WebSurfer's Home

トップ > Blog 1   |   Login
Filter by APML

VS2010 で ASP.NET MVC 4

by WebSurfer 14. July 2014 14:30

何を今さらと言われるるかもしれませんが、VS2010 でも ASP.NET MVC 4 を使用しての開発ができるということを知って、自分の開発マシンにもインストールしてみました。

VS2010 で ASP.NET MVC 4

実は、MVC4 は VS2012 以上でなければサポートされてないと誤解しており、VS2012 はシステム要件が Windows 7 以上ということで(自分の開発マシンの OS は Vista)諦めてました。(汗)

Visual Studio 2012 / ASP.NET MVC 4 正式リリース というブログに書いてあった Microsoft のダウンロードサイト Visual Studio 2010 SP1 および Visual Web Developer 2010 SP1 用 ASP.NET MVC 4 から AspNetMVC4Setup.exe と AspNetMVC4Setup_JPN.exe を入手してインストールしました。

インストールした結果、上の画像のように VS2010 でも MVC4 のテンプレートが利用できるようになりました。

この画面で[OK]ボタンをクリックすると下の画像のダイアログが現れ、MVC4 用に用意された (1) 空、(2) 基本、(3) インターネットアプリケーション、(4) イントラネットアプリケーション、(5) モバイルアプリケーション、(6) Web API という 6 種類のテンプレートから選べるようになっています。

MVC4 用テンプレート

VS2012 に実装されているテンプレートとは少し違いがあって、VS2010 には MVC4 の新機能の一つである Single Page Application 用のテンプレートがありません。ベータ版には実装されていたが、開発が間に合わず RC 版で削除されたそうです。

全ての機能はとてもまだ使いこなせてません。なので、Web や本の記事の受け売りですが、以下に主な新機能の概要を書いておきます。

  1. モバイルアプリケーション・テンプレート
    基本的な構造は、「インターネットアプリケーション」テンプレートで提供されるフォーム認証を使用するアカウントコントローラーを含むアプリケーションと同じだそうです。ただし、View のデザインに jQuery Mobile を使用することで、モバイル端末でのタッチ操作を行いやすい Web アプリケーションを開発できるようになっているそうです。
  2. Display Modes によるビューの切り替え
    デスクトップ PC ブラウザ向けの View と、モバイル端末ブラウザ向けの View をそれぞれ用意しておくことにより、ASP.NET MVC4 フレームワークが自動的にブラウザ種類を判断して View の切り替えを行う機能です。モバイル端末の種類ごとに View を用意し(例えば、iPhone 用とAndroid 用)切り替えることも可能とのことです。
  3. jQuery Mobile, View Switcher と Browser Overriding
    モバイル向け Web アプリケーション作成には、上に述べた「モバイルアプリケーション」テンプレートを利用するアプローチの他に、「インターネットアプリケーション」テンプレートをベースとした Web アプリケーションにモバイル端末向け View を追加するアプローチがあります。
    それには NuGet パッケージとして提供されている jQuery.Mobile.MVC を VS2010 の[ツール(T)]メニューからプロジェクトに追加します。それにより jQuery Mobile と Display Modes をベースとした View Switcher 機能が利用できるようになります。
    Browser Overriding は、ブラウザ上に表示されるリンクの操作で、デスクトップ用の表示とモバイル端末用の表示を切り替えるのに用いる MVC4 の新しい機能だそうです。
  4. ASP.NET Web API
    ブラウザやモバイルデバイスを含むさまざまなクライアントに対して RESTful なサービスを提供するのに適した HTTP サービス構築用のフレームワークです。
    このテンプレートを利用して、RESTful な CRUD (Create, Read, Update, Delete)処理に必要な HTTP サービスのため、POST, GET, PUT, DELETE それぞれの HTTP メソッドに対応したアクションメソッドの雛形を作成できます。 概要は MSDN Blog の記事 ASP.NET Web API を使ってみよう: MVC 4 新機能シリーズ が参考になると思います。
  5. ASP.NET Single Page Application
    JavaScript と Web API をベースとし、AJAX と HTML 5 を使用して、定期的にページを再読み込みしないで、ユーザーのアプリケーション操作に合わせてページを動的に更新し、滑らかで応答性の高い Web アプリケーションを作成するためのテンプレートだそうです。
    概要は MSDN マガジンの記事 単一ページ アプリケーション: ASP.NET を使用して最新の応答性の高い Web アプリケーションを構築する が参考になると思います。
    ベータ版の時点からサポートが外された JavaScript ライブラリもあるそうなので、VS2010 にこの機能を追加する場合はその点に注意する必要がありそうです。(VS2012 を使用したほうがよさそうです)

上記以外の MVC4 の新機能としては、Razor 構文(ASP.NET Web Pages 2)の新機能、JavaScript/CSS ファイルの縮小化と結合処置の自動化機能、Visual Studio コード生成のためのレシピ機能、非同期コントローラーの Task サポート、NuGet パッケージングマネージャーによるコンポーネント管理があります。

・・・が、とてもついていけないので説明は割愛します。もっと勉強しないと世の中の技術の進歩に付いていけないようです。(汗)

Tags:

MVC

About this blog

2010年5月にこのブログを立ち上げました。その後 ブログ2 を追加し、ここは ASP.NET 関係のトピックス、ブログ2はそれ以外のトピックスに分けました。

Calendar

<<  October 2019  >>
MoTuWeThFrSaSu
30123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031123
45678910

View posts in large calendar