WebSurfer's Home

トップ > Blog 1   |   Login
Filter by APML

ASP.NET Core Identity 独自実装(その1)

by WebSurfer 4. September 2020 15:30

ASP.NET Core Identity によるユーザー認証に用いるデータソースとプロバイダを独自実装する話を書きます。認証機能の全てを独自実装するわけではありません(そんな実力は自分にはありません)。具体的には、下の画像(Microsoft のドキュメントより借用)にある Data Source, Data Access Layer, Identity Store を自力で実装するだけです。

ASP.NET Identity のアーキテクチャ

この記事のタイトルが「その1」となっているのは、まずはロール機能なしでユーザー認証を実装して「その1」として書き、ロール機能の追加を「その2」で書く予定だからです。(「その2」は途中で挫折するかもしれませんが・・・)

Data Source はユーザー名とパスワードだけを保持する SQL Server とし、Data Access Layer には Entity Framework を用い、Identity Store(プロバイダ)を独自実装して、Register, Login, Logout という基本機能を ASP.NET Core 3.1 MVC アプリで使えるようにしてみました。(アカウントロックアウト、メールを使ったアカウント確認とパスワードリセット、二要素認証などの機能は実装しません)

やってみて思ったのは、既存のデータベースにユーザー情報があってそれをどうしても使わなければならないということでなければ、独自実装を行うのに必要な時間と労力に見合うメリットはなさそうということです。(Visual Studio のテンプレートで「個別のユーザーアカウント」を選んでプロジェクトを生成すれば済むはずですので)

ということで、この記事の情報はあまり役に立たないかもしれませんが、せっかく実装して動くようになったので備忘録として書いておきます。

基本的なことは Mcrosoft のドキュメント Custom storage providers for ASP.NET Core Identity が参考になると思います。それに、"To create a custom storage provider, create the data source, the data access layer, and the store classes that interact with this data access layer (上の画像の緑色と灰色の箱). You don't need to customize the managers or your app code that interacts with them (上の画像の青色の箱)." と書いてあり、それに従いました。

クラスやメソッドのコードなど具体的な実装方法は Using your own database schema and classes with ASP.NET Core Identity and Entity Framework CoreCustomize ASP.NET Core Identity を参考にさせていただきました。

それらの記事をベースに、上の画像の緑色と灰色の箱の部分を自力で実装した手順を以下に書きます。

(1) プロジェクトの作成

プロジェクトの作成

Visual Studio 2019 で Core 3.1 ベースの ASP.NET MVC アプリを認証なしで作成します。プロジェクト名は MvcIdCustom としました。(プロジェクト名は任意です)

(2) NuGet パッケージ

NuGet パッケージ

NuGet パッケージをインストールします。画像の上から 3 つは必須のようです。一番下のパッケージは Visual Studio で Controller / View を生成する場合に必要なもので、ASP.NET Identity とは直接関係なさそうです。

(3) コンテキストクラスの実装

プロジェクトに DAL フォルダを新規に作ってそこにコンテキストクラス DataContext.cs を実装します。フォルダの名前やクラス名は任意ですが、これを使うコードで名前空間の指定などに影響しますので注意してください。

using MvcIdCustom.Models;
using Microsoft.EntityFrameworkCore;

namespace MvcIdCustom.DAL
{
    public class DataContext : DbContext
    {
        public DataContext(DbContextOptions<DataContext> options) : 
            base(options)
        {
        }

        public DbSet<Role> Roles { get; set; }

        public DbSet<User> Users { get; set; }

        public DbSet<UserRole> UserRoles { get; set; }
    }
}

(4) エンティティクラスの実装

既存の Models フォルダにエンティティクラス User, Role, UserRole を実装します。場所は Models フォルダでなくても良いですが、これを使うコードで名前空間の指定などに影響しますので注意してください。

using System.Collections.Generic;
using System.ComponentModel.DataAnnotations;
using System.ComponentModel.DataAnnotations.Schema;

namespace MvcIdCustom.Models
{
    [Table("User")]
    public class User
    {
        [Key, Required]
        public int Id { get; set; }

        [Required, MaxLength(128)]
        public string UserName { get; set; }

        [Required, MaxLength(1024)]
        public string PasswordHash { get; set; }

        public virtual ICollection<UserRole> UserRoles { get; set; }
    }

    [Table("Role")]
    public class Role
    {
        [Key, Required]
        public int Id { get; set; }

