WebSurfer's Home

トップ > Blog 1   |   Login
Filter by APML

canvas の画像をアップロード (その 2)

by WebSurfer 20. November 2022 11:46

先の記事「canvas の画像をアップロード」の機能を .NET 6.0 の ASP.NET Core MVC アプリに実装しました。以下に備忘録として書いておきます。

canvas の画像をアップロード

基本的には先の記事と同じことを行っており、クライアントの PC にある画像を HTML5 の File API を利用して取得し、それを指定のサイズに縮小して HTML5 の canvas に描画し、canvas に描画された画像をサーバーにアップロードして保存するというものです。

先の記事との違いは、(1) アプリが先の記事では ASP.NET Web Forms であったものがこの記事では ASP.NET Core MVC であること、(2) jQuery は使わないようにしたこと(なので、jQuery ajax に代えて fetch API を使ってます)、(3) アップロードされてきたファイルを受けるのを ASP.NET Core Web API のコントローラーとしたことです。

概略の動きは以下の通りです。詳しくは下のサンプルコードとそれに書いたコメントを参照ください。

  1. クライアントによる画像ファイルの選択は HTML の <input type="file" ... /> を利用する。
  2. <input type="file" ... /> で画像ファイルが選択されたタイミングで、HTML5 File API の FileReader オブジェクトに readAsDataURL メソッド を使って選択された画像ファイルを読み込む。
  3. FileReader の result プロパティ を使って、読み込んだ画像ファイルを Data url 形式("data:image/jpeg;base64, ..." という文字列)で取得し、それを image オブジェクトの src 属性に設定する。
  4. その image オブジェクトを HTML5 の canvas に CanvasRenderingContext2D.drawImage() メソッド を使って描画する。その際、描画する画像の最大サイズの制限を設け(今回のサンプルでは 500 x 500 とした)、それに入る場合はそのまま、入らない場合は幅・高さどちらか大きい方を 500px に縮小し他方をその縮小率と同じに縮小(要するに縦横比を保ったまま 500 x 500 に入るよう縮小)する。
  5. canvas 上の縮小後の画像データを取得して Web サーバーに fetch API を使って送信するメソッドを作る。canvas からの画像データの取得は HTMLCanvasElement.toDataURL() メソッド を用いる。Data url 形式で取得できるので、それを fetch API を用いて JSON 形式で送信する。(BASE64 でエンコードされているので、バイナリ形式よりサイズが約 1.3 倍大きくなってしまうが・・・)
  6. <input type="button" ... /> タイプのボタンを配置し、その onclick 属性に上記のメソッドを設定する。
  7. 非同期でクライアントから送信された BASE64 形式の画像データは、ASP.NET Core Web API のコントローラーで受け、デコードしてバイナリ形式に戻してファイルに保存する。
  8. 先の記事と同様に、画像ファイルのサイズを 500,000 bytes に、ファイルのタイプを image/jpeg に制限する機能も実装した。

上記を実現するための JavaScript のコードを実装した View のサンプルコードは以下の通りです。

@{
    ViewData["Title"] = "Canvas";
}

<h1>Canvas</h1>

<input type="file" id="file1" />
<input id="button1" type="button" value="Upload" style="display:none;" />
<br />
<div id="msg"></div>
<canvas id="mycanvas"></canvas>
<div id="result"></div>

@section Scripts {
    <script type="text/javascript">
    //<![CDATA[
        // 以下の操作を行っている:

        // File API の FileReader を利用して、input type="file" で
        // 選択された画像ファイルを読み込み、その画像の Data url 
        // 形式の文字列を取得。

        // その Data url 形式文字列を image オブジェクトの src 属
        // 性に設定するとロード完了時に image.onload イベントが発
        // 生するので、そのイベントのリスナで image オブジェクトの
        // 画像を指定のサイズ以下に縮小して canvas に描画する。

        // [Upload] ボタンクリックで uploadImage メソッドを起動。
        // そのメソッド内で canvas の画像データを DataURL 形式で取
        // 得して JSON 文字列を組み立て、それを fetch API を使って
        // サーバーに送信する。

