WebSurfer's Home

トップ > Blog 1   |   ログイン
APMLフィルター

異なるデータソースの結合と表示

by WebSurfer 2017年11月26日 13:34

異なるデータソース(例えば SQL Server と CSV ファイル)のレコードを内部結合または左外部結合して GridView などに一覧表示する例を書きます。

GridView に表示

上の画像はこの記事で紹介するサンプルの実行結果で、SQL Server と CSV ファイルをデータソースに使い、左側が内部結合、右側が左外部結合した結果一覧を ASP.NET Web Forms アプリの GridView に表示したものです。

この記事で使用したデータソースは、Microsoft が提供しているサンプルデータベース Northwind の Orders テーブルと、Customers テーブルから一部のフィールド / レコードを抜き出して作った以下の画像の CSV ファイルです。

CSV ファイル内容

データソースが両方とも SQL Server のサンプルデータベース Northwind にあれば、SELECT クエリで JOIN 句を使って結合し、その結果を DataTable などに取得するのが簡単ですが、一方が CSV ファイルではそうはいきません。

ではどうするかと言うと、SQL Server のテーブルと CSV ファイルそれぞれから List<T> 型のオブジェクトを作り、それを Linq で結合した結果を GridView のデータソースとしてバインドしてやるのがよさそうです。

Linq を使って結合する例は Microsoft の文書「join 句 (C# リファレンス)」やそれからリンクが張ってある記事が参考になりました。

上の画像を表示したサンプルコードは以下の通りです。説明はコメントとして書きましたので、それを見てください。(手抜きでスミマセン)

using System;
using System.Collections.Generic;
using System.Linq;
using System.Web;
using System.Web.UI;
using System.Web.UI.WebControls;
using System.Data;
using System.Data.SqlClient;
using System.Web.Configuration;

// SQL Server の Northwind サンプルデータベース Orders
// テーブルのレコードを格納するクラス定義
public class Order
{
    public int OrderID { get; set; }
    public string CustomerID { get; set; }
    public int& EmployeeID { get; set; }
    public DateTime& OrderDate { get; set; }
    public DateTime& RequiredDate { get; set; }
    public DateTime& ShippedDate { get; set; }
    public int& ShipVia { get; set; }
    public decimal& Freight { get; set; }
    public string ShipName { get; set; }
    public string ShipAddress { get; set; }
    public string ShipCity { get; set; }
    public string ShipRegion { get; set; }
    public string ShipPostalCode { get; set; }
    public string ShipCountry { get; set; }
}

// CSV ファイルのレコードを格納するためのクラス定義
public class Customer
{
    public string CustomerID { get; set; }
    public string CompanyName { get; set; }
    public string ContactName { get; set; }
    public string ContactTitle { get; set; }
}

// 結合後の結果を格納するためのクラス定義
public class Result
{
    public int OrderID { get; set; }
    public string CompanyName { get; set; }
    public DateTime& OrderDate { get; set; }
    public decimal& Freight { get; set; }
}

public partial class _0019_GridViewJoinedList : 
    System.Web.UI.Page
{
  // SQL Server のサンプルデータベース Northwind の
  // Orders テーブルからデータを取得して List<Order>
  // オブジェクトを生成。Entity Framework を使う方が簡単
  // だが、ここではプリミティブに ADO.NET の SqlDataReader 
  // を使用した。
  protected List<Order> CreateOrderList()
  {
    List<Order> orders = new List<Order>();

    string connString = WebConfigurationManager.
            ConnectionStrings["NORTHWINDConnectionString"].
            ConnectionString;

    string query = "SELECT [OrderID], [CustomerID]," +
            "[EmployeeID], [OrderDate], [RequiredDate]," +
            "[ShippedDate], [ShipVia], [Freight]," +
            "[ShipName], [ShipAddress], [ShipCity]," +
            "[ShipRegion], [ShipPostalCode], [shipCountry]" +
            "FROM [Orders]";

    using (SqlConnection conn = new SqlConnection(connString))
    {
      conn.Open();
      using (SqlCommand cmd = new SqlCommand(query, conn))
      {
        using (SqlDataReader reader = cmd.ExecuteReader())
        {
          if (reader != null)
          {
            while (reader.Read())
            {
              Order record = new Order();

              record.OrderID = reader.GetInt32(0);
              record.CustomerID = reader.IsDBNull(1) ?
                      null : reader.GetString(1);
              record.EmployeeID = reader.IsDBNull(2) ?
                      null : (int&)reader.GetInt32(2);
              record.OrderDate = reader.IsDBNull(3) ?
                      null : (DateTime&)reader.GetDateTime(3);
              record.RequiredDate = reader.IsDBNull(4) ?
                      null : (DateTime&)reader.GetDateTime(4);
              record.ShippedDate = reader.IsDBNull(5) ?
                      null : (DateTime&)reader.GetDateTime(5);
              record.ShipVia = reader.IsDBNull(6) ?
                      null : (int&)reader.GetInt32(6);
              record.Freight = reader.IsDBNull(7) ?
                      null : (decimal&)reader.GetDecimal(7);
              record.ShipName = reader.IsDBNull(8) ?
                      null : reader.GetString(8);
              record.ShipAddress = reader.IsDBNull(9) ?
                      null : reader.GetString(9);
              record.ShipCity = reader.IsDBNull(10) ?
                      null : reader.GetString(10);
              record.ShipRegion = reader.IsDBNull(11) ?
                      null : reader.GetString(11);
              record.ShipPostalCode = reader.IsDBNull(12) ?
                      null : reader.GetString(12);
              record.ShipCountry = reader.IsDBNull(13) ?
                      null : reader.GetString(13);

              orders.Add(record);
            }
          }
        }
      }
    }
    return orders;
  }