        [Required]
        public string Name { get; set; }

        public virtual ICollection<UserRole> UserRoles { get; set; }
    }

    [Table("UserRole")]
    public class UserRole
    {
        [Key, Required]
        public int Id { get; set; }

        [Required, ForeignKey(nameof(User))]
        public int UserId { get; set; }

        [Required, ForeignKey(nameof(Role))]
        public int RoleId { get; set; }

        public virtual Role Role { get; set; }
        public virtual User User { get; set; }
    }
}

User クラスは「個別のユーザーアカウント」を選んでプロジェクトを生成した場合に使われる IdentityUser クラスに該当します。

(5) service と接続文字列の追加

上のコンテキストクラスとエンティティクラスをベースに、Entity Framework Code First の機能を利用して SQL Server に DB を生成するのですが、その前に以下の設定をしておきます。

i) Startup.cs に service を追加

以下のコードを Startup.cs 内の ConfigureServices メソッドに追加します。接続文字列名は任意です。この記事では "Default" としています。

services.AddDbContext<DataContext>(options =>
    options.UseSqlServer(
        Configuration.GetConnectionString("Default")));

ii) 接続文字列を appsettings.json に追加

プロジェクトに appsettings.json ファイルがあるはずなので、それを開いて以下のような接続文字列情報を追加します。全体的に有効な JSON 形式となるよう注意。

"ConnectionStrings": {
    "Default": "Server=(local)\\sqlexpress;Database=MvcIdCustom ..."
}

(6) Add-Migration, Update-Database

Visual Studio のパッケージマネージャーコンソールから Add-Migration CustomUserData コマンド(名前 CustomUserData は任意)を実行します。成功するとプロジェクトに Migrations フォルダと、その中に xxx_CustomUserData.cs ファイルが作られるはずです (xxx はコマンドの実行日時)。

その後 Update-Database を実行すれば、接続文字列に指定した名前(上の例では MvcIdCustom)で DB が生成され、その中にエンティティクラスの Table 属性に指定した名前のテーブルが生成されているはずです。

ここまでで、この記事の一番上の画像の Data Source と Data Access Layer の実装が終わったことになります。次はその上の Identity Store レイヤーの中の UserStore クラスの実装です。

(7) UserStore クラスの実装

参考にした記事をベースに、プロジェクトの DAL フォルダに、UserStore.cs として以下のように実装しました。この上のレイヤーにある UserManager, SignInManager がこのクラスに定義したメソッドを使って動くようです。

実装しましたとか簡単に書きましたが、上位レイヤーと調和を取って動くようにするにはどのように実装すべきかが全く分からず、実はこの実装が一番難問でした。パスワードのハッシュなど行われますが、何処でどう動いているのかさっぱり分かっていません。

using Microsoft.AspNetCore.Identity;
using Microsoft.EntityFrameworkCore;
using MvcIdCustom.Models;
using System;
using System.Collections.Generic;
using System.Linq;
using System.Threading;
using System.Threading.Tasks;

namespace MvcIdCustom.DAL
{
    public class UserStore : IUserStore<User>, 
                             IUserPasswordStore<User>, 
                             IQueryableUserStore<User>
    {
        private DataContext db;

        public UserStore(DataContext db)
        {
            this.db = db;
        }

        public void Dispose()
        {
            Dispose(true);
        }

        protected virtual void Dispose(bool disposing)
        {
            if (disposing)
            {
                if (db != null)
                {
                    db.Dispose();
                    db = null;
                }                
            }
        }

        // IQueryableUserStore<User> のメンバー
        public IQueryable<User> Users
        {
            get { return db.Users.Select(u => u); }
        }

        // IUserStore<TUser>
        public Task<string> GetUserIdAsync(User user, 
            CancellationToken cancellationToken = default)
        {
            cancellationToken.ThrowIfCancellationRequested();
            if (user == null) throw new ArgumentNullException(nameof(user));

            return Task.FromResult(user.Id.ToString());
        }

        // IUserStore<TUser>
        public Task<string> GetUserNameAsync(User user, 
            CancellationToken cancellationToken = default)
        {
            cancellationToken.ThrowIfCancellationRequested();
            if (user == null) throw new ArgumentNullException(nameof(user));

            return Task.FromResult(user.UserName);
        }

        // IUserStore<TUser>
        public Task SetUserNameAsync(User user, 
            string userName, 
            CancellationToken cancellationToken = default)
        {
            cancellationToken.ThrowIfCancellationRequested();
            if (user == null) throw new ArgumentNullException(nameof(user));
            if (string.IsNullOrEmpty(userName)) 
                throw new ArgumentException("userName");