        // 上に述べた FileReader と image オブジェクトへの参照。
        // 初期化は下の DOMContentLoaded イベントのリスナで行う
        let fileReader;
        let image;

        // 画像のサイズとタイプの制限。ここではそれぞれ 500000 
        // バイト、image/jpeg に制限している
        const maxFileSize = 500000;
        const allowedContentType = "image/jpeg";
 
        // canvas に描く画像のサイズ制限。ここでは 500 x 500 以下
        // に制限している
        const maxWidth = 500;
        const maxHeight = 500;

        // 上に定義されている input type="file" などのオブジェクト
        // をいちいち getElementById で取得しなくて済むように以下
        // の変数に保持。代入は下の DOMContentLoaded イベントのリ
        // スナで行う
        let inputFile, uploadButton, msgDiv, myCanvas, resultDiv;         

        // DOMContentLoaded イベントのリスナ設定
        window.addEventListener('DOMContentLoaded', () => {
            inputFile = document.getElementById("file1");
            uploadButton = document.getElementById("button1");
            msgDiv = document.getElementById("msg");
            myCanvas = document.getElementById("mycanvas");
            resultDiv = document.getElementById("result");

            // ブラウザの HTML5 File API サポートを確認
            if (window.File && window.FileReader && window.FileList) {

                // fileReader と image オブジェクトの初期化
                fileReader = new FileReader();
                image = new Image();                

                // [Upload] ボタンクリックで uploadImage メソッド
                // を起動できるようリスナとして設定
                uploadButton.addEventListener('click', uploadImage);

                // input type="file" でファイルの選択が完了すると 
                // change イベントが発生するのでそれにリスナをアタ
                // ッチし、以下の処置を行う
                inputFile.addEventListener('change', () => {
                    resultDiv.innerText = "";

                    // 選択されたファイルのタイプ/サイズの検証
                    // ClientValidate ヘルパメソッドは下の定義参照
                    if (ClientValidate(inputFile) == false) {
                        uploadButton.style.display = "none";
                        myCanvas.style.display = "none";
                        return;
                    }

                    // fileReader オブジェクトに input type="file" 
                    // で選択された画像ファイルを読み込む
                    fileReader.readAsDataURL(inputFile.files[0]);
                });

                // 上の readAsDataURL メソッドは非同期で動くので、
                // 読み込み完了の onloadend イベントのリスナで 
                // FileReader から Data url を取得し image オブジ
                // ェクトの src 属性に設定する
                fileReader.onloadend = () => {
                    image.src = fileReader.result; 
                };
                
                // image オブジェクトで画像のロードが完了すると 
                // image.onload イベントが発生するので、そのイベン
                // トのリスナで image オブジェクトが保持する画像を
                // サイズ制限以下に縮小して canvas 描画する。
                // DrawImageOnCanvas メソッドは下の定義参照
                image.onload = DrawImageOnCanvas;
            }
            else {
                inputFile.style.display = "none";
                myCanvas.style.display = "none";
                msgDiv.innerText =
                    "File API がサポートされていません。";
            }
        });

        // 選択されたファイルの検証のためのヘルパ関数
        function ClientValidate(fileUpload) {
            msgDiv.innerText = "";

            if (fileUpload.files[0] == null) {
                msgDiv.innerText = "ファイルが未選択です。";
                return false;
            }

            if (fileUpload.files[0].type != allowedContentType) {
                msgDiv.innerText = "選択されたファイルのタイプが " + 
                    allowedContentType + " ではありません。";
                return false;
            }

            if (fileUpload.files[0].size > maxFileSize) {
                msgDiv.innerText = "ファイルのサイズが " + 
                    maxFileSize + " バイトを超えています。";
                return false;
            }

            return true;
        }

        // 上で定義した image オブジェクトの src 属性に Data url
        // が設定され画像のロードが完了すると発生する onload イ
        // ベントにアタッチするリスナ。これで image 要素の画像を
        // 指定されたサイズ以下に縮小して canvas に描画する
        function DrawImageOnCanvas() {
            // オリジナル画像のサイズ
            const w = image.width;
            const h = image.height;

