WebSurfer's Home

トップ > Blog 2   |   Login
Filter by APML

テレビ接続アダプター

by WebSurfer 4. May 2013 23:33

USB2.0 対応テレビ接続アダプター

某電気量販店内を見ていたら、PC の画面をテレビに表示するためのアダプターを売っていたので衝動買いしてしまいました。

買ったのは Buffalo 社製の GX-HDMI/U2 という機種で、価格は 6,920 円でした。

PC の USB 端子を利用してマルチディスプレイを行うため、USB ポートを D-Sub または DVI 出力に変換するアダプタがありますが、PC 専用のディスプレイでなくテレビを使用できるよう、USB ポートを HDMI 出力に変換するものがこれです。

HDMI 出力ですから、もちろん映像だけでなく、音声もテレビで楽しむことができます。

何故これを買ったかというと、DMM.com で配信されている AKB48 劇場公演の wmv 形式の動画など、今まで Windows Media Player などで PC の小さなディスプレイでしか見ることができなかったものを、大きな画面のテレビで見たかったからです。

6,920 円出すなら、HDMI 出力つきのビデオカードが買えますが、それでは 3D ゲームができなくなりますし、と言って、今のビデオカード GeForce GTX 570 を買い換える気はしないということで、これを買って正解だったのではないかと思っています。

早速見てみましたが、十分満足でした。

Tags:

PC

Call of Duty Black Ops 2

by WebSurfer 24. November 2012 19:31

Call of Duty Black Ops 2

11 月 22 日に発売になった Call of Duty Black Ops 2 という PC ゲームを買いました。約 2 年前に買った Call of Duty Black Ops の続編です。

買ったのは「字幕版」で(吹替版は今日現在まだ発売されていません)、音声は英語、画面の下のほうに日本語の字幕が出ます。

例によって、翻訳は少々手抜きされているようで、音声のすべてが字幕で表示されるわけではなく、ストーリーが追えなくなるところがあります。(汗)

でも、日本語ではどうしても違和感があるので、多少ストーリーがわからなくなることがあっても、音声は英語の方が良いと思います。

最近の PC ゲームはインストールするのにえらく時間がかかるようですが、これも例に漏れず、プレイできるようになるまで 2 時間ぐらいかかりました。

なので、まだほとんどプレイできていませんが、ちょっと見たところ、前作の主人公(?)の息子が今回の主人公となるような感じです。

という訳で、またまたストーリーがよく分からないままプレイしていくことになりそうです。どうも、自分的には Call of Duty 4 ぐらいまでが、プレイしながらストーリーが追える限界のようです。(笑)

Tags: ,

PC

Windows Update の問題

by WebSurfer 16. June 2012 17:56

Windows Update のトラブル解決でハマったので、また同じ問題で時間をムダにしないよう、どのように解決したかを備忘録として書いておきます。

検証などに使っている Windows Sever 2008 に、最近リリースされた更新プログラムを適用するため Windows Update をかけましたが、以下のエラーメッセージが出てアップデートできませんでした。

"現在サービスが実行されていないため Windows Update で更新プログラムを確認できません。コンピューターの再起動が必要な可能性があります。"

イベントログを見てみると、Microsoft-Windows-CAPI2 のエラーが出ていて、そのエラーメッセージは以下ようになっていました。

"<http://www.download.windowsupdate.com/.../authrootstl.cab> にある自動更新 cab ファイルからサード パーティのルート一覧を抽出できませんでした。エラー: 現在のシステム時計または署名ファイルのタイムスタンプで確認すると、必要な証明書の有効期間が過ぎています。"

エラーメッセージに "windowsupdate" という文字があったので、絶対これが原因だと思ったのが間違いでした。実は関係なかったのですが・・・

その解決策をググって調べ、[障害情報] crypt32 (Windows XP, Windows Server 2003)、Microsoft-Windows-CAPI2 (Windows Vista 以降) のイベント という記事に書いてあった対応を取ったのですが、CAPI2 のエラーは相変わらず出ますし、Windows Update もできません。

さらにググって調べてみると、Windows Update サービスが動いてないとか、インテルのドライバの問題とか、いろいろ記事が見つかりましたが、それらは関係なかったです。

結局、最終的には、Microsoft の Answers のページ [Win7] Windows Update が起動しません に書いてあったバッチファイルを適用して解決できました。

そのバッチファイルは、以下の操作を行うものです。ということは、SoftwareDistribution フォルダまたは catroot2 フォルダ内のファイルが壊れたか、整合が取れなくなったことが原因だったようです。

  1. Windows Update サービスを停止
  2. %systemroot% 下の SoftwareDistribution フォルダ名を変更(削除と同じ)
  3. Windows Update サービスを再開
  4. Background Intelligent Transfer Service を再起動
  5. Cryptographic Service を停止
  6. %systemroot%\system32 フォルダ下の catroot2 フォルダ名を変更(削除と同じ)
  7. Cryptographic Service を再開

これで、Windows Update は動くようになりました。イベントログに出ていた CAPI2 のエラーも Windows Update で更新プログラムが適用された後は出なくなりました。ということは、CAPI2 のエラーは何かの更新プログラムが適用されなかったことが原因だったようです。

でも、まだ問題があって KB2656405 と KB2604121 がどうしても更新できません。最初は Windows Update の不具合と関係しているのかと思っていましたが、.NET Framework 4 自体がどこか壊れていたことが原因だったようです。

コントロールパネルの「プログラムと機能」から、Microsoft .NET Framework 4 Client Profile を選択して[修復]をかけたら解決しました。

ということで、複数の問題があって、最終的に解決するまで丸一日かかってしまいました。オソマツ(汗)

Tags:

PC

About this blog

ここブログ2は趣味など日常のトピックス、ブログ1 は ASP.NET Web アプリ開発関係のトピックスになっています。

Calendar

<<  November 2021  >>
MoTuWeThFrSaSu
25262728293031
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293012345

View posts in large calendar