            user.UserName = userName;

            return Task.CompletedTask;
        }

        // IUserStore<TUser>
        public Task<string> GetNormalizedUserNameAsync(User user, 
            CancellationToken cancellationToken = default)
        {
            cancellationToken.ThrowIfCancellationRequested();
            if (user == null) throw new ArgumentNullException(nameof(user));

            return Task.FromResult(user.UserName);
        }

        // IUserStore<TUser>
        public Task SetNormalizedUserNameAsync(User user, 
            string normalizedName, 
            CancellationToken cancellationToken = default)
        {
            cancellationToken.ThrowIfCancellationRequested();
            if (user == null) throw new ArgumentNullException(nameof(user));
            if (string.IsNullOrEmpty(normalizedName)) 
                throw new ArgumentException("normalizedName");

            return Task.CompletedTask;
        }

        // IUserStore<TUser>
        // 同じユーザー名の二重登録の防止機能は上位レイヤーに組み込まれている
        public async Task<IdentityResult> CreateAsync(User user, 
            CancellationToken cancellationToken = default)
        {
            cancellationToken.ThrowIfCancellationRequested();
            if (user == null) throw new ArgumentNullException(nameof(user));

            db.Add(user);

            int rows = await db.SaveChangesAsync(cancellationToken);

            if (rows > 0)
            { 
                return IdentityResult.Success;
            }

            return IdentityResult.Failed(
                new IdentityError { Description = $"{user.UserName} 登録失敗" });
        }

        // IUserStore<TUser>
        // 同じユーザー名の二重登録の防止機能は上位レイヤーに組み込まれている
        public async Task<IdentityResult> UpdateAsync(User user, 
            CancellationToken cancellationToken = default)
        {
            cancellationToken.ThrowIfCancellationRequested();
            if (user == null) throw new ArgumentNullException(nameof(user));

            db.Update(user);

            int rows = await db.SaveChangesAsync(cancellationToken);

            if (rows > 0)
            {
                return IdentityResult.Success;
            }

            return IdentityResult.Failed(
                new IdentityError { Description = $"{user.UserName} 更新失敗" });
        }

        // IUserStore<TUser>
        public async Task<IdentityResult> DeleteAsync(User user, 
            CancellationToken cancellationToken = default)
        {
            cancellationToken.ThrowIfCancellationRequested();
            if (user == null) throw new ArgumentNullException(nameof(user));

            db.Remove(user);

            int rows = await db.SaveChangesAsync(cancellationToken);

            if (rows > 0)
            {
                return IdentityResult.Success;
            }

            return IdentityResult.Failed(
                new IdentityError { Description = $"{user.UserName} 削除失敗" });
        }

        // IUserStore<TUser>
        public async Task<User> FindByIdAsync(string userId, 
            CancellationToken cancellationToken = default)
        {
            cancellationToken.ThrowIfCancellationRequested();

            if (int.TryParse(userId, out int id))
            {
                return await db.Users.SingleOrDefaultAsync(u => u.Id == id, 
                    cancellationToken);
            }
            else
            {
                return await Task.FromResult<User>(null);
            }
        }

        // IUserStore<TUser>
        public async Task<User> FindByNameAsync(string normalizedUserName, 
            CancellationToken cancellationToken = default)
        {
            cancellationToken.ThrowIfCancellationRequested();
            if (string.IsNullOrEmpty(normalizedUserName))
                throw new ArgumentException("normalizedUserName");

            User user = await db.Users.SingleOrDefaultAsync(
                u => u.UserName.Equals(normalizedUserName.ToLower()), 
                cancellationToken);

            return user;
        }

        // IUserPasswordStore<TUser>
        public Task SetPasswordHashAsync(User user, 
            string passwordHash, 
            CancellationToken cancellationToken = default)
        {
            cancellationToken.ThrowIfCancellationRequested();
            if (user == null) throw new ArgumentNullException(nameof(user));
            if (string.IsNullOrEmpty(passwordHash))
                throw new ArgumentException("passwordHash");

            user.PasswordHash = passwordHash;

            return Task.CompletedTask;
        }

        // IUserPasswordStore<TUser>
        public Task<string> GetPasswordHashAsync(User user, 
            CancellationToken cancellationToken = default)
        {
            cancellationToken.ThrowIfCancellationRequested();
            if (user == null) throw new ArgumentNullException(nameof(user));

            return Task.FromResult(user.PasswordHash);
        }

        // IUserPasswordStore<TUser>
        public Task<bool> HasPasswordAsync(User user, 
            CancellationToken cancellationToken = default)
        {
            cancellationToken.ThrowIfCancellationRequested();
            if (user == null) throw new ArgumentNullException(nameof(user));

            return Task.FromResult(
                !string.IsNullOrWhiteSpace(user.PasswordHash));
        }
    }
}