            let targetW, targetH;
            const context = myCanvas.getContext('2d');

            if (w <= maxWidth && h <= maxHeight) {
                // w, h ともに制限 maxWidth, maxHeight 以内 ⇒
                // そのままのサイズで canvas に描画
                myCanvas.setAttribute('width', w);
                myCanvas.setAttribute('height', h);
                context.drawImage(image, 0, 0);
            }
            else if (w < h) {
                // w, h どちらかが制限オーバーで h の方が大きい ⇒
                // 高さを maxHeight に縮小
                targetH = maxHeight;
                // 幅は高さの縮小比率で縮小
                targetW = Math.floor(w * targetH / h);
                myCanvas.setAttribute('width', targetW);
                myCanvas.setAttribute('height', targetH);
                context.drawImage(image, 0, 0, targetW, targetH);
            }
            else {
                // w, h どちらかが制限オーバーで w の方が大きい ⇒
                // 幅を maxWidth に縮小
                targetW = maxWidth;
                // 高さは幅の縮小比率で縮小
                targetH = Math.floor(h * targetW / w);
                myCanvas.setAttribute('width', targetW);
                myCanvas.setAttribute('height', targetH);
                context.drawImage(image, 0, 0, targetW, targetH);
            }

            uploadButton.style.display = "inline-block";
            myCanvas.style.display = "block";
        }

        // canvas の画像データを DataURL 形式で取得し、JSON 文
        // 字列を組み立てて fetch API で送信。
        async function uploadImage() {
            const context = myCanvas.getContext('2d');
            const dataUrl = context.canvas.toDataURL("image/jpeg");
            const params = {
                method: "POST",
                body: '{"imgBase64":"' + dataUrl + '"}',
                headers: { 'Content-Type': 'application/json' }
            }
            const response = await fetch("/api/Canvas", params);
            if (response.ok) { 
                const message = await response.text();
                resultDiv.innerText = message
            } else {
                resultDiv.innerText = "アップロード失敗";
            }
        }
    //]]>
    </script>
}

クライアントから JSON 形式で送信されてきた BASE64 形式の画像データは、以下のコードの ASP.NET Core Web API のコントローラーで受け、デコードしてバイナリ形式に戻してファイルに保存しています。

using Microsoft.AspNetCore.Mvc;

namespace MvcCore6App3.Controllers
{
    [Route("api/[controller]")]
    [ApiController]
    public class CanvasController : ControllerBase
    {
        // 物理パスの取得用
        private readonly IWebHostEnvironment _hostingEnvironment;

        public CanvasController(IWebHostEnvironment hostingEnvironment)
        {
            this._hostingEnvironment = hostingEnvironment;
        }

        [HttpPost]        
        public async Task<string> Post([FromBody] JsonData data)
        {
            // 文字列先頭の "data:image/jpeg;base64," を除去。
            string imgBase64 = 
                data.ImgBase64.Replace("data:image/jpeg;base64,", "");

            // BASE64 エンコードされた画像データを元のバイト列に変換
            Byte[] imgByteArray = Convert.FromBase64String(imgBase64);

            // ファイル名を設定
            string filename = 
                $"img{DateTime.Now.ToString("yyyyMMddHHmmss")}.jpg";

            // アプリケーションルートの物理パスを取得
            string contentRootPath = 
                _hostingEnvironment.ContentRootPath;

            string filePath = 
                $"{contentRootPath}\\UploadedFiles\\{filename}";

            // フォルダ UploadedFile に画像ファイルを保存
            await System.IO.File
                 .WriteAllBytesAsync(filePath, imgByteArray);

            return $"ファイル名 {filename} として保存しました。";
        }
    }

    // 先の記事の ASP.NET Web Forms アプリの Web メソッドでは
    // ReceiveImage(string imgBase64) という形で引数の imgBase64
    // に直接  {"imgBase64":"value"} の value を受け取ることがで
    // きたが、Web API ではそのようなことはできず、以下のような
    // クラスを定義して、それで受け取る必要がある
    public class JsonData
    {
        public string ImgBase64 { get; set; } = null!;
    }
}

