WebSurfer's Home

トップ > Blog 1   |   Login
Filter by APML

IValidatableObject を継承したカスタムモデル

by WebSurfer 28. February 2020 15:31

IValidatableObject インターフェイスを継承したカスタムモデルを使って検証を行う方法を備忘録として書いておきます。

IValidatableObject を継承したクラスで検証

先の記事「CustomValidation 属性」で書いたモデルレベルの検証と同等な機能を実装してみます。

マイクロソフト公式解説書「プログラミング Microsoft ASP.NET MVC」によると "IValidatableObject インターフェイスを実装すると、クラスレベルで CustomValidation 属性を使用するのと機能的には同じになります"、"クラスレベルの検証を実装するにあたって、クラスレベルで IValidatableObject インターフェイスと CustomValidation 属性のどちらを利用するかは、完全にあなた次第です" とのことです。

ただし、"モデルにデータアノテーションも追加されている場合、有効な状態でないプロパティが存在すると、Validate メソッドが呼び出されなくなります。IValidatableObject インターフェイスを利用する場合は、問題が起きないよう、データアノテーションを完全に削除することをお勧めします" との注記があります。

ということは、データアノテーションによるクライアント側での検証ができなくなるということで、あまり使い道はなさそうな気がしますが。

コードは以下の通りです。.NET Framework MVC5 と ASP.NET Core 3.1 MVC で同じコードが使えます。

using System;
using System.Collections.Generic;
using System.Threading.Tasks;
using System.ComponentModel.DataAnnotations;
using System.Text.RegularExpressions;
using System.Globalization;

namespace MvcCoreApp.Models
{
  // IValidatableObject インターフェイス利用
  public class CustomValidationModel : IValidatableObject
  {
    public int PersonId { set; get; }

    [Display(Name = "名前")]
    public string Name { set; get; }

    [Display(Name = "メールアドレス")]
    public string Mail { set; get; }

    // int? にしないと未入力では Validate メソッドが動かない。
    // int, int? どちらも "1.0" とか入力された場合は Validate
    // メソッドが動かない。モデルバインドされる際に例外がスロ
    // ーされ Validate メソッドに制御が飛ばないのだと思われる
    [Display(Name = "年齢")]
    public int? Age { set; get; }

    // 検証を行う Validate メソッド
    public IEnumerable<ValidationResult> Validate(
                                ValidationContext context)
    {
      var model = 
        context.ObjectInstance as CustomValidationModel;

      if (model == null)
      {
        throw new NullReferenceException();
      }

      if (string.IsNullOrEmpty(model.Name))
      {
        yield return new ValidationResult(
            "名前は必須", new string[] { "Name" });
      }
      else if (model.Name.Length < 2 ||
               model.Name.Length > 20)
      {
        yield return new ValidationResult(
            "名前は 2 ~ 20 文字の範囲",
            new string[] { "Name" });
      }

      if (string.IsNullOrEmpty(model.Mail))
      {
        yield return new ValidationResult(
            "メールアドレスは必須",
            new string[] { "Mail" });
      }
      else
      {
        bool isValidEmai = Regex.IsMatch(model.Mail,
            @"・・・正規表現(省略)・・・",
            RegexOptions.IgnoreCase,
            TimeSpan.FromMilliseconds(250));

        if (!isValidEmai)
        {
          yield return new ValidationResult(
              "有効な Email 形式ではありません",
              new string[] { "Mail" });
        }
      }

      if (model.Age == null)
      {
        yield return new ValidationResult(
            "年齢は必須", new string[] { "Age" });
      }
      else if (model.Age < 0 || model.Age > 200)
      {
        yield return new ValidationResult(
            "年齢は 0 ~ 200 の範囲",
            new string[] { "Age" });
      }
      else if (!string.IsNullOrEmpty(model.Name) && 
               model.Name.StartsWith("佐藤") && 
               model.Age < 20)
      {
        yield return new ValidationResult(
            "佐藤さんは二十歳以上でなければなりません",
            new string[] { "" });
      }
    }
  }
}

.NET Framework MVC5 と ASP.NET Core 3.1 MVC でコードは同じものが使えますが、動作は若干異なります。主な違いは以下の通りです。