ロール機能を使えるようにするには IUserRoleStore<User> を継承し、AddToRoleAsunc, GetRolesAsync, IsInRoleAsync, RemoveFromRoleAsync メソッドを実装する必要があるかもしれませんが、それは「その2」で考えることにします。

(8) RoleStore クラスの実装

この記事「その1」ではロール機能は実装しないので必要ないのですが、「その2」で実装する予定ですので骨組みだけ作っておくことにしました。

using System;
using System.Linq;
using System.Threading;
using System.Threading.Tasks;
using Microsoft.AspNetCore.Identity;
using Microsoft.EntityFrameworkCore;
using MvcIdCustom.Models;

namespace MvcIdCustom.DAL
{
    public class RoleStore : IRoleStore<Role>, IQueryableRoleStore<Role>
    {
        public IQueryable<Role> Roles => throw new NotImplementedException();

        public Task<IdentityResult> CreateAsync(Role role, CancellationToken cancellationToken)
        {
            throw new NotImplementedException();
        }

        public Task<IdentityResult> DeleteAsync(Role role, CancellationToken cancellationToken)
        {
            throw new NotImplementedException();
        }

        public void Dispose()
        {
            //throw new NotImplementedException();
        }

        public Task<Role> FindByIdAsync(string roleId, CancellationToken cancellationToken)
        {
            throw new NotImplementedException();
        }

        public Task<Role> FindByNameAsync(string normalizedRoleName, CancellationToken cancellationToken)
        {
            throw new NotImplementedException();
        }

        public Task<string> GetNormalizedRoleNameAsync(Role role, CancellationToken cancellationToken)
        {
            throw new NotImplementedException();
        }

        public Task<string> GetRoleIdAsync(Role role, CancellationToken cancellationToken)
        {
            throw new NotImplementedException();
        }

        public Task<string> GetRoleNameAsync(Role role, CancellationToken cancellationToken)
        {
            throw new NotImplementedException();
        }

        public Task SetNormalizedRoleNameAsync(Role role, string normalizedName, CancellationToken cancellationToken)
        {
            throw new NotImplementedException();
        }

        public Task SetRoleNameAsync(Role role, string roleName, CancellationToken cancellationToken)
        {
            throw new NotImplementedException();
        }

        public Task<IdentityResult> UpdateAsync(Role role, CancellationToken cancellationToken)
        {
            throw new NotImplementedException();
        }
    }
}

上の RoleStore クラスの中身は Visual Studio で自動生成できます。Dispose メソッドの throw new NotImplementedException(); をコメントアウトしておかないとエラーになるので注意してください。

(9) Startup.cs への追加

以下のコードを Startup.cs 内の ConfigureServices メソッドに追加します。

// Tell identity to use custom classes for users and roles
services.AddIdentity<User, Role>()
    .AddDefaultTokenProviders();

// Tell identity to use custom storage provider for users
services.AddTransient<IUserStore<User>, UserStore>();

// Tell identity to use custom storage provider for roles
services.AddTransient<IRoleStore<Role>, RoleStore>();

さらに、認証ミドルウェアを使うために app.UseAuthorization(); を Configure メソッドに追加します。順番があるので注意してください。以下の場所に追加します。

public void Configure(IApplicationBuilder app, IWebHostEnvironment env)
{
    // ・・・中略・・・

    app.UseHttpsRedirection();
    app.UseStaticFiles();
    app.UseRouting();

    // 以下の一行を追加
    app.UseAuthentication();
            
    app.UseAuthorization();

    app.UseEndpoints(endpoints =>
    {
        endpoints.MapControllerRoute(
            name: "default",
            pattern: "{controller=Home}/{action=Index}/{id?}");
    });
}

以上でこの記事の一番上の画像の Data Source, Data Access Layer, Identity Store レイヤーの実装は完了です。ここまでの実装で、先の記事「ASP.NET Identity のユーザー管理 (CORE)」と同じ手段でユーザー情報の表示、追加、変更、削除が可能になることは確認しました。

次は Register, Login, Logout 機能の実装ですが、それを続けてここに書くと一つの記事としては長くなりすぎるので、別の記事「Register, Login, Logout 機能の実装」に書きました。