JavaScript はブラウザ依存なところがありますが、Edge 107.0.1418.52, Chrome 107.0.5304.107, Firefox 107.0, Opera 93.0.4585.11 では期待通り動くことは確認しました。

Tags: , , , , ,

Upload Download

PostgreSQL で EF6 Code First

by WebSurfer 23. July 2022 13:10

先の記事「PostgreSQL で EF6 DB First」の続きで、PostgreSQL に Entity Framework 6 を利用してコードファーストでデータベースを作成し、ASP.MET MVC5 アプリで利用する話を書きます。

PostgresSQL で EF6 Code First

ASP.NET Core + EF Core ではなく ASP.NET MVC5 + Entity Framework 6 の話ですので注意してください。

一つ注意すべきことは、エンティティクラスに TableAttribute 属性を付与してスキーマ名を設定しないとデフォルトの dbo となってしまうことです。詳しくは下のステップ (2) を見てください。

環境は以下の通りで、すべてこの記事を書いた時点での最新版です。

  • PostgreSQL 14.4
  • Visual Studio Community 2022 17.2.6
  • Npgsql PostgreSQL Integration 4.1.12
  • Entityframework6.Npgsql 6.4.3
  • Npgsql 6.0.5
  • .NET Framework 4.8
  • ASP.NET MVC 5.2.7 (VS2022 のテンプレートで作成)

手順は以下の通りです。

(1) プロジェクトの作成

Visual Studio 2022 のテンプレートで .NET Framework 4.8 の ASP.NET MVC 5.2.7 ソリューション/プロジェクトを認証なしで作成します。

(2) エンティティクラスとコンテキストクラスの追加

Microsoft のドキュメント「新しいデータベースの Code First」にあるエンティティクラスとコンテキストクラスを使ってみます。

Data フォルダを追加しその中に BloggingContext クラスを、既存の Models フォルダに Blog, Post クラスを追加します。

Blog, Post クラスには Table 属性を付与して Schema プロパティを設定することを忘れないようにしてください。PostGreSQL のデフォルトは public です。設定しないと SQL Server のデフォルト dbo になります。

BloggingContext クラスには接続文字列を指定するコンストラクタを追加します。Blog, Post, BloggingContext クラスのコードは順に以下の通りです。

Blog クラス

using System.Collections.Generic;
using System.ComponentModel.DataAnnotations.Schema;

namespace Mvc5PostgreSQL2.Models
{
    [Table("Blog", Schema = "public")]
    public class Blog
    {
        public int BlogId { get; set; }
        public string Name { get; set; }

        public virtual List<Post> Posts { get; set; }
    }
}

Post クラス

using System.ComponentModel.DataAnnotations.Schema;

namespace Mvc5PostgreSQL2.Models
{
    [Table("Post", Schema = "public")]
    public class Post
    {
        public int PostId { get; set; }
        public string Title { get; set; }
        public string Content { get; set; }

        public int BlogId { get; set; }
        public virtual Blog Blog { get; set; }
    }
}

BloggingContext クラス

using Mvc5PostgreSQL2.Models;
using System.Data.Entity;

namespace Mvc5PostgreSQL2.Data
{
    public class BloggingContext : DbContext
    {
        public BloggingContext() : base("name=BloggingContext")
        {

        }

        public DbSet<Blog> Blogs { get; set; }
        public DbSet<Post> Posts { get; set; }
    }
}

(3) 接続文字列の追加

上の BloggingContext クラスのコンストラクタで "name=BloggingContext" と指定した BloggingContext という名前の接続文字列を web.config に追加します。

<connectionStrings>
  <add name="BloggingContext" 
    connectionString="Server=localhost;Port=5432;Database=Blogging;Username=postgres;Password=***"
    providerName="Npgsql" />
</connectionStrings>