  1. Age プロパティを int 型にすると、MVC5 の場合 input 要素に data-val="true" data-val-number="フィールド 年齢 には数字を指定してください。 " data-val-required="年齢 フィールドが必要です。" という検証属性が付与される。Core には data-val-number 属性の設定はない。
  2. Age プロパティを int? 型 (null 許容) にすると、MVC5 の場合 input 要素に検証属性 data-val="true" data-val-number="フィールド 年齢 には数字を指定してください。" が付与される。Core の場合は検証属性は何も付与されない。
  3. さらに、type 属性には "number" と設定されるが、IE, Chrome, Firefox いずれも "1.0" というような整数としては不正な文字列を入力できる。 その場合、クライアント側の検証はパスしてしまう。 POST すると、MVC5 の場合は Validate メソッドに制御が飛ぶが、Core の場合はモデルバインドしようとする際に例外がスローされるようで Validate メソッドには制御が飛ばない。

    ただし、Validate メソッドに制御が飛んでも、Validate メソッドで設定したエラーメッセージはどこかで上書きされ "値 '1.0' は 年齢 に対して無効です。" となる。理由不明。

Tags: , ,

CORE

カスタムモデルバインダ (Core 3.1)

by WebSurfer 15. February 2020 14:34

ASP.NET Core 3.1 MVC アプリケーションでカスタムモデルバインダを利用するコードを備忘録として書いておきます。(注:.NET Framework の MVC ではありません)

カスタムモデルバインダ (Core 3.1)

先の記事「カスタムモデルバインダ (MVC5)」で .NET Framework の MVC5 のカスタムモデルバインダのコードを書きましたが、それと同じ機能を ASP.NET Core 3.1 MVC で実装してみます。

モデルバインド機能だけでなく、先の MVC5 版の記事と同様に、ユーザー入力の検証とエラーメッセージの表示ができるようにしました。

カスタムモデルバインダが継承するインターフェイスは Microsoft.AspNetCore.Mvc.ModelBinding 名前空間に属する IModelBinder Interface となります。MVC5 用と名前は同じですが中身が異なることに注意してください。

実装するのは BindModelAsync(ModelBindingContext) という Task を返す非同期メソッドになります。

加えて、ヘルパーメソッドで使っている GetValue(key) メソッドが返す ValueProviderResult は MVC5 と Core で名前は同じながら別物で、Core 用は ValueProviderResult 構造体となります。ユーザーから POST されてきた値は FirstValue プロパティを使って文字列として取得します。

Model, カスタ��モデルバインダ、Controller のサンプルコードを以下にアップしておきます。上の画像を表示したものです。View のコードはスキャフォールディング機能を使って自動生成できるので割愛します。

モデルとカスタムモデルバインダ

モデルのコードは MVC5 用と全く同じです。カスタムモデルバインダのコードは上に述べた点が異なりますが、他は MVC5 用と同じです。

using System;
using System.Collections.Generic;
using System.Threading.Tasks;
using System.ComponentModel.DataAnnotations;
using System.Text.RegularExpressions;
using Microsoft.AspNetCore.Mvc.ModelBinding;
using System.Globalization;

namespace MvcCoreApp.Models
{
  // モデル(MVC5 用と同じ)
  public class Person2
  {
    public int PersonId { set; get; }

    [Display(Name = "名前")]
    public string Name { set; get; }

    [Display(Name = "メールアドレス")]
    public string Mail { set; get; }

    // int? 型にしないと未入力に対応できない
    [Display(Name = "年齢")]
    public int? Age { set; get; }
  }