「その2」も書きました。こちらの記事「ASP.NET Core Identity 独自実装(その2)」です。

Tags: , , , ,

CORE

ASP.NET Identity のユーザー管理 (CORE)

by WebSurfer 31. May 2020 11:45

ASP.NET Core Identity ベースのユーザー認証を実装した ASP.NET Core 3.1 MVC アプリで、管理者がユーザー情報の追加、変更、削除を行う機能を実装する例を書きます。

ユーザー管理画面

(登録ユーザーが多くなってくると、上の画面のような全員の一覧表示では管理が難しく、何らかの絞り込み機能が必要と思いますが、それは次の課題ということで・・・  手抜きですみません)

先の記事「ASP.NET Identity のユーザー管理 (MVC)」で .NET Framework 版の ASP.NET MVC5 の例を書きましたが、この記事は Core 3.1 版です。

ベースとなるのは、Visual Studio 2019 のテンプレートを使って、先の記事「ASP.NET Identity で MySQL 利用 (CORE 版)」のステップ (1)、(2) の手順で作成した ASP.NET Core 3.1 MVC アプリです。そのプロジェクトはデータベースに MySQL を使っていますが、この記事の手順は SQL Server でも同じです。

(1) Model の作成

プロジェクトのルート直下の Models フォルダに UserModel.cs というクラスファイルを追加し(名前は任意)、その中に以下のクラスを定義して使います。

using System;
using System.ComponentModel.DataAnnotations;

namespace MySQLIdentity.Models
{
    // UserController の Index, Details, Delete 用
    public class UserModel
    {
        public string Id { get; set; }

        [Display(Name = "ユーザー名")]
        public string UserName { get; set; }

        [Display(Name = "ハンドル名")]
        public string HandleName { get; set; }

        [Display(Name = "メールアドレス")]
        public string Email { get; set; }

        [Display(Name = "メール確認済")]
        public bool EmailConfirmed { get; set; }

        [Display(Name = "電話番号")]
        public string PhoneNumber { get; set; }

        [Display(Name = "電話番号確認済")]
        public bool PhoneNumberConfirmed { get; set; }

        [Display(Name = "二要素認証")]
        public bool TwoFactorEnabled { get; set; }

        [Display(Name = "ロック有効化")]
        public bool LockoutEnabled { get; set; }

        [Display(Name = "ロック終了日時")]
        public DateTimeOffset? LockoutEnd { get; set; }

        [Display(Name = "アクセス失敗数")]
        public int AccessFailedCount { get; set; }
    }

    // UserController の Create 用
    public class RegisterViewModel
    {
        [Required(ErrorMessage = "{0}は必須です。")]
        [EmailAddress]
        [Display(Name = "メールアドレス")]
        public string Email { get; set; }

        [Required(ErrorMessage = "{0}は必須です。")]
        [StringLength(100, ErrorMessage =
            "{0}は{2}から{1}文字の範囲で設定してください。",
            MinimumLength = 6)]
        [DataType(DataType.Password)]
        [Display(Name = "パスワード")]
        public string Password { get; set; }

        [DataType(DataType.Password)]
        [Display(Name = "パスワード確認")]
        [Compare("Password", ErrorMessage = "確認パスワードが一致しません。")]
        public string ConfirmPassword { get; set; }
    }

    // UserController の Edit 用
    // 上の RegisterViewModel を使うとパスワードを入力しない場合は検証に
    // 通らない。違いは Password プロパティの [Required] を外しただけ
    public class EditViewModel
    {
        [Required(ErrorMessage = "{0}は必須です。")]
        [EmailAddress]
        [Display(Name = "メールアドレス")]
        public string Email { get; set; }

        [StringLength(100, ErrorMessage =
            "{0}は{2}から{1}文字の範囲で設定してください。",
            MinimumLength = 6)]
        [DataType(DataType.Password)]
        [Display(Name = "パスワード")]
        public string Password { get; set; }

        [DataType(DataType.Password)]
        [Display(Name = "パスワード確認")]
        [Compare("Password", ErrorMessage = "確認パスワードが一致しません。")]
        public string ConfirmPassword { get; set; }
    }
}

UserModel クラスは Index, Details, Delete 用の「ビューモデル」です。(「ビューモデル」は Controller から View にデータを渡すために使われます。詳しくは先の記事「ASP.NET MVC の Model」を見てください)

