分は nonresident alien で受け取る資格がないようです。後で利子付けて返せとか言われるとイヤなので、5/12 には IRS に送り返してしまったんですよね。(そのあたりのことは「Economic Impact Payment 返却」に書きましたので、興味があれば読んでください)

大統領がこういう手紙を送ってきたということは自分にも受け取る資格がある・・・なんてことはなくて、先に小切手を送った相手に機械的にこの手紙を送ってきたのでしょうね。

それでもさすがアメリカという感じがしますし、手紙をもらって嬉しいです。日本の総理大臣もガンバレ!

Tags: ,

General

Economic Impact Payment 返却

by WebSurfer 11. May 2021 10:40

先の記事「Economic Impact Payment」に書きましたように、米国から新型コロナウイルス対策給付金の小切手を受け取ったのですが、自分に受け取る資格があるのか疑問だったので調べていました。

ググって調べた限りでは、自分は nonresident alien ということになり給付対象外なのですが、IRS が小切手を送ってきたということは例外があるのかもと思って、5/9 に以下の通りメールで問い合わせてみました。

IRS への問い合わせメール

その問い合わせ対する返信が今日 5/11 に返ってきました。下の画像はそのメールをメーラー Thunderbird で開いて表示したものです。

IRS からの返信

メール本文には返せとは書いてないですが、メール本文にある url には小切手を返送する方法と返送先が書いてあります。ということはやっぱり返せということでしょうか。(事務的に返却方法を連絡しただけという気もしますけど)

小切手を受け取ったときはさすがアメリカと思って喜んだのですが、残念、ぬか喜びでした。返送することにします。

Tags: ,

General

About this blog

ここブログ2は日々の出来事、ブログ1はプログラミング関係のトピックスになっています。

Calendar

<<  August 2022  >>
MoTuWeThFrSaSu
25262728293031
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930311234

View posts in large calendar