WebSurfer's Home

トップ > Blog 1   |   ログイン
APMLフィルター

サーバー側で応答コンテンツの取得

by WebSurfer 2018年7月14日 13:26

ASP.NET Web アプリの応答コンテンツの文字列を、サーバー側でのログ取得などの目的で取得する方法を書きます。(あまり需要はないかもしれませんが)

参考にしたのは stackoverflow のスレッド Logging raw HTTP request/response in ASP.NET MVC & IIS7 です。その記事を見れば情報としては十分かもしれませんが、リンク切れになると困るし、記事にはない HTTP モジュールを使っての設定方法も追加して書いておきます。

基本的には、応答コンテンツは応答ストリームに含まれますのでそれを何らかの手段で取得するということになります。

stackoverflow の記事では、応答ストリームをラッピングするフィルターを作成し、フィルターの中に応答ストリームとは別に MemoryStream を用意し、ASP.NET が応答ストリームに書き込む際 MemoryStream にも同じ内容を書き込むようにし(要するに MemoryStream にコピーを作成し)、MemoryStream から応答コンテンツを取得するという方法が紹介されています。

下のコード例を見てください。その中の OutputFilterStream クラスがラッピングフィルターです。stackoverflow の記事のコードをそのままコピーしたものです。

HTTP モジュール(下のコードでは ResponseContentLogHttpModule クラス)を用い、BeginRequest イベントのタイミングでラッピングフィルターを HttpResponse.Filter プロパティに設定します。(注:EndRequest のタイミングではダメです。ストリームにはその前に書き込まれるので)

HttpResponse.Filter プロパティの NSDN ライブラリの説明には "伝送する前に HTTP エンティティ本体を変更するために使用される、ラッピングフィルターオブジェクトを取得または設定します" とありますが、OutputFilterStream はコンテンツの変更は一切せずそのまま応答として返し、MemoryStream にコピーを取得することのみ行います。

BeginRequest のタイミングで設定したラッピングフィルターオブジェクトを EndRequest のタイミングで取得し MemoryStream にコピーされた応答コンテンツを取得します。

BeginRequest のタイミングから EndRequest のタイミングまでラッピングフィルターオブジェクトを保持するには HttpContext.Items プロパティを利用します。下のコード例を見てください。

クラスのフィールド等で保持するのは NG という報告がありましたので注意してください。HttpContext.Items を使えば、少なくとも HttpContext が存在する限りラッピングフィルターオブジェクトは保持されるが(GC の対象にはならないが)、クラスのフィールド変数ではその限りではないということのようです。

以下に HTTP モジュールとラッピングフィルターのコード例をアップしておきます。

using System;
using System.Collections.Generic;
using System.Linq;
using System.Web;
using System.IO;

// HTTP モジュール
public class ResponseContentLogHttpModule : IHttpModule
{
  public ResponseContentLogHttpModule()
  {
  }

  public String ModuleName
  {
    get { return "ResponseContentLogHttpModule"; }
  }

  public void Init(HttpApplication application)
  {
    application.BeginRequest += this.BeginRequest;
    application.EndRequest += this.EndRequest;
  }

  private void BeginRequest(Object source, EventArgs e)
  {
    HttpApplication application = (HttpApplication)source;
    HttpContext context = application.Context;
    string filePath = context.Request.FilePath;
    string fileExtension =
        VirtualPathUtility.GetExtension(filePath);

    // とりあえず .aspx のみ対象(.js, .css 等は対象外)
    if (fileExtension.Equals(".aspx"))
    {
      HttpResponse response = context.Response;
      var filter = new OutputFilterStream(response.Filter);
      response.Filter = filter;

      // OutputFilterStream オブジェクトを EndRequest で
      // 利用できるよう HttoContext.Items に参照を保持。
      // (注:クラスのフィールド等で保持するのは NG)
      context.Items["FilterStream"] = filter;
    }
  }

  private void EndRequest(Object source, EventArgs e)
  {
    HttpApplication application = (HttpApplication)source;
    HttpContext context = application.Context;
    string filePath = context.Request.FilePath;
    string fileExtension =
        VirtualPathUtility.GetExtension(filePath);

    // とりあえず .aspx のみ対象(.js, .css 等は対象外)
    if (fileExtension.Equals(".aspx"))
    {
      // BegineRequest で HttpContext.Items に保持した
      // OutputFilterStream オブジェクトへの参照を取得
      var filter =
        (OutputFilterStream)context.Items["FilterStream"];

      // 応答コンテンツの文字列を取得
      string responseContent = filter.ReadStream();
    }
  }

  // IHttpModule に定義されているので空でも以下が必要
  public void Dispose() { }
}

// ラッピングフィルタークラス
// stackoverflow の記事のコードをそのままコピー
public class OutputFilterStream : Stream
{
  private readonly Stream InnerStream;
  private readonly MemoryStream CopyStream;

  public OutputFilterStream(Stream inner)
  {
    this.InnerStream = inner;
    this.CopyStream = new MemoryStream();
  }

  public string ReadStream()
  {
    lock (this.InnerStream)
    {
      if (this.CopyStream.Length <= 0L ||
          !this.CopyStream.CanRead ||
          !this.CopyStream.CanSeek)
      {
        return String.Empty;
      }

      long pos = this.CopyStream.Position;
      this.CopyStream.Position = 0L;
      try
      {
        return new StreamReader(this.CopyStream).ReadToEnd();
      }
      finally
      {
        try
        {
          this.CopyStream.Position = pos;
        }
        catch { }
      }
    }
  }

  public override bool CanRead
  {
    get { return this.InnerStream.CanRead; }
  }

  public override bool CanSeek
  {
    get { return this.InnerStream.CanSeek; }
  }

  public override bool CanWrite
  {
    get { return this.InnerStream.CanWrite; }
  }

  public override void Flush()
  {
    this.InnerStream.Flush();
  }

  public override long Length
  {
    get { return this.InnerStream.Length; }
  }

  public override long Position
  {
    get { return this.InnerStream.Position; }
    set
    {
      this.CopyStream.Position =
      this.InnerStream.Position = value;
    }
  }

  public override int Read(byte[] buffer,
                          int offset, int count)
  {
    return this.InnerStream.Read(buffer, offset, count);
  }

  public override long Seek(long offset, SeekOrigin origin)
  {
    this.CopyStream.Seek(offset, origin);
    return this.InnerStream.Seek(offset, origin);
  }

  public override void SetLength(long value)
  {
    this.CopyStream.SetLength(value);
    this.InnerStream.SetLength(value);
  }

  public override void Write(byte[] buffer,
                             int offset, int count)
  {
    this.CopyStream.Write(buffer, offset, count);
    this.InnerStream.Write(buffer, offset, count);
  }
}

上記の HTTP モジュールが動くようにするには web.config での設定が必要ですので注意してください。以下に設定例を書いておきます。

<system.webServer>
  <modules>
    <add name="ResponseContentLogHttpModule" 
         type="ResponseContentLogHttpModule"/>
  </modules>
</system.webServer>

Tags: , ,

ASP.NET

About this blog

2010年5月にこのブログを立ち上げました。その後 ブログ2 を追加し、ここは ASP.NET 関係のトピックス、ブログ2はそれ以外のトピックスに分けました。

Calendar

<<  2018年9月  >>
2627282930311
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30123456

View posts in large calendar