WebSurfer's Home

トップ > Blog 2   |   Login
Filter by APML

Sony Xperia 10 V Fun Edition

by WebSurfer 26. March 2024 22:27

スマートフォン(以下、スマホと書きます)を買い換えました。機種は Sony 製の Xperia 10 V Fun Edition SO-52D で、下がその写真です。(画像は Sony のサイトから借用しました)

Sony Xperia 10 V Fun Edition

前に使っていたスマホは朝フル充電しても夜までバッテリーが持たないという状況になっていました。先の記事「スマホのバッテリー交換」に書きましたように自分でバッテリーを交換したのですが効果なし。

7 年以上使ってきたもなのでバッテリーの劣化は間違いなくあったと思いますが、バッテリーがすぐ減ってしまうという問題の主な原因は他にあったようです。(詳しくは別の記事「モバイルネットワーク スタンバイの電力消費」に書きましたので興味があれば読んでください)

その後半年ぐらい我慢して使っていたのですが、アプリの立ち上がりが遅くなるなどの問題も出てきて、我慢も限界に達したので買い替えることにした次第です。

買ったのは 2024 年 1 月発売の Fun Edition という機種です。Sony のサイトによると "Xperia 10 V Fun Editionは、ドコモ限定の特別なモデル。さわやかなNEWカラーと、充実のエンタメ機能をとことん楽しむためのお得なキャンペーンで、あなたの青春を応援します" ということで若者向けらしいです。スペックは普通の Xperia 10 V と同じです。

若者ではない自分がなぜこの機種を買ったかというと、docomo のオンラインショップに注文して近くのドコモショップに届けてもらえるのがこの機種だけだったからです。何故ドコモショップに届けてもらうようにしたかというと、購入と同時に eximo (5G, データ上限なし) にプラン変更したかったからです。

ついでに、ドコモショップでアクセサリーも購入しました。下の画像がそれで、左からケース、本体、画面フィルム、充電器です。価格は合計 93,467 円でした。

ケース、本体、画面フィルム、充電器

初期設定でちょっと問題だったのが Google へのログイン。新スマホで Play ストアを開いてログインのため Google の ID とパスワードを入力すると、本人確認のため確認画面が送られてくるのですが、送られてくるのは旧スマホの方なのです。SIM はすでに入れ替えてしまって docomo 回線には接続できなかったのですが、旧スマホを Wi Fi でネットに接続してやれば確認画面は旧スマホに表示され、そこで確認することにより新スマホから Google へのログインができました。Wi Fi が無かったらどうするんでしょうね?

スマホは、一代目の HT-01A、二代目の Galaxy SII、三代目の Xperia X Performance に続き、これで四代目となりました。

スマホのライフサイクルはどんどん短くなってきているような気がしますが、この先いつまでこのスマホを使えるのでしょう・・・

Tags: ,

General

モバイルネットワーク スタンバイの電力消費

by WebSurfer 23. August 2023 14:43

先の記事「スマホのバッテリー交換」で書きましたように、2016 年に買った Sony 製の Xperia X Performance SO-04H のバッテリーを交換しました。

バッテリーがすぐ減ってしまう(朝フル充電しても夜までバッテリーが持たない)という問題があって、その原因はバッテリーが劣化したせいだと思っていました。なので、バッテリーの交換で劇的に改善されると期待していたのですが、残念ながらほとんど変わらなかったです。

既存のバッテリーは 7 年近く使ってきたもなので劣化は間違いなくあったと思いますが、調べてみると、それはバッテリーがすぐ減ってしまうという問題の主な原因ではなかったようです。

以下に調べたことと、とりあえず取った対策(効果はなかったですが)を備忘録として書いておきます。

スマホの [設定] ⇒ [バッテリー] でバッテリーの消費状況を調べたのが下の画像です。スマホをほとんど操作してなくてもバッテリーの消費が進んでいき、約 18 時間で残量 51% となっています。一番電力を消費しているのは「モバイルネットワークス タンバイ」で、全体の電力消費の内この項目による消費がダントツとなっています。

バッテリー消費状況 (デフォルト)

「モバイルネットワーク スタンバイ」というのは何かを調べてみると、モバイル通信 (基地局を通じての音声通話とデータ通信) を行うため基地局との接続を確保する機能で、例えば電波が届きにくい場所で頻繁に電波を出して基地局との接続を試みたりするとこの項目の消費電力が増えるそうです。

なので、バッテリーがすぐ減ってしまう原因は、頻繁に電波を出して基地局との接続を試みる ⇒ 「モバイルネットワーク スタンバイ」の電力消費が増える ⇒ バッテリーの消耗が激しい・・・ということが疑わしいと思いました。

しかしながら、上の画像は 4G の電波が安定して受信できる自宅での結果で、頻繁に電波を出して基地局との接続を試みるという状態にはならないはずなのが解せません。

ひょっとしたら、4G ⇔ 3G の間での接続を頻繁に切り替えるようなことが起こっていて、その結果「モバイルネットワーク スタンバイ」の消費電力が増えていったかもしれないと思って、優先ネットワークタイプを LTE only に設定してみました。