(4) Enable-Migrations

Visual Studio のパッケージマネージャーコンソールから Enable-Migrations を実行します。実行すると Migrations フォルダが作られ、その中に Configuration.cs ファイルが生成されているはずです。

(5) Add-Migration

パッケージマネージャーコンソールから Add-Migration BlogInitial を実行します。BlogInitial という名前は任意です。成功すると Migrations フォルダに xxxxx_BlogInitial.cs というクラスファイルが生成されるはずです (xxxxx は作成日時)。

その内容は自分の環境では以下のようになりました。

BlogInitial.cs

このファイルを使って PostgreSQL にデータベース / テーブルが生成されます。上のコードのテーブル名、スキーマ名はステップ (2) で Blog, Post クラスに付与した Table 属性の通りとなっています。

(6) Update-Database

パッケージマネージャーコンソールから Update-Database を実行します。成功すると PostgreSQL に Blog, Post テーブルが生成されます。

 Blog, Post テーブル

(7) Controller / View の作成

ソリューションエクスプローラーで Controller フォルダを右クリックし、[追加 (D)]⇒[新規スキャフォールディングアイテム (F)...]で表示される「新規スキャフォールディングアイテムの追加」画面で[Entity Framework を使用した、ビューがある MVC5 コントローラー]を選び、以下の画像のように入力して[追加]をクリックすれば CRUD 操作のための Controller / View が一式生成されます。

スキャフォールディング

この記事の一番上の画像が、アプリを実行して Create 画面でデータを 2 件追加したものです。



【オマケの話】

上のステップ (2) で「Blog, Post クラスには Table 属性を付与して Schema プロパティを設定することを忘れないようにしてください」と書きましたが、実は、そこにハマって約 1 日悩みました。

SQL Server の場合スキーマ名はデフォルトで dbo で、EF6 もデフォルトで dbo を設定するので、Microsoft のチュートリアルなどでスキーマを設定する例は自分は見たことがないです。なので、スキーマを指定するということは全く頭の中になかったです。(汗)

また同じ失敗をしないように、忘れるとどういうことになるかを書いておきます。

Table 属性を付与しないで Add-Migration を実行すると Migrations フォルダに作成される DB 作成のベースとなるクラスファイルは以下のようになります。

BlogInitial.cs

上のコードの中でテーブル名が dbo.Blogs, dbo.Posts となっているところに注目してください。それを見て少し気にはなったのですが、と���あえず Update-Database を実行しました。

エラーなく完了したので PostgreSQL に Blog, Posts テーブルが生成された・・・はずなのですが、コマンドラインツール SQL Shell (pqsl) で探しても見つかりません。(汗)

pgAdmin 4 で探してみると、スキーマが public ではなくて dbo として作成されていました。

pgAdmin 4

上に書いたように、クラスファイルのコードの中でテーブル名 Blogs, Posts の先頭に付与されている dbo がスキーマ名と判断されたようです。

Add-Migration で生成されたファイルのテーブル名から手動で dbo. を削除してから Update-Database コマンドをかけるとスキーマは public になります。しかしそれでは Controller から DB にアクセスする際 42P01: relation "dbo.xxxxx" does not exist というエラーで失敗します。

EF6 は DB にアクセスするのに EDM が必要で、コードファーストの場合はアプリケーションの実行時にコードから生成されるそうです。想像ですが、コードから生成する際、コードにスキーマ名が指定されてないと DB に投げる SQL 文にはデフォルトの dbo が付与されるようです。

PostgreSQL 側でスキーマは public となっているのに、EF6 がスキーマ dbo を付与して SQL 文を投げるので 42P01: relation "dbo.xxxxx" does not exist というエラーで失敗したということのようです。

ちなみに、Entity Data Model ウィザードに[データベースから Code First]という既存のデータベースからコードファーストで使えるコンテキストモデルとエンティティモデルを作成できるオプションがありますが、これから生成されるエンティティクラスには [Table("public.Blog")] というように Table 属性が付与され、スキーマが指定されます。

