WebSurfer's Home

トップ > Blog 1   |   Login
Filter by APML

ReportViewer と Session

by WebSurfer 7. September 2015 15:22

ReportViewer は Session を使うという話を書きます。

IE で ReportViewer を表示

上の画像は、ReportViewer を使用してパラメーターを含む詳細 (RDLC) レポートを作成する というチュートリアルに従って作ったものですが、どこにも明示的に Session を使うようなコードは含まれていません。

ところが、このページを要求すると、下の画像(Fiddler2 でキャプチャしたもの)のように応答ヘッダにセッション Cookie が設定され(画像の赤枠で囲った部分)、Session の使用が開始されます。

応答ヘッダのセッション Cookie

知ってました? 実は自分は知らなかったです。(汗) 最近まで ReportViewer と Session は何の関係もないと思っていましたが、MSDN フォーラム でのやり取りを通じてこのことを知りました。

MSDN Blog の記事 Did Your Session Really Expire? によると、ReportViewer は再生するのが簡単ではないデータを保存するのに Session を使うとのことです。

そして、ポストバックの際などに期待したデータが Session にないと AspNetSessionExpiredException をスローするとのことです。

AspNetSessionExpiredException 例外がスローされる原因として次のことが書かれています:

  1. 本当にセッションがタイムアウトした。(例:ping をかけてタイムアウトにならないようにしているが、サーバーが忙しいとか接続が不安定で失敗した)
  2. 要求を処理しているサーバーにセッションがない。(例:セッションのモードが InProc で、Web Garden / Farm 構成になっているとか、ワーカープロセスがリサイクルされた)
  3. ブラウザがクッキーを受け付けない設定になっている。

上記 1 のことは MSDN ライブラリの ReportViewer.KeepSessionAlive プロパティ に書かれています。デフォルトは true で、セッションがタイムアウトしないように自動的に ping がかかります。

上記 2 のワーカープロセスのリサイクルによる Session の消失を防ぐためには、Session の格納場所を InProc ではなく、StateServer または SQLServer にするのがよさそうです。商用に使うのであれば、InProc モードは論外という意見もあるようですし。設定方法の詳細は MSDN ライブラリの記事 セッション状態モード を見てください。

Tags: ,

ASP.NET

About this blog

2010年5月にこのブログを立ち上げました。その後 ブログ2 を追加し、ここは ASP.NET 関係のトピックス、ブログ2はそれ以外のトピックスに分けました。

Calendar

<<  February 2020  >>
MoTuWeThFrSaSu
272829303112
3456789
10111213141516
17181920212223
2425262728291
2345678

View posts in large calendar