ちなみに、LTE only に設定する方法ですが、ネットの記事を参考に *#*#4636#*#* をダイヤルして開く以下の画像のメニューで設定しました。

LTE only に設定

その効果は全くなかったです。下の画像を見てください。優先ネットワークタイプを LTE only に設定後 16 時間程様子を見た結果です。一番上の画像と同様に「モバイルネットワーク スタンバイ」による電力消費がほとんどを占めてます。

バッテリー消費状況 (LTE only)

安定的に 4G (LTE) で接続できている環境でも、さらには LTE only に設定しても、「モバイルネットワーク スタンバイ」の電力消費が増えていくということは、環境や設定に関わらず常に頻繁に電波を出して基地局との接続を試みているということなのでしょうか? そんな不必要なことをするとは思えないのですが、他に原因は思い当たりません。

以上のような状況で、今のところ「モバイルネットワーク スタンバイ」による電力消費の問題を回避するには「機内モード」に設定する (モバイル通信, Wi-Fi, Bluetooth, GPS による無線をカット) 以外の方法は見つかっていません。

「機内モード」にするとバッテリーの消費は以下の画像のようになります。フル充電から 20 時間程放置でバッテリー残量は徐々に減って 70% ほどになり、そこからスマホを ON してブラウザ (Edge) などを使い始めると急激に電力消費が増えて 37% まで減ったという状況です。問題の「モバイルネットワーク スタンバイ」による消費は表示されていません。

バッテリー消費状況(機内モード)

「機内モード」にした場合の問題は、通話ができないこと (外部からの電話は留守番電話サービスに残すことはできます)、SMS が届かないこと、Wi-Fi が使えない限りネットに接続できないことです。

docomo.ne.jp のメールの送受信は、自分が試した限りですが、「機内モード」でも Wi-Fi でネットに接続されていれば可能でした (できないと思っていたのですが予想外でした。APN に mopera U を使っているから?)。ただし、プッシュ通知機能が働かず、受信メールはメーラーを開いて取りに行く必要があります。

昔、格安 SIM と端末の相性の問題で、接続できないのに何度も 3G 接続を繰り返し、「モバイルネットワーク スタンバイ」の電力消費の問題が多発したことがあったそうですが、自分の問題とは関係ないですし、他にネットの記事などに自分のケースに該当するような話は見つからなかったです。

2016 年にこのスマホを買ってからしばらくはバッテリーがすぐなくなってしまうなどという問題はなかったので、インフラの何かが変わった(5G の追加、2G の停波、3G の設備集約などに絡む何か)ことにより問題が出てきたのでしょうか?

そんな話ではなくて、自分の端末に発生した不具合でしょうか? 上の 3 枚目の画像で、ブラウザ (Edge) などを使い始めると予想以上に急激に減っていったのが気になります。

画像を見る限り「モバイルネットワーク スタンバイ」による電力消費はないようですが、「アイドル状態」「画面」など他の項目を全部合わせても 23% しかありません。ということは、表示されてない何かが 40% 消費したということになります。

どうなっているのでしょう? 問題は「モバイルネットワーク スタンバイ」だけではない? もう少し調べてみて、何か分かったら追記します。


【2023/8/27 追記】

海外の情報を調べてみると、Sony ユーザーのコミュニティの記事 Mobile Network standby battery drain に、Oreo にアップデートしたら上に書いたような「モバイルネットワーク スタンバイ」の電力消費の問題が発生したと書いてありました。ちなみに、Oreo というのは、2017/8/21 にリリースされた Android 8.0 のことです。

自分の端末の [設定] > [システム] > [端末情報] を調べてみると以下のようになっていました。ということで、自分の端末は Android 8.0 Oreo にアップデートされているのは間違いなさそうです。(元のバージョンは 6.0)

Android バージョン: 8.0.0
ビルド番号: 41.3.B.1.82

ドコモ、スマートフォン「Xperia X Performance SO-04H」へ Android 8.0 OS バージョンアップを3月7日より提供開始 という記事によると、ドコモの Xperia X Performance の Oreo アップデートは 2018/3/7 から開始されたそうです。記事によればその時点ではアップデートでは自動ではなかったそうで、自分は手動でアップデートした覚えはないのですが、その後自動になったのか自分が知らない間にアップデートされていました。([設定] > [システム] > [端末情報] > [ソフトウェアアップデート] の「自動ダウンロード/自動更新」は ON に設定されていました)

Sony のコミュニティの参加者がサポートに対策を聞いたところ、以下の提案を受けたそうです。

  1. 使ってないときは Wi-Fi を off にしておく
  2. VoLTE を無効にしておく

上の 1 項の Wi-Fi は自動的に off になるので、2 項の VoLTE を無効にするのを試してみました。結果は下の画像の通りです。

バッテリー消費状況 (VoLTE 無効)