Entity Data Model ウィザード

上に書いた手順で PostgreSQL に作成した Blog テーブル、Post テーブルから Entity Data Model ウィザードの[データベースから Code First]オプションでエンティティクラスを生成すると以下のようになります。

Blog クラス

namespace ConsoleApp4
{
    using System;
    using System.Collections.Generic;
    using System.ComponentModel.DataAnnotations;
    using System.ComponentModel.DataAnnotations.Schema;
    using System.Data.Entity.Spatial;

    [Table("public.Blog")]
    public partial class Blog
    {
        [System.Diagnostics.CodeAnalysis.SuppressMessage(
            "Microsoft.Usage", 
            "CA2214:DoNotCallOverridableMethodsInConstructors")]
        public Blog()
        {
            Post = new HashSet<Post>();
        }

        public int BlogId { get; set; }

        public string Name { get; set; }

        [System.Diagnostics.CodeAnalysis.SuppressMessage(
            "Microsoft.Usage", 
            "CA2227:CollectionPropertiesShouldBeReadOnly")]
        public virtual ICollection<Post> Post { get; set; }
    }
}

Post クラス

namespace ConsoleApp4
{
    using System;
    using System.Collections.Generic;
    using System.ComponentModel.DataAnnotations;
    using System.ComponentModel.DataAnnotations.Schema;
    using System.Data.Entity.Spatial;

    [Table("public.Post")]
    public partial class Post
    {
        public int PostId { get; set; }

        public string Title { get; set; }

        public string Content { get; set; }

        public int BlogId { get; set; }

        public virtual Blog Blog { get; set; }
    }
}

Tags: , , , ,

MVC

PostgreSQL で EF6 DB First

by WebSurfer 22. July 2022 14:26

PostgreSQL の既存のデータベースから Visual Studio 2022 の ADO.NET Entity Data Model ウィザードで Entity Data Model (EDM) を作成し、ASP.MET MVC5 アプリで利用する話を書きます。ウィザードが期待通り働かず紆余曲折ありました。そのあたりを以下に詳しく書きましたので興味があれば読んでください。

PostgresSQL で EF6 DB First

ASP.NET Core + EF Core ではなく、.NET Framework ベースの ASP.NET MVC5 で Entity Framework 6 を利用する話ですので注意してください。(ちなみに、EF Core では ADO.NET Entity Data Model ウィザードは使えません)

環境は以下の通りで、すべてこの記事を書いた時点での最新版です。

  • PostgreSQL 14.4
  • Visual Studio Community 2022 17.2.6
  • Npgsql PostgreSQL Integration 4.1.12
  • Entityframework6.Npgsql 6.4.3
  • Npgsql 6.0.5
  • .NET Framework 4.8
  • ASP.NET MVC 5.2.7 (VS2022 のテンプレートで作成)

PosrgreSQL は先の記事「PostgreSQL をインストールしました」に書いた自分の Windows 10 PC にインストールしたものです。

Npgsql PostgreSQL Integration は Visual Studio の拡張機能で、その中に "Create an Entity Framework 6 model from an existing database" という機能があって、ADO.NET Entity Data Model ウィザードで EDM を作成するには必須のようです。バージョン 4.1.12 は Visual Studio 2022 用にリリースされたものだそうです。

Npgsql PostgreSQL Integration

Entityframework6.Npgsql 6.4.3 と Npgsql 6.0.5 は NuGet からインストールします。これをインストールしないとデータソースのメニューの中に PostgreSQL Database が表示されないようです。

NuGet パッケージ

試しにまず .NET Framework 4.8 のコンソールアプリで EDM を作成してみました。

Visual Studio 2022 でコンソールアプリプロジェクトを作成し Entityframework6.Npgsql 6.4.3 と Npgsql 6.0.5 をインストールします。

ソリューションエクスプローラーでプロジェクトを右クリックして[追加(D)]⇒[新しい項目(W)...]で表示される「新しい項目の追加」画面で[ADO.NET Entity Data Model]を選択してウィザードを起動します。

