WebSurfer's Home

トップ > Blog 1   |   Login
Filter by APML

Entity Framework 6 Power Tools

by WebSurfer 19. August 2020 15:12

Entity Framework Code First でデータベースを生成するときに作成するコンテキストクラスから、各テーブルに属するプロパティとテーブル間のリレーションを現すダイアグラムを表示するツールを紹介します。(注: .NET Framework 用です。Core には使えません)

EDM ダイアグラム

上の画像がそのツールを使って表示したダイアグラムです。(既存のデータベースから Visual Studio の ADO.NET Entity Data Model デザイナを使って EDM を作る場合はここで紹介するツールは不要で、自動生成される .edmx ファイルに表示されます。具体例は、先の記事「スキャフォールディング機能」のステップ 1 ~ 10 参照)

ツールは Microsoft の ASP.NET MVC5 のチュートリアルの「Entity Framework パワーツール」に紹介されているものです。以下のサイトからダウンロードできます。

Entity Framework 6 Power Tools Community Edition

ダウンロードした EFPowerTools.vsix を実行すればツールは Visual Studio に自動的にインストールされます(VS2015, VS2019 で確認。VS2017 は持ってないので不明)。下の画像は VS2019 に拡張機能としてインストールされたところです。

拡張機能にインストール

使い方は次の通りです。

例えば、Entity Framework Code First でデータベースを生成するために以下のようなコンテキストクラスを定義したとします。

コンテキストクラス

Visual Studio のソリューションエクスプローラーからそのファイル(下の画像の SchoolContext.cs)を右クリックし、表示されたメニューから[View Entity Data Model (Read-only)]を選択します。

View Entity Data Model (Read-only)

そうすればこの記事の一番上の画像の通り Entity Data Model のダイアグラムが表示されます。

Tags: , ,

DevelopmentTools

Web Forms アプリの Email Confirmation

by WebSurfer 10. August 2020 14:05

ASP.NET Web Forms アプリで登録・パスワード再取得のためのメール送信機能を利用する場合、テンプレートで実装されたコードを使うとメール本文に含まれる確認先の URL にアプリケーション名が含まれないという注意事項を書きます。(結果、メール本文に張られたリンクの URL が正しくないのでクリックしても確認できません)

アプリケーション名が含まれない

.NET Framework 版の ASP.NET Web Forms の Web アプリケーションプロジェクトを Visual Studio 2019 のテンプレートを使って、ユーザー認証に「個別のユーザーアカウント」(ASP.NET Identity) を選んで作った場合の話です。ASP.NET MVC5 ではこの問題はありません。

元の話は Teratail のスレッド「リセット画面のURLをアプリケーションルートにしたい」のものです。そのスレッドを見て初めてそういう問題があることを知りました。

メール本文に含めて送信する確認先の URL は、Models/IdentityModels.cs に含まれるヘルパーメソッド GetUserConfirmationRedirectUrl と GetResetPasswordRedirectUrl で Uri(Uri, String) コンストラクタを使って取得しています。

Uri(Uri, String) コンストラクタの第 1 引数に HttpRequest.Url プロパティで取得する Uri を、第 2 引数に "/Account/..." から始まる相対 URL の文字列を設定して Uri オブジェクトを作り、それから AbsoluteUri プロパティを使って絶対 URL を取得して確認メールの本文に張り付けています。

この記事の一番上のデバッグ画像を見てください。問題のヘルパーメソッド GetUserConfirmationRedirectUrl, GetResetPasswordRedirectUrl ではないですが、簡単に問題を再現するために Page_Load メソッドに同等のコードを書いて検証してみました。

なお、Visual Studio (IIS Express) では以下のように Request.Uri にアプリケーション名 myapp が含まれるよう[プロジェクトの URL (J)]を設定しています。

アプリケーション名 myapp を設定

上のデバッグ画像のとおり、ローカル変数の rquestUri にはアプリケーション名 myapp を含めた Uri オブジェクトを取得できています。ローカル変数 callbackUrl が確認先の URL になりますが、アプリケーション名 myapp は含まれません。これが問題です。