  // カスタムモデルバインダ
  public class CustomModelBinder : IModelBinder
  {
    public Task BindModelAsync(ModelBindingContext context)
    {
      if (context == null)
      {
        throw new ArgumentNullException("context");
      }

      var model = new Person2();
      model.Name = PostedData(context, "Name");
      model.Mail = PostedData(context, "Mail");
      string age = PostedData(context, "Age");

      if (string.IsNullOrEmpty(age))
      {
        context.ModelState.AddModelError("Age", 
                                         "年齢は必須");
      }
      else
      {
        int intAge = 0;
        if (!int.TryParse(age, out intAge))
        {
          context.ModelState.AddModelError("Age", 
                                         "年齢は整数");
        }
        else
        {
          model.Age = intAge;
          if (intAge < 0 || intAge > 200)
          {
            context.ModelState.AddModelError("Age", 
                           "年齢は 0 ~ 200 の範囲");
          }
        }
      }

      if (string.IsNullOrEmpty(model.Name))
      {
        context.ModelState.AddModelError("Name", 
                                         "名前は必須");
      }
      else if (model.Name.Length < 2 || 
               model.Name.Length > 20)
      {
        context.ModelState.AddModelError("Name", 
                            "名前は 2 ~ 20 文字の範囲");
      }
      else if (model.Name.StartsWith("佐藤") && 
               model.Age < 20)
      {
        context.ModelState.AddModelError("", 
             "佐藤さんは二十歳以上でなければなりません");
      }

      if (string.IsNullOrEmpty(model.Mail))
      {
        context.ModelState.AddModelError("Mail", 
                                 "メールアドレスは必須");
      }
      else
      {
        bool isValidEmai = Regex.IsMatch(model.Mail,
            @"・・・正規表現(省略)・・・",
            RegexOptions.IgnoreCase, 
            TimeSpan.FromMilliseconds(250));

        if (!isValidEmai)
        {
          context.ModelState.AddModelError("Mail", 
                    "有効な Email 形式ではありません");
        }
      }

      context.Result = ModelBindingResult.Success(model);
      return Task.CompletedTask;
    }

    // ヘルパーメソッド
    // GetValue(key) メソッドが返す ValueProviderResult は
    // MVC5 と Core では別物。前者はクラスで後者は構造体。
    // 値を取得するには FirstValue プロパティを使う
    private static string PostedData(
        ModelBindingContext context, string key)
    {
      var result = context.ValueProvider.GetValue(key);
      context.ModelState.SetModelValue(key, result);
      return result.FirstValue;
    }
  }
}

Controller / Action Method

MVC5 の場合と同様に、モデルバインダをターゲットとなる型に関連付けるため、POST データを受けるアクションメソッドの引数に [ModelBinder(typeof(CustomModelBinder))] を付与します。

using System;
using Microsoft.AspNetCore.Mvc;
using MvcCoreApp.Models;

namespace MvcCoreApp.Controllers
{
  public class ValidationController : Controller
  {
    public IActionResult Create4()
    {
      return View();
    }

    [HttpPost]
    [ValidateAntiForgeryToken]
    public IActionResult Create4(
      [ModelBinder(typeof(CustomModelBinder))] Person2 model)
    {
      if (!ModelState.IsValid)
      {
        return View(model);
      }

      return RedirectToAction("Index", "Home");
    }
  }
}

Tags: , , ,

CORE

カスタムモデルバインダ (MVC5)

by WebSurfer 14. February 2020 15:29

.NET Framework の ASP.NET MVC5 アプリケーションでカスタムモデルバインダを利用するコードを備忘録として書いておきます。(注:ASP.NET Core 3.1 MVC の記事は「カスタムモデルバインダ (Core 3.1)」を見てください。下のサンプルコードは ASP.NET Core MVC には使えません)

カスタムモデルバインダ

モデルバインド機能だけでなく、ユーザー入力の検証とエラーメッセージの表示ができるようにしてみました。

上の画像を表示する Model と Controller のサンプルコードを以下にアップしておきます。View のコードはスキャフォールディング機能を使って自動生成できるので省略します。

Model とカスタムモデルバインダ

using System;
using System.Collections.Generic;
using System.Text.RegularExpressions;
using System.ComponentModel.DataAnnotations;
using System.Web.Mvc;
using System.Globalization;

namespace Mvc5App.Models
{
  // Model
  public class Person2
  {
    public int PersonId { set; get; }