UserModel クラスに定義されているプロパティは、IdentityUser クラスを継承した MySQLIdentityUser カスタムクラスと同じです。(上に書いたプロジェクトの作成のステップ (1)、(2) で自動生成される Areas/Identity/Data フォルダの MySQLIdentityUser.cs ファイルに定義されています)

なので、MySQLIdentityUser カスタムクラスを「ビューモデル」として使うこともできます。しかし、(a) スキャフォールディング機能を使って View を生成できない(デザイナの「Razor ビューの追加」のダイアログで[モデルクラス(M):]の一覧に MySQLIdentityUser が現れない・・・理由不明)、(b) 表示名を自由に付けられない(プロパティ名と同じになる)・・・という理由で UserModel クラスを定義して使うことにしました。

そうすると、Controller で Linq To Entities を使って取得した MySQLIdentityUser オブジェクトを UserModel クラスに詰め替えなければならないという手間が増えますがやむを得ません。

詰め替えの手間を減らすため、先の記事「EDM にデータアノテーション属性を付与」に書いたようなメタデータクラスを作って対応することもトライしましたが、無駄な努力でした。

(2) Controller の作成

.NET Framework 版の ASP.NET MVC5 との大きな違いは、Core 版には組み込みの DI 機能があることでしょうか。今回のケースではコントローラーを初期化する時 UserManager<MySQLIdentityUser> オブジェクトを注入するようにしています。

コントローラーに UserManager<MySQLIdentityUser> オブジェクトへの参照を保持するフィールドを追加し、コンストラクタに UserManager<MySQLIdentityUser> オブジェクトへの参照を受け取る引数とそれをフィールドに代入するコードを書けば、あとは Areas/Identity フォルダに生成された IdentityHostingStartup.cs ファイル内の ConfigureServices メソッドで登録されたサービスが面倒を見てくれるようです。(詳しいメカニズムは調べ切れてませんが・・・)

ASP.NET Core Identity のデータベースに対し CRUD 操作を行うためのコントローラーのコードは以下の通りです。細かい注意点はコメントとして入れましたのでそちらを見てください。

using System.Linq;
using System.Threading.Tasks;
using Microsoft.AspNetCore.Mvc;

// 追加
using Microsoft.AspNetCore.Identity;
using MySQLIdentity.Areas.Identity.Data;
using Microsoft.EntityFrameworkCore;
using MySQLIdentity.Models;

namespace MySQLIdentity.Controllers
{
    public class UserController : Controller
    {
        // Register.cshtml.cs のコードにならって以下のフィールドと
        // コンストラクタを追加。
        // 組み込みの DI 機能を利用して、コントローラーを初期化する際
        // UserManager<MySQLIdentityUser> オブジェクトを注入するため
        private readonly UserManager<MySQLIdentityUser> _userManager;

        public UserController(UserManager<MySQLIdentityUser> userManager)
        {
            _userManager = userManager;
        }


        // GET: User/Index
        // Model は UserModel
        public async Task<IActionResult> Index()
        {
            var users = from user in _userManager.Users
                        orderby user.UserName
                        select new UserModel
                        {
                            Id = user.Id,
                            UserName = user.UserName,
                            HandleName = user.HandleName,
                            Email = user.Email,
                            EmailConfirmed = user.EmailConfirmed,
                            PhoneNumber = user.PhoneNumber,
                            PhoneNumberConfirmed = user.PhoneNumberConfirmed,
                            TwoFactorEnabled = user.TwoFactorEnabled,
                            LockoutEnabled = user.LockoutEnabled,
                            LockoutEnd = user.LockoutEnd,
                            AccessFailedCount = user.AccessFailedCount
                        };

            return View(await users.ToListAsync());
        }

        // GET: User/Details/5
        // Model は UserModel
        // Core には HttpNotFound, HttpStatusCodeResult は無いので
        // 代わりに NotFound() を使う
        // 引数の id は string 型にすること
        public async Task<IActionResult> Details(string id)
        {
            if (id == null)
            {
                return NotFound();
            }

            var user = await _userManager.FindByIdAsync(id);

            if (user == null)
            {
                return NotFound();
            }

            var model = new UserModel
            {
                Id = user.Id,
                UserName = user.UserName,
                HandleName = user.HandleName,
                Email = user.Email,
                EmailConfirmed = user.EmailConfirmed,
                PhoneNumber = user.PhoneNumber,
                PhoneNumberConfirmed = user.PhoneNumberConfirmed,
                TwoFactorEnabled = user.TwoFactorEnabled,
                LockoutEnabled = user.LockoutEnabled,
                LockoutEnd = user.LockoutEnd,
                AccessFailedCount = user.AccessFailedCount
            };

            return View(model);
        }

        // GET: User/Create
        // Model は Model/UserModel.cs の RegisterViewModel
        public IActionResult Create()
        {
            return View();
        }