ちなみに、ASP.NET MVC アプリでは Url.Action を使ってアプリケーション名を含めた絶対 URL を取得していますのでこういう問題はないです。

対処方法として、ヘルパーメソッド GetUserConfirmationRedirectUrl と GetResetPasswordRedirectUrl 内にアプリケーション名をハードコーディングするのは好ましくはなさそうです。アプリケーション名の変更、アプリの移植で問題となりますので。

ルート演算子 (~) と VirtualPathUtility.ToAbsolute メソッドを利用して "~" に相当するパスを取得するのがよさそうです。具体例は以下の画像を見てください。

VirtualPathUtility.ToAbsolute メソッド利用

この記事の例のように、アプリケーション名が myapp の場合、VirtualPathUtility.ToAbsolute メソッドの引数に "~" を設定すると戻り値は "/myapp" になります。引数に "~/Account/ResetPassword" を設定すると(文字列先頭に "~" を付与している点に注意)戻り値は "/myapp/Account/ResetPassword" となります。以下の画像を見てください。

このようにすればアプリケーション名をハードコーディングしなくて済みます。


その他のパス設定の問題

テンプレートで生成されたコードのパス設定の問題は他にもあって、例えば Account/Manage.aspx ページでも以下のようにリンク先の URL にルート演算子 (~) が設定されてないです。

URL にルート演算子 (~) が設定されてない

リンクをクリックしても、普通はパスが通らないので、404 Not Found エラーとなってすぐ気が付くと思うかもしれませんが、開発環境ですと訳が分からないサーバーエラーになることがあるかもしれません。

実は、上の画像にあるように Visual Studio で[プロジェクトの URL (J)]���設定したのですが、その際 IIS Express 用の applicationHost.config 設定で application path="/" と application path="/myapp" が両方有効になって、/Account/ManagePassword.aspx に遷移できてしまったのです。

認証チケットは /mayapp/Acount/Login.aspx で取得しているのですが、/Account/ManagePassword.aspx では認証されないので User.Identity.GetUserId() でユーザー ID を取得できず訳が分からないサーバーエラーになりました。

これには半日ぐらい悩まされました。どうも Microsoft としては Web Forms アプリには力が入ってなくて、テンプレートで生成されるコードでも 100% 信頼できないような感じがします。

Tags: , ,

ASP.NET

Web API に XML データを送信

by WebSurfer 9. August 2020 15:08

ASP.NET Web API 2 に XML 形式のデータを送信し、サーバー側のアクションメソッドで受け取る方法を書きます。(注: .NET Framework 版の話です。Core 版は未検証・未確認)

UTF-8 の場合

ASP.NET Web API で XML データを送信するというのは需要がなさそうで、あまり役には立たないかもしれませんが、せっかく考えたことなので整理して備忘録として残しておくことにしました。

(1) UTF-8 の場合

元の話は Teratail のスレッド「ASP.NET Web APIでPOSTされたXMLデータをXML形式で取得する方法」のものです。

サンプル XML データは以下の通りです。

<?xml version="1.0" encoding="utf-8"?>
<sample code="1.0">
  <data>
   <id>100</id>
  </data>
  <value>
    <name>日本語</name>
    <version>1.0.0</version>
  </value>
</sample>

この XML データを ASP.NET Web API に POST 送信し、サーバー側でアクションメソッド Post(SampleData value) の引数 value にモデルバインドするにはどうしたらよいかという話です。SampleData クラスの定義は以下の通り。属性を付与した理由は下に書きます。

namespace WebApi.Models
{
    [System.Xml.Serialization.XmlRoot("sample")]
    public class SampleData
    {
        [System.Xml.Serialization.XmlAttribute("code")]
        public string Code { get; set; }

        [System.Xml.Serialization.XmlElement("data")]
        public Data Data { get; set; }

        [System.Xml.Serialization.XmlElement("value")]
        public Value Value { get; set; }
    }

    public class Data
    {
        [System.Xml.Serialization.XmlElement("id")]
        public string Id { get; set; }
    }

    public class Value
    {
        [System.Xml.Serialization.XmlElement("name")]
        public string Name { get; set; }