  // CSV ファイルからデータを取得して List<Customer> オブ
  // ジェクトを生成。
  protected List<Customer> CreateCustomerList()
  {
    List<Customer> customers = new List<Customer>();

    string csvFile = Server.MapPath("~/App_Data/TextFile.csv");

    using (Microsoft.VisualBasic.FileIO.TextFieldParser tfp =
      new Microsoft.VisualBasic.FileIO.TextFieldParser(
        csvFile,
        System.Text.Encoding.GetEncoding("Shift_JIS")))
    {
      //フィールドがデリミタで区切られている
      tfp.TextFieldType =
        Microsoft.VisualBasic.FileIO.FieldType.Delimited;
      // デリミタを , とする
      tfp.Delimiters = new string[] { "," };
      // フィールドを " で囲み、改行文字、デリミタを
      // 含めることができるか
      tfp.HasFieldsEnclosedInQuotes = true;
      // フィールドの前後からスペースを削除
      tfp.TrimWhiteSpace = true;

      while (!tfp.EndOfData)
      {
        string[] fields = tfp.ReadFields();

        Customer customer = new Customer()
        {
          CustomerID = fields[0],
          CompanyName = fields[1],
          ContactName = fields[2],
          ContactTitle = fields[3]
        };
        customers.Add(customer);
      }
    }
    return customers;
  }

  protected void Page_Load(object sender, EventArgs e)
  {
    if (!IsPostBack)
    {
      List<Order> orders = CreateOrderList();
      List<Customer> customers = CreateCustomerList();

      // 内部結合
      var innerJoin = from o in orders
                      join c in customers
                      on o.CustomerID equals c.CustomerID
                      select new Result
                      {
                        OrderID = o.OrderID,
                        CompanyName = c.CompanyName,
                        OrderDate = o.OrderDate,
                        Freight = o.Freight
                      };

      // シーケンスが空の場合に返すデフォルト値
      // 下の DefaultIfEmpty メソッドの引数に設定する
      Customer defaultValue = new Customer() {
                CustomerID = string.Empty,
                CompanyName = string.Empty,
                ContactName = string.Empty,
                ContactTitle = string.Empty };

      // 左外部結合
      var leftOuterJoin = 
          from o in orders
          join c in customers
          on o.CustomerID equals c.CustomerID into cGroup
          from item in cGroup.DefaultIfEmpty(defaultValue)
          select new Result
          {
              OrderID = o.OrderID,
              CompanyName = item.CompanyName,
              OrderDate = o.OrderDate,
              Freight = o.Freight
          };

      // 上の画像の左側の GridView(内部結合)
      GridView1.DataSource = innerJoin;
      GridView1.DataBind();

      // 上の画像の右側の GridView(左外部結合)
      GridView2.DataSource = leftOuterJoin;
      GridView2.DataBind();
    }
  }
}

Tags: , ,

ASP.NET

匿名型と Distinct メソッド

by WebSurfer 2015年12月8日 19:44

IEnumerable<T> で T が匿名型の場合は Distinct() メソッドで期待通り重複のない結果が得られますが、T にカスタムデータ型を使った場合は、

  1. そのカスタムデータ型に IEquatable<T> インターフェイスを継承させて Equals メソッドを実装し、GetHashCode メソッドを override する(具体例は MSDN ライブラリ Enumerable.Distinct<TSource> メソッド (IEnumerable<TSource>) のサンプルコード参照)、または、
  2. IEqualityComparer<T> を継承したクラスを作成し、それを引数にとって値を比較できるバージョンの Distinct メソッドを使う(具体例は MSDN ライブラリ Enumerable.Distinct<TSource> メソッド (IEnumerable<TSource>, IEqualityComparer<TSource>) のサンプルコード参照)。

のいずれかの方法を取る必要があるそうです。知ってました? 実は自分は知らなかったです。匿名型を使っている限りは問題なかったので。(汗)

ちなみに、上に紹介した MSDN ライブラリのサンプルコードで、Product 型に替えて匿名型を使えば以下のように Distinct() メソッドを使って重複しない結果を取得できます。

var products = new[] { 
    new { Name = "apple", Code = 9 }, 
    new { Name = "orange", Code = 4 }, 
    new { Name = "apple", Code = 9 }, 
    new { Name = "lemon", Code = 12 } };

var noduplicates = products.Distinct();

foreach (var product in noduplicates)
    Console.WriteLine(product.Name + " " + product.Code);

/* 結果は:
apple 9
orange 4
lemon 12
*/

ただ、それで何故 Distinct() が使えるのかがズバリ書いてある Microsoft の公式文書が見つからないという不安はありますが。

一応、匿名型における Equals, GetHashCode, ToString メソッドおよび IEquatable<T> インターフェイスの実装について以下の文書があるのは見つけました。

上のコード new { Name = "apple", Code = 9 } で作られる匿名型にも上記が当てはまるのであろうとは思っていますが・・・

(注)VB.NET には Key というキーワードがあってそれを付与して定義したプロパティのみが比較の対象となるようです。一方、C# は上の記事にもあるように全てのプロパティが比較の対象になります。

Tags: ,

.NET Framework

About this blog

2010年5月にこのブログを立ち上げました。その後 ブログ2 を追加し、ここは ASP.NET 関係のトピックス、ブログ2はそれ以外のトピックスに分けました。

Calendar

<<  2017年12月  >>
262728293012
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31123456

View posts in large calendar