        // POST: User/Create
        [HttpPost]
        [ValidateAntiForgeryToken]
        public async Task<IActionResult> Create(
            [Bind("Email,Password,ConfirmPassword")] RegisterViewModel model)
        {
            // PasswordValidator による判定の結果は ModelState
            // には反映されないので注意(下記 result で判定)
            if (ModelState.IsValid)
            {
                // ユーザー入力のメールアドレスを UserName, Email,
                // HandleName プロパティに設定。さらに、ここで追加
                // したアカウントは Email Confirmation 無しで使用で
                // きるよう EmailConfirmed を true にする
                var user = new MySQLIdentityUser
                {
                    UserName = model.Email,
                    Email = model.Email,
                    HandleName = model.Email,
                    EmailConfirmed = true
                };

                // 上の user とユーザーが入力したパスワードで新規
                // ユーザーを作成・登録
                var result = await _userManager.
                    CreateAsync(user, model.Password);

                // ユーザー作成・登録の成否を result.Succeeded で
                // 判定。PasswordValidator の判定結果も result に
                // 反映される
                if (result.Succeeded)
                {
                    // 登録に成功したら User/Index にリダイレクト
                    return RedirectToAction("Index", "User");
                }
                // result.Succeeded が false の場合 ModelSate にエ
                // ラー情報を追加しないとエラーメッセージが出ない。
                // Register.cshtml.cs のものをコピー
                foreach (var error in result.Errors)
                {
                    ModelState.AddModelError(string.Empty, error.Description);
                }
            }

            // ユーザー登録に失敗した場合、登録画面を再描画
            return View(model);
        }

        // GET: User/Edit/5
        // ここで更新できるのは Email とパスワードのみ。
        // UseName は POST する際 Email と同じに設定する。
        // Model は Models/UserModel.cs の EditViewModel
        // 引数の id は string 型にすること
        public async Task<IActionResult> Edit(string id)
        {
            if (id == null)
            {
                return NotFound();
            }

            var target = await _userManager.FindByIdAsync(id);

            if (target == null)
            {
                return NotFound();
            }

            EditViewModel model = new EditViewModel()
            {
                Email = target.Email
            };

            return View(model);
        }

        // POST: User/Edit/5
        // UserName をソルトに使っていてパスワードだけもしくは
        // UserName だけを更新するのは NG かと思っていたが問題
        // なかった。(実際どのように対処しているかは不明)
        [HttpPost]
        [ValidateAntiForgeryToken]
        public async Task<IActionResult> Edit(string id, 
            [Bind("Email,Password,ConfirmPassword")] EditViewModel model)
        {
            if (id == null)
            {
                return NotFound();
            }

            if (ModelState.IsValid)
            {
                var target = await _userManager.FindByIdAsync(id);
                if (target == null)
                {
                    return NotFound();
                }

                target.Email = model.Email;
                target.UserName = model.Email;

                // 新パスワードを入力した場合はパスワードも更新する
                if (!string.IsNullOrEmpty(model.Password))
                {
                    // MVC5 と違って PasswordValidator プロパティはない
                    // PasswordValidators で IList<IPasswordValidator<TUser>>
                    // を取得できる。PasswordValidators[0] で検証可能
                    // (ホントにそれで良いのかどうかは分からないが)
                    // ValidateAsync メソッドの引数は MVC5 と違うので注意
                    var resultPassword = await _userManager.PasswordValidators[0].
                        ValidateAsync(_userManager, target, model.Password);

                    if (resultPassword.Succeeded)
                    {
                        // 検証 OK の場合、入力パスワードをハッシュ。
                        // HashPassword メソッドの引数は MVC5 とは異なる
                        var hashedPassword = _userManager.PasswordHasher.
                            HashPassword(target, model.Password);
                        target.PasswordHash = hashedPassword;
                    }
                    else
                    {
                        // 検証 NG の場合 ModelSate にエラー情報を
                        // 追加して編集画面を再描画
                        // Register.cshtml.cs のものをコピー
                        foreach (var error in resultPassword.Errors)
                        {
                            ModelState.AddModelError(string.Empty, error.Description);
                        }
                        return View(model);
                    }
                }

                var resultUpdate = await _userManager.UpdateAsync(target);

                if (resultUpdate.Succeeded)
                {
                    // 更新に成功したら User/Index にリダイレクト
                    return RedirectToAction("Index", "User");
                }
                // Register.cshtml.cs のものをコピー
                foreach (var error in resultUpdate.Errors)
                {
                    ModelState.AddModelError(string.Empty, error.Description);
                }
            }