        [System.Xml.Serialization.XmlElement("version")]
        public string Version { get; set; }
    }
}

XML データの文字コードが UTF-8 であれば以下の 3 つの設定でこの記事の一番上の画像の通りモデルバインドできます。

  1. 要求ヘッダに Content-Type: application/xml; charset=UTF-8 の設定

    Microsoft のドキュメント How WebAPI does Parameter Binding には content-type の設定だけで済みそうなことが書いてありますが、自分が試した限りでは下の 2, 3 も必要でした。
  2. App_Start/WebApiConfig.cs へ以下の設定の追加

    config.Formatters.XmlFormatter.UseXmlSerializer = true;  
  3. モデルのクラス、プロパティに XmlRoot, XmlAttribute, XmlElement 属性の付与

    xml コードの要素名とそれをバインドするクラス、プロパティ名を関連付けるために必要です。たとえ同名でも、上の例のように大文字小文字の違いがある場合は、プロパティにXmlElement 属性を付与してその引数に xml の要素名を設定しないとバインドされません。また、xml コードの属性値(この記事の例では code)をバインドする場合は、それに該当するプロパティへの XmlAttribute 属性の付与が必要です。

(2) Shift_JIS の場合

XML データの文字コードが Shift_JIS の場合はどうでしょう? (これも Teratail のスレッド「ASP.NET Web API POSTされた文字エンコードShift_JISのXMLデータをモデルバインドできない」の話です)

上の「(1) UTF-8 の場合」のような方法ではうまくいかないようです(null がバインドされる)。もちろん XML データを encoding="shift_jis" とし、要求ヘッダを Content-Type: application/xml; charset=shift_jis としたのですがダメでした。

検索するなどして調べてみましたが成果がなかったです。Shift_JIS ではヒットしないので UTF-16 に範囲を広げてググってみましたが、stackoverflow のスレッド Web API not able to bind model for POST with utf-16 encoded XML など、できなかったという記事しか見つかりませんでした。

そこを何とかするには、Microsoft のドキュメント How WebAPI does Parameter Binding の最初の方に書いてあるように、HttpRequestMessage クラスを引数に持つメソッドを使う他には手がなさそうな感じです。

HttpRequestMessage.Content プロパティで HttpContent オブジェクトを取得し、HttpContent.ReadAsStringAsync メソッドで POST されてきた XML 文字列を読んで、XDocument.Load メソッドで XDocument オブジェクトを作ってそれを操作するようにしてみました。

なお、この方法を取った場合、上の「UTF-8 の場合」で行った「2. App_Start/WebApiConfig.cs へ以下の設定の追加」と「3. モデルのクラス、プロパティに XmlRoot, XmlAttribute, XmlElement 属性の付与」は必要ありません。

検証は以下のようにしました。

まず Fiddler の Composer を使って、要求ヘッダに Content-Type: application/xml; charset=shift_jis を付与し、Request Body に XML データを設定して送信します。

Fiddler の Composer で送信

Fiddler の Inspectors で HexView を選択し、Request Body に設定して送信した XML データの 16 進数表現をチェックします。XML データの中の <name>日本語</name> の「日本語」の文字コードは 93 FA 96 7B 8C EA と Shift_JIS になっているのが分かります。

要求ヘッダとボディの 16 進数データ

Visual Studio のデバッガでアクションメソッドの Local 変数を確認します。「日本語」は文字化けせず期待通り取得できています。

アクションメソッドの Local 変数

ちょっと予想外だったのは、Fiddler の Composer の Request Body に書いた「日本語」の文字コードが Shift_JIS になることと、HttpContent.ReadAsStringAsync メソッドがそれを正しく「日本語」と読んでくれることです。そんなに都合よくできているというのが信じ難く、何か見落としがあるかも。(汗)

Tags: , , ,

Web API

About this blog

2010年5月にこのブログを立ち上げました。その後 ブログ2 を追加し、ここは ASP.NET 関係のトピックス、ブログ2はそれ以外のトピックスに分けました。

Calendar

<<  September 2020  >>
MoTuWeThFrSaSu
31123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
2829301234
567891011

View posts in large calendar