    [Display(Name = "名前")]
    public string Name { set; get; }

    [Display(Name = "メールアドレス")]
    public string Mail { set; get; }

    // Age は int? にしないと未入力ではカスタムモデルバイ
    // ンダでも動かない。既定のモデルバインダと同様に null
    // が渡されて例外がスローされるようで「年齢 フィールド
    // が必要です。 」というエラーメッセージが表示される
    [Display(Name = "年齢")]
    public int? Age { set; get; }
  }

  // カスタムモデルバインダー
  public class CustomModelBinder : IModelBinder
  {
    public object BindModel(ControllerContext contContext, 
                          ModelBindingContext bindContext)
    {
      if (bindContext == null)
      {
        throw new ArgumentNullException("引数が null");
      }

      var model = new Person2();
      model.Name = PostedData<string>(bindContext, "Name");
      model.Mail = PostedData<string>(bindContext, "Mail");
      // ここでは string 型で取得する
      string age = PostedData<string>(bindContext, "Age");

      if (string.IsNullOrEmpty(age))
      {
        bindContext.ModelState.AddModelError("Age", 
                                           "年齢は必須");
      }
      else
      {
        int intAge;
        if (!int.TryParse(age, out intAge))
        {
          bindContext.ModelState.AddModelError("Age",
                                            "年齢は整数");
        }
        else
        {
          model.Age = intAge;
          if (intAge < 0 || intAge > 200)
          {
            bindContext.ModelState.AddModelError("Age", 
                                "年齢は 0 ~ 200 の範囲");
          }
        }
      }

      if (string.IsNullOrEmpty(model.Name))
      {
        bindContext.ModelState.AddModelError("Name",
                                            "名前は必須");
      }
      else if (model.Name.Length < 2 || 
               model.Name.Length > 20)
      {
        bindContext.ModelState.AddModelError("Name",
                             "名前は 2 ~ 20 文字の範囲");
      }

      else if (model.Name.StartsWith("佐藤") &&
               model.Age < 20)
      {
        bindContext.ModelState.AddModelError("",
              "佐藤さんは二十歳以上でなければなりません");
      }

      if (string.IsNullOrEmpty(model.Mail))
      {
        bindContext.ModelState.AddModelError("Mail",
                                  "メールアドレスは必須");
      }
      else
      {
        bool isValidEmai = Regex.IsMatch(model.Mail,
          @"・・・正規表現(省略)・・・",
          RegexOptions.IgnoreCase, 
          TimeSpan.FromMilliseconds(250));

        if (!isValidEmai)
        {
          bindContext.ModelState.AddModelError("Mail", 
                        "有効な Email 形式ではありません");
        }
      }

      return model;
    }

    // ヘルパーメソッド
    // Core では ValueProviderResult.ConvertTo メソッドは使え
    // ませんので注意。
    private static T PostedData<T>(ModelBindingContext context,
                                   string key)
    {
      var result = context.ValueProvider.GetValue(key);
      context.ModelState.SetModelValue(key, result);
      return (T)result.ConvertTo(typeof(T));
    }
  }
}

Controller / Action Method

モデルバインダをターゲットとなる型に関連付けるため、POST データを受けるアクションメソッドの引数に [ModelBinder(typeof(CustomModelBinder))] を付与します。(これはローカルな関連付けで、Global.asax の Application_Start メソッドでグローバルに関連付けを行うこともできるそうです)

using System;
using System.Web.Mvc;
using Mvc5App.Models;

namespace Mvc5App.Controllers
{
  public class ValidationController : Controller
  {
    // カスタムモデルバインダーを使ったサンプル
    public ActionResult Create4()
    {
      return View();
    }

    [HttpPost]
    [ValidateAntiForgeryToken]
    public ActionResult Create4(
      [ModelBinder(typeof(CustomModelBinder))] Person2 model)
    {
      if (!ModelState.IsValid)
      {
        return View(model);
      }

      return RedirectToAction("Index", "Home");
    }
  }
}

Tags: , ,

MVC

About this blog

2010年5月にこのブログを立ち上げました。その後 ブログ2 を追加し、ここは ASP.NET 関係のトピックス、ブログ2はそれ以外のトピックスに分けました。

Calendar

<<  November 2020  >>
MoTuWeThFrSaSu
2627282930311
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30123456

View posts in large calendar