ADO.NET Entity Data Model

「モデルのコンテンツの選択」画面が表示されるので[データベースから EF Designer]を選択して[次へ(N) >]をクリックします。(注: [データベースから Code First]を選択するのは DB First としては正しくないです)

モデルのコンテンツの選択

「データ接続の選択」画面が表示されるので[新しい接続]ボタンをクリックします。

データ接続の選択

「接続の変更」画面が表示されるのでその[変更]ボタンをクリックすると、下のような「データソースの変更」画面が表示されるので PostgreSQL Database を選択して[OK]ボタンをクリックします。

データソースの変更

「接続のプロパティ」画面で接続する PostgreSQL のサーバー名、ポート、データベース名などを入力して[OK]ボタンをクリックします。

接続のプロパティ

「データベースオブジェクトと設定の選択」画面で使用するテーブル(この例では Movie テーブル)にチェックを入れ[完了]をクリックすれば EDM(.edmx などのファイル)が生成されます。

データベースオブジェクトと設定の選択

以上、コンソールアプリでは問題なく EDM を作成できることが確認できたので、Visual Studio 2022 のテンプレートで .NET Framework 4.8 の ASP.NET MVC 5.2.7 ソリューション/プロジェクトを認証なしで作成し、それに上記と同様な手順で EDM の追加をトライしてみました。

コンソールアプリの時と同様に楽勝・・・だと思っていたのですがダメでした。(涙)

Entity Data Model ウィザードの最初の画面で[データベースから EF Designer]を選択して[次へ(N) >]をクリックすると、なぜか「新しい項目の追加」メニューに戻ってしまいます。

いろいろ試したのですが何をどうしてもダメでした。原因不明で今のところ解決策を見つけることができていません。

やむを得ないので、同じソリューション内に別プロジェクトでクラスライブラリを追加し、上に書いたコンソールアプリの手順と同様にして EDM を作りました。その結果が以下の画像です。

クラスライブラリと EDM

ただし、この時もクラスライブラリに Entityframework6.Npgsql 6.4.3, Npgsql 6.0.5 をインストールしてから、続けて EDM を生成しようとすると上に書いたのと同様に「新しい項目の追加」メニューに戻ってしまうという問題が出ました。Visual Studio を一旦終了して再度立ち上げるとその問題は出なくなり EDM は作成できたのですが、どうしてなのかこれも原因不明です。

EDM が完成したらクラスライブラリを ASP.NET MVC5 プロジェクトで参照に追加し、クラスライブラリの App.config に生成された接続文字列を MVC アプリの web.congfig にコピーします。接続文字列のコピーは忘れないようにしてください。

ソリューションをリビルドしてから「新規スキャフォールディングアイテムの追加」操作で CRUD 用の Controller/View を自動的に一式生成できます。

新規スキャフォールディングアイテムの追加

その実行結果がこの記事の一番上の画像です。Index(一覧表示)だけでなく Create, Edit, Details, Delete も期待通りに動きます。

以上ですが、そのあともう一つ不可解な現象がありました。上の操作が完了した後なら ASP.NET MVC5 プロジェクトでも「Entity Data Model ウィザード」画面から先に進めるようになったということです。

Npgsql PostgreSQL Integration 4.1.12 は Visual Studio 2022 用に 6 月にリリースされたばかりということで、動作が不安定なのかもしれません。どうしても .NET Framework ベースでなければならないということでなければ、上に書いたような不可解な動きはない .NET 6.0 の ASP.NET Core MVC の方向に進むのがよさそうです。


さて、次はコードファーストです。これも予期してなかった問題がありました。続けてこの記事に書くと長くなりすぎるので別の記事に書くことにします。

Tags: , , , ,

MVC

About this blog

2010年5月にこのブログを立ち上げました。その後ブログ2を追加し、ここはプログラミング関係、ブログ2はそれ以外のトピックスに分けました。

Calendar

<<  December 2022  >>
MoTuWeThFrSaSu
2829301234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930311
2345678

View posts in large calendar