            // 更新に失敗した場合、編集画面を再描画
            return View(model);
        }

        // GET: User/Delete/5
        // Model は UserModel
        // 階層更新が行われているようでロールがアサインされている
        // ユーザーも削除可
        public async Task<IActionResult> Delete(string id)
        {
            if (id == null)
            {
                return NotFound();
            }

            var u = await _userManager.FindByIdAsync(id);

            if (u == null)
            {
                return NotFound();
            }

            var model = new UserModel
            {
                Id = u.Id,
                UserName = u.UserName,
                HandleName = u.HandleName,
                Email = u.Email,
                EmailConfirmed = u.EmailConfirmed,
                PhoneNumber = u.PhoneNumber,
                PhoneNumberConfirmed = u.PhoneNumberConfirmed,
                TwoFactorEnabled = u.TwoFactorEnabled,
                LockoutEnabled = u.LockoutEnabled,
                AccessFailedCount = u.AccessFailedCount
            };

            return View(model);
        }

        // POST: User/Delete/5
        // 上の Delete(string id) と同シグネチャのメソッドは
        // 定義できないので、メソッド名を変えて、下のように
        // ActionName("Delete") を設定する
        [HttpPost, ActionName("Delete")]
        [ValidateAntiForgeryToken]
        public async Task<IActionResult> DeleteConfirmed(string id)
        {
            if (id == null)
            {
                return NotFound();
            }

            var target = await _userManager.FindByIdAsync(id);

            if (target == null)
            {
                return NotFound();
            }

            // ロールがアサインされているユーザーも以下の一行
            // で削除可能。内部で階層更新が行われているらしい。
            var result = await _userManager.DeleteAsync(target);

            if (result.Succeeded)
            {
                // 削除に成功したら User/Index にリダイレクト
                return RedirectToAction("Index", "User");
            }

            // Register.cshtml.cs のものをコピー
            foreach (var error in result.Errors)
            {
                ModelState.AddModelError(string.Empty, error.Description);
            }

            return View(target);
        }
    }
}

(3) View の作成

View は Controller のアクションメソッドを右クリックして[ビューの追加(D)...]からスキャフォールディング機能を使って生成します。

Razor ビューの追加

スキャフォールディング機能で自動生成された Index.cshtml のコードだけ以下に書いておきます。(生成後、一部手を加えなければならないところもありますので注意してください。この記事の例では ActionLink ヘルパーメソッドの第 3 引数を下のように修正しました)

@model IEnumerable<MySQLIdentity.Models.UserModel>

@{
    ViewData["Title"] = "Index";
    Layout = "~/Views/Shared/_Layout.cshtml";
}

<h1>Index</h1>

<p>
    <a asp-action="Create">Create New</a>
</p>
<table class="table">
    <thead>
        <tr>
            <th>
                @Html.DisplayNameFor(model => model.UserName)
            </th>
            <th>
                @Html.DisplayNameFor(model => model.HandleName)
            </th>
           <th>
                @Html.DisplayNameFor(model => model.PhoneNumber)
            </th>
            <th></th>
        </tr>
    </thead>
    <tbody>
@foreach (var item in Model) {
        <tr>
            <td>
                @Html.DisplayFor(modelItem => item.UserName)
            </td>
            <td>
                @Html.DisplayFor(modelItem => item.HandleName)
            </td>
            <td>
                @Html.DisplayFor(modelItem => item.PhoneNumber)
            </td>
            <td>
                @Html.ActionLink("Edit", "Edit", new { id=item.Id }) |
                @Html.ActionLink("Details", "Details", new { id=item.Id }) |
                @Html.ActionLink("Delete", "Delete", new { id=item.Id })
            </td>
        </tr>
}
    </tbody>
</table>

この記事の一番上にある画像が Index.cshtml で描画されたものです。Details, Create, Edit, Delete 用の View もスキャフォールディング機能で生成できます。

Tags: , , ,

CORE

About this blog

2010年5月にこのブログを立ち上げました。その後 ブログ2 を追加し、ここは ASP.NET 関係のトピックス、ブログ2はそれ以外のトピックスに分けました。

Calendar

<<  September 2020  >>
MoTuWeThFrSaSu
31123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
2829301234
567891011

View posts in large calendar