WebSurfer's Home

トップ > Blog 2   |   ログイン
APMLフィルター

53粒の涙

by WebSurfer 2010年7月21日 22:37
SET LIST ~グレイテストソングス~完全盤

先のポスト 逃がした魚たち に、「ビデオクリップには、メンバーの涙シーンが 53 カットが含まれています」と書きましたが、どうも含まれていないようです。

最初は、「逃した魚たち」の DISC 2 MUSIC VIDEO MAKING の一番最初にある AKB48 History というのがそれだと思っていたんですが、どう見ても 53 シーンもなく、これとは違うようです。

Web の記事などを読んでみると、一緒に買った「SET LIST ~グレイテストソングス~完全盤」(左の写真がそれです)に含まれているようなことが書いてあったんですが、これには MV は含まれていませんでした。

探したのですがどこにも見つかりません。見つからないとなると気になります。一体どこにあるのでしょうか??? (笑)

話は変わりますが、「逃した魚たち」の MAKING 映像を一通り見ました。個人的な感想ですが、大島優子さんが一番光っているという印象を受けました。これを見て、なぜ彼女が 1, 2 位を争うポジションにいるのか分かったような気がしました(いい意味で)。

ちなみに、前から 2 列目の左から 2 人目が大島優子さんです。以前は、前田敦子さん以外は見分けがつかなかったんですが、最近は何人か見分けがつくようになって来ました・・・と言いながら、違ってたりして。(汗)

Tags:

AKB48

逃がした魚たち

by WebSurfer 2010年7月19日 21:30
逃がした魚たち

実は、自分は隠れ(?)前田敦子ファンでして、「AKB48/逃がした魚たち ~シングルビデオコレクション~ <完全生産限定盤>」という最近発売された DVD の宣伝を新聞で見て、ネット通販で買ってしまいました。

おまけ(?)に、「SET LIST ~グレイテストソングス~完全盤」というのも、Amazon の「よく一緒に購入されている商品」というのにつられて買ってしまいました。(笑)

DVD に含まれているのは新しい曲ではなくて、2006 年から 2008 年まで所属したレコード会社 Defstar Records Inc. 時代の曲を集めたものだそうです。前田敦子さん他のメンバーがまだ若い(今でも十分若いですが)頃のビデオクリップが含まれていて、今に至る成長の過程が見られるという売りにつられました。

タイトルの「逃した魚たち」というのは、AKB48 がブレイクする前に契約を打ち切ってしまったレコード会社が、洒落で「逃がした魚は大きかった」という意味でつけたそうです。

また、ビデオクリップには、メンバーの涙シーンが 53 カットが含まれていますが、これは「AKB48 にとって涙は成長の証。レコード会社的には大きな 53(誤算)の涙」ということだそうです。

なかなか面白い発想・・・というより、最初の魚(AKB48)は逃してしまったが、代わりに別の魚(ファン)を釣り上げようという、転んでもただでは起きない商魂のたくましさと言った方が当たっているかもしれません。(笑)

秋葉原の AKB48 シアター

右の写真に写っているのは、AKB48 劇場がある秋葉原のドンキホーテです。

ここの 8F に劇場があります。この小さな劇場が出発点で、ここから始めて今のようにブレイクするまで、女の子たちは頑張ったんだと思います。

残念ながら、自分は劇場には行ったことはありませんけど、「会いにいけるアイドル」が宣伝文句の AKB48 なので、ここに行けば前田敦子さんに会える・・・ということはないんでしょうね、きっと。(笑)

今テレビを見たら、前田敦子さんが、AKB48 の他のメンバーと一緒ではなく単独で、日本テレビの「はじめてのおつかい」に出演しているのを見つけました。単独で、しかもこのような番組に出ているということは、また少し成長したのでしょうか。

Tags:

AKB48

国際免許証

by WebSurfer 2010年7月18日 21:33

二俣川運転免許試験場

今日は、国際免許証を取りに二俣川の運転免許試験場に行ってきました。

実は、お盆休みにハワイに行く計画を立てているのです。米国(ハワイを含む)ではクルマがないと身動きが取れませんので、現地でレンタカーを借りて乗ろうというわけです。

日本のように公共交通機関が発達していないので、クルマがないとどうしようもありません。ワイキキビーチ近辺ならともかく、ちょっと繁華街から外れると、昼飯に行くにもクルマがないとどうしようもないくらいです。

一方、クルマがあれば、昼飯に行くのはもとより、何をするにも行動半径が一挙に広がります。ノースショアだろと、ハナウマ湾だろうと、どこへでも自由にいけます。これはホントに大きな違いです。

国際免許証

右の写真が国際免許証です。10 年以上前に取得したことがありますが、全く変わっていませんね。これで 2,650 円でした。1 年しか有効でないのに高すぎませんか? (笑)

ところで、米国のほとんどの州(運転免許証は国ではなく州の管轄です)では国際免許証は有効ではないはずなんです。以前自分が住んでいたバージニア州で DMV(運転免許を管轄している組織)に確認しましたが、はっきり国際免許は有効でないと言われました。

で、何か有効なのかを聞きましたが、日本の免許証がそのまま有効なのだそうです(ただし 30 日以内。それを過ぎるとその州の免許証を取得する必要があります)。

たぶん、ほとんどの州では日本の免許証がそのまま有効だと思います。カリフォルニア州、テキサス州でも日本の免許証だけで OK でしたので、たぶんハワイ州でも同じだと思います(未確認ですが)。

では、何故、国際免許証を取りに行ったかと言えば、日本の免許証をレンタカー会社の人に提示しても読めないからです。なにせ、生年月日でさえ日本の年号で書いてあるのでは、分かるはずがないですよね。

というわけで、現地でトラブルがあってレンタカーを借りるにも余計な時間がかかるとイヤなので、わざわざ国際免許証を取りに行ったというわけです。

Tags:

Travel

About this blog

ここブログ2は趣味など日常のトピックス、ブログ1 は ASP.NET Web アプリ開発関係のトピックスになっています。

Calendar

<<  2018年12月  >>
2526272829301
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
303112345

View posts in large calendar