一番上の画像の VoLTE 有効の時と比較してみると、数値は 41% ⇒ 37% と少し下がっていますが、大きな効果はなさそうです。(誤差の範囲かもしれません)

これ以上調べても無駄なような感じで、ちょっと諦めムードが漂ってます。やっぱり買い替えるべきなのかなぁ・・・


【2023/8/29 追記】

上に書いた、海外のユーザーが Sony のサポートから聞いたという対策 (1) Wi-Fi を off にすると、(2) VoLTE を無効にするの両方を試したので、その結果を書いておきます。下の画像を見てください。

バッテリー消費状況 (Wi-Fi / VoLTE 無効)

上の【2023/8/27 追記】の画像の「(2) VoLTE を無効にする」だけの結果とほとんど差はありませんでした。(数値は 37% 対 34% と少し違いますが、「前回のフル充電」からの時間差約 1 時間などを考えるとほぼ同じです)

ネットの記事などで他に有効な対策がないか探しましたが、自分が調べた限りではどの記事も未解決のままで、決定的なものは見つかりませんでした。

でも、まだ買い替える気になりません。買い替えてもまたすぐ同じことになりそうな気がするので。なので、しばらくは、わずかながら効果があるという結果(41% ⇒ 34%)になった対策 (1) Wi-Fi は使わないとき off にするのと (2) VoLTE を無効に設定で使ってみようと思っています。

Tags: , , ,

General

スマホのバッテリー交換

by WebSurfer 22. August 2023 14:47

スマホのバッテリーを自分で交換しました。対象機種は先の記事に書いた Sony 製の Xperia X Performance SO-04H です。

バッテリー劣化のためか、朝フル充電しても夜までバッテリーが持たないという状況になっていました。2016 年 10 月に買ってすでに 7 年近く使ってきたものなのでスマホごと買い替えてもいいかなと思ったのですが、その前にバッテリーを交換して様子を見てから考えることにしました。

バッテリーを交換を業者に依頼すると 1 万円ほどかかるそうです。それならスマホごと買い替えた方が良さそうですが、バッテリー交換作業をネットで調べてみるとそれほど難しくはなさそうだったので、自分でバッテリーを買ってやってみることにしました。

買った交換用バッテリーは純正品ではなく社外品の「MIZUKI docomo SO-04H, au SOV33 互換バッテリー」という製品です (製造元、型番、容量等は純正品と同じ)。Amazon で消費税・送料込み 2,300 円でした。下の画像がその製品の中身で、バッテリー本体の他交換に必要なドライバーなどの工具や両面テープが付属しています (工具類が付属しているのを知って自分でやる気になりました)。

交換用バッテリー

交換作業の解説はネットの記事や Youtube などに出ていたのでそれらを参考にして行いました。

バッテリーが膨らんでスマホの裏蓋が少し浮き上がっていたので、裏蓋を外すのは簡単でした。上の画像の左下の吸盤を裏蓋に張り付けて引っ張り上げながら、ギターのピックのような三角の工具を蓋と本体の間に差し込んで剥がすようにすれば外れました。

次に、マザーボードの上の黒いプラスチックのカバーを外します。これを外さないとバッテリーをマザーボードに接続している端子が外せません。カバーはネジ 5 箇所で固定されていますので付属のドライバーでネジを緩めて外します。

ネットの記事には、そのあとマザーボードを外すように書いてあるものがありましたが、自分がやった限りではそれは必要なかったです。

その後バッテリーを本体から外すのですが、これが一番大変でした。バッテリーは強力な両面テープで本体に貼り付けられているので、なかなか剥がれてくれません。時間をかけて徐々に持ち上げるようにすれば外れると思います。

あとは付属の両面テープ(上の画像のピンク色のもの)で交換バッテリーを本体に貼り付け、端子をマザーボードに接続し、外した黒いプラスチックカバーと裏蓋を元に戻してやれば完了です。

元のバッテリーには製造日期 16W29 と印されていたので 2016 年 29 週に製造されたものだと思われます。交換したバッテリーの製造日期は 22W51 となっていました。ということで、7 年近く使ってきたバッテリーが 2022 年 51 週に製造された新品になりました。

交換作業完了後、フル充電して様子を見てみました。劇的に良くなることを期待していたのですが、ほとんど変わらなかったです。(涙)

既存のバッテリーがほぼ寿命だったのは確かなので、それもバッテリーがすぐなくなってしまうという原因の一つだったかもしれませんが、主な原因は他にあったようです。

何がバッテリー消耗の主な原因だったか、それに対してどのような対応を取ったかについては別の記事に書く予定です。

Tags: , ,

General

About this blog

ここブログ2は日々の出来事、ブログ1はプログラミング関係のトピックスになっています。

Calendar

<<  April 2024  >>
MoTuWeThFrSaSu
25262728293031
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293012345

View